FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・48箇所目「駿府城」
静岡の名城を訪問してみようと静岡県庁前を通ると、くすだまが用意され、マスコミが集まっていました。
訪問の前日、富士山が世界遺産に登録されたため、活気に沸いているようです。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

やってきたのは名城ナンバー41番、静岡県静岡市にある駿府城(すんぷじょう)です。
東海道本線の静岡駅から北に約500m、静岡市役所や静岡県庁が並ぶ役所街の中心地に位置する「駿府城公園(すんぷじょうこうえん)(旧・駿府公園)」がその目的地になります。
駐車場は公園北東の市民文化会館の地下駐車場に30分100円で停められます。(高さ制限あり)
DSCF7410.jpg
一緒に写真に参加してくれているのは「弥次さん喜多さん(東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ))」で、内堀の外側で東御門(ひがしごもん)と巽櫓(たつみやぐら)を眺めています。

東御門の堀の外の南側を西に向かって歩き、二の丸櫓橋を過ぎると、石垣の形がずいぶんと違う場所があります。
DSCF7413.jpg
これは、旧二の丸櫓橋がここにあったかららしく、歴史の片鱗を感じることができます。

さらに西に歩くと2014年春にオープン予定の坤(ひつじさる)櫓の復元工事が行われています。
DSCF7412.jpg
この櫓の完成を待ってから訪問しようと思ったのですが、待ちきれなくて見学に来てしまいましたが、オープン前は特別な日を除いては見学できません。

駿府城は戦国の豊臣秀吉(とよとみひでよし)政権時代に徳川家康(とくがわいえやす)が浜松から居城を移した場所なので、公園には家康像があります。
DSCF7415.jpg


徳川家康は愛知県の岡崎城で生まれたとされ、織田信長、豊臣秀吉亡き後、天下を統一した日本史の大人物です。
ieyasu01.jpg
どうでもいい話ですが「戦国BASARA3宴」では、武器を持たず拳と絆で天下を統一する爽やかキャラです。

戦国を収めた大人物の居城だけあって、残されている公園の大きさもたいしたものです。
敷地内は無料で見学できるのですが、数々のパワースポットが残されているので、散策するだけで元気がみなぎってきます。
DSCF7384.jpg

天守閣は現存しておらず、坤(ひつじさる)櫓の復元までは、日本庭園と東御門が当時を思わせるポイントです。
復元建造物ですが、現存する資料に基づいた美しい建物です。
入館料は東御門・巽櫓が250円(子ども50円)、庭園とセットだと大人300円子ども80円です。
DSCF7389.jpg

スタンプ帳に押す名城スタンプは、入館発券所と御門入口の2箇所に置かれています。
DSCF7388.jpg

スタンプを押すだけなら入館料はかかりませんが、ここまで来て見学しないのはもったいないのでチケットを購入します。
DSCF7391.jpg

館内は戦国当時の状況が良くわかる展示となっており、ボランティアスタッフさんが丁寧に展示物の説明をしてくれます。
DSCF7394.jpg
駿府城に限ったことではありませんが、こうしたスタッフさんによって得られる貴重な情報は展示物にも勝る大切な経験となります。
お時間があれば同行してもらうと同じ入館料でも数十倍楽しめます。

御門から続く巽櫓の上階には、臨済寺(りんざいじ)(静岡県静岡市葵区大岩町7-1)にある竹千代手習いの間が原寸復元展示されています。
※撮影禁止なので遠巻きに外観だけご覧頂いています。
DSCF7401.jpg
今川家で、徳川家康が人質時代を過ごした少年期に教育を受けたところだと言われており、臨済寺は江戸時代に徳川幕府の手厚い保護を受けることとなります。

世界遺産には富士山が選ばれましたが、世界遺産でなくとも静岡県には楽しめる歴史的スポットがたくさんあります。
駿府城もそのひとつで、これからの観光客の増大に伴ってさらに楽しみ方がグレードアップしそうなオススメポイントです。


□駿府城(すんぷじょう)第41番
 訪問先名称:駿府城公園
 TEL:054-251-0016
 住所:静岡市葵区駿府城公園1-1
 開館時間:9:00-16:30
 休館日:月曜、12/29-1/3
 入場料:大人300円子ども80円(庭園櫓共通)
 駐車場:市民文化会館駐車場(100円/30分)
 通称:府中城、静岡城
 主な城主:徳川氏、中村氏、内藤氏(松平氏)
 スタンプ設置場所:東御門券売所、入口


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

ワンポイント
戦国史
1585年(天正13年) 駿河国を支配した徳川家康が浜松城より居城を移して築城。
※深溝松平家4代家忠が築いた城である。
幕末史
1868年 (慶応4年) 江戸城開城に伴い徳川慶喜は退隠。徳川家達が駿府藩主となり駿府城に移る。
1869年(明治2年) 駿府が静岡に改名される。廃藩置県により、徳川家達が東京に移る。
1891年(明治24年)静岡市に払い下げられ、公園(中央公園)となる。

近代史
1989年(平成元年)巽櫓復元、資料館として公開。
1996年(平成8年) 東御門、高麗門、櫓門復元、資料館として公開。
2012年(平成24年) 4月1日、駿府公園を駿府城公園に改称。
2014年(平成26年)春頃、坤(ひつじさる)櫓の復元、公開予定。

※ウィキペディアより

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/06/23 10:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4433-6fa16198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)