銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…佐倉「国立歴史民俗博物館」
以前、日本百名城の一つ「佐倉城」を訪問した際に見逃した博物館に行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


京成電鉄の京成佐倉(けいせいさくら)駅の南口からロータリーを出て京成佐倉駅南口入口交差点を西に曲がって約800mほど直進し、国道296号線と合流したのちに見えてくる歴史博物館交差点を南に曲がると見えてくる大きな建物が「「国立歴史民俗博物館」、通称「歴博(れきはく)」です。
佐倉城址公園内にある、日本最大級の国立の歴史博物館なのですが、小学生無料・大人420円と言うリーズナブルな価格設定も魅力的です。
また、駐車場も無料なので、遠方からの訪問の際にも時間を気にせずクルマを停められるのも嬉しいところです。
DSCF7273.jpg

ロビーを入って正面でチケットを購入します。
小学生は入館無料ですが、入場記念のチケットをもらえます。
入口すぐ奥にはコインロッカーがありますが、使用後には100円が返ってくる無料ロッカーなので、手荷物を預けてじっくりと見学に集中することが出来ます。
DSCF7275.jpg

館内は想像以上に広いようで、時代ごとに6つの展示室に分かれています。
一つ目の展示室に至るだけでも興味をそそる光と通路の演出があり、子どもたちも興味津々です。
DSCF7276.jpg

展示物の量も質もスゴいです。
縄文時代から現代まであるはずなんですが、10時に入館したのに第2展示室の中世あたりでお昼になってしまいました。
DSCF7277.jpg

嬉しいことに、昼食のために一度退館しても当日中ならチケットの半券で再入場が出来ます。
ランチを外で済ませ、13時頃に再入館します。
ここに来て16世紀くらいとお父さんの大好きな分野に入ってきます。
しかし、予想外に戦国武将に関する展示は少なく「民俗」主軸の展示に落胆しますが、展示されている内容と、知っている歴史が噛み合い、何とも言えない達成感が得られます。
「寺子屋」と言う参加型の教室があり、何種類かのコースを選べるので子どもたちに参加を促しましたが、先の見えないこれから後の展示量に、子どもたちに拒否されてしまいました(笑)
DSCF7288.jpg
せっかくなので次回は親子で参加してみたいですね♪

第4展示室と第5展示室の間にはキッズコーナー「たいけんれきはく」があり、これまたここで有意義な時間を過ごしてしまいます。
…このままだと1日で退場できるかどうか不安になります(笑)

なんとか16時頃に第5展示室の近世に入り、ズキマル君の興味分野に入ります。
ミニチュアではありますが、蒸気機関車の展示にズキマル君のテンションが一気に上昇します。
DSCF7291.jpg

読めない部分も多いはずなのに、熱心に見入るその姿を、企画してくださっている博物館の方にも見て頂きたいほどです(笑)
DSCF7293.jpg

戦争の歴史は悲しいものですが、当時の「闇」の部分など、平和のありがたさを子どもたちと共有することが出来るスペースでもあります。
DSCF7294.jpg

第6展示室に入ると、古き良き昭和の日本がよみがえります。
ゴジラに見られながらもアニメ創世記の代表作のアーカイブを熱心に確認するモカの姿は、歴史好きではなくアニメヲタクさながらです(笑)
DSCF7295.jpg
気が付けば、ゴジラを通り過ぎるころには閉館の15分前になってしまっていました。

丸1日がかりで、何とか1周してみましたが、全体の3割も見学できたかどうかわからないほど充実した内容でした。
季節ごとに展示内容が変わるそうで、今回は、大好きな「戦国武将」や「幕末の偉人」についての展示は(ほかの展示がスゴすぎるためか)少なく感じられましたが、それでも余りある充実した内容に感動です。
今まで一度も訪問したことのない博物館でしたが、スゴく充実した1日を送ることが出来るので、何度もお世話になることになりそうです。

素晴らしい博物館ですが、あまりに膨大な展示がありますので、知りたい時代や産業についてある程度ポイントを絞っておいた方が時間を有意義に使えそうです。
また、子ども連れなら「寺子屋」や「たいけんれきはく」がオススメです。
ゆっくり休める日があるなら、ここで1日過ごしたい、そんな博物館です。


□国立歴史民俗博物館
 TEL:03-5777-8600
 千葉県佐倉市城内町117
 営業時間:9:30~17:00(冬季短縮)
 休館日:月(祝日の場合は翌日)、12/27~1/4
 入館料:大人420円子ども無料(※企画展除く)
 駐車場:無料


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/06/16 10:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4423-5de78461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)