FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…浦安「若潮公園」
天気のいい休日には動物と戯れたり、木々の木漏れ日の中を自転車で走ってみたくなります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

関東一のテーマパークのある舞浜駅の隣、JR京葉線の新浦安(しんうらやす)駅から西に出て、ブライトンホテル側に渡り南に進んで、境川の手前の今川橋東詰交差点を渡らずに西に曲がると、駅から徒歩約8分ほどで到着するのが「若潮(わかしお)公園」です。
駅のすぐ近くにありながら無料の駐車場があるのでクルマで訪問できるのも嬉しいところです。
(駐車場は2時間まで無料、スタッフさんがいるので長時間の無断駐車はできません♪)
今回の訪問では、年に1度のお祭と重なってしまい駐車場は利用できませんでしたが、普段よりも催し物が多く長い時間楽しむことが出来ました。
その中でも、この記事では通常時に楽しめるポイントをクローズアップしてご紹介していきましょう♪

この公園の隣には交通公園が併設されており、無料で借りられる自転車でコース内を散策することが出来ます。
区切られた大きな走行エリアの中には、ちゃんと横断歩道や、信号もあります。
乗り場の受付で、備え付けの申し込み用紙に氏名などを記入して順番を待ち、コースを1周したら次の人と交代します。
DSCF7148.jpg

幼児から小学校低学年向けには変形自転車が人気です。
小さな子どもたちもキチンと列に並び、名前を書いて自分の乗りたい自転車が1周終えて戻ってくるのを待ちます。
順番が回ってくると、みんなうれしそうに自転車に乗り込みます。
DSCF7150.jpg

ファミリー向けの4人乗り自転車も人気です。
後部座席で1名が運転し、2名でこぐことが出来ます。
norizoは何もしなくていい前の座席が大好きです(笑)
DSCF7151.jpg

コース中央の広場にはバッテリーカー乗り場がありパトカーやバス、バイクなど常時2~3台あり、子供達に人気です。乗場の受付でコインを一枚づつもらって利用します。
また、別のブースでは一輪車の貸し出しもあります。
利用料金はすべて無料なので、おサイフを全く気にせずにのんびりと楽しめるのが最大の魅力です。

公園中央には子供動物広場がありラマやワラビー、リスザルなど珍しい動物に出会えます。
のんびりと過ごすカピバラさんを眺めていると、日頃の疲れなど吹っ飛んでしまいます。
DSCF7153.jpg

小動物とのふれあうことのできるコーナーでは開催時間中に、ウサギやモルモットに「持参した※」餌(※人参・キャベツ・小松菜)をあげるなど直接ふれあうことができます。
動物をひざの上にのせるためのタオルも用意され至れり尽くせりです。
DSCF7152.jpg
また、乗馬体験コーナーもあるので、とにかく飽きることがありません。

…とまぁ、ここまではいつでも楽しめるエリアなのですが、せっかくなのでお祭の風景の一端もご紹介しておきましょうか。
動物ふれあい広場の拡大版のように、とにかくたくさんの動物と触れ合えるお祭と言う印象でした。
また、出店もたくさん出ており、特設ステージでもたくさんのイベントが行われていました。
DSCF7155.jpg
財政が豊かなのか、かなり充実した内容でした。

常設エリアに戻しましょう。
センターハウス(体験学習施設)にはカフェテラス「あったかぼっこ」がありリーズナブルに昼食もとれます。
カレーが380円で食べられるので、小腹がすいても安心です。
悪天候の際には、この体験学習施設が子どもたちの遊びの拠点に早変わりします。
1階の多目的広場は曜日時間帯によりローラーブレード・遊具運動・幼児お遊びコーナーになります。
2階には映画室、パソコン室、ポケットモンキーふれあいコーナーなど、やはり1日ゆっくり過ごせます。
ただし、大人は利用できませんので雑誌やスマホなどを片手に子どもたちの姿を見守ってあげてください♪
※こちらの施設については機会があったら改めてご紹介します。

天気がいい休日にも、悪天候の時にも1日子どもと過ごせる隠れた浦安の名所に、のんびりとした時間を過ごすことが出来ました。
かのテーマパーク訪問の際には、もう1日ホテルをとってのんびりと市内を散策してみてはいかがでしょう。

□若潮公園(交通公園)
 TEL:047-351-4083
 千葉県浦安市美浜2-15-1
 開園時間 9:00-16:30
 休園日:月曜日、年末年始(12/28-1/4)
 駐車場:無料(32台)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/06/02 11:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4412-de72e247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)