FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでデカ盛り…563軒目・小川町「高見屋」
埼玉県深谷市の南の畑の中に、美味しいうどんを食べさせてくれる民家があると聞き、行ってみる事にします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

関越自動車道の花園(はなぞの)インターから秩父方面(西)に高速を降りたら花園橋北交差点から南に曲がって県道296号線に入ります。
荒川を渡ってさらに進み、県道184号線とぶつかる今市地蔵前交差点を西に曲がり、西側の側道を見ると小さく「高見屋→」と言う看板が見えます。
畑の中に続く細道を曲がりながら上っていくと、急に目の前に姿を現すのが「高見屋(たかみや)」です。
高速からも駅からも離れていて、営業時間は11時から15時までの4時間だけだと言うのに、行列ができるほどの人気店ということで、開店すぐの11時15分ほどに訪問しましたが、すでに10人ほどのお客さんが食事を楽しんでいます。
DSCF7502.jpg

30度を超える真夏日の訪問でしたが、空調が効いており、涼やかな室内で食事が出来るので、外とのギャップに少々戸惑いますが、暑さから解放され、それだけで嬉しくなります。
入口すぐ右手には窓から外の景色を眺められるカウンター席が10席ほど、まっすぐ進んで左手には小上がりの4席テーブルが3つ、その向かいには厨房前に5席のカウンター席があります。
小上がりが空いていたので一番奥の席をお借りしてメニューを眺めます。
DSCF7503.jpg
普通に並んだメニューの中に一つだけジャンボメニュー「四津山(よつやま)うどん」なるメニューが存在します。
小分けできなかったりペナルティがあるデカ盛りは、通常対象外なのですが、ほかのメニューとの価格差を考えると、コストパフォーマンスが良いのでチャレンジする価値はありそうです。

注文が通ると、注文数分の小鉢と薬味が運ばれてきます。
DSCF7506.jpg
季節の野菜の小鉢はトウモロコシとジャガイモの煮物で、洋風のダシが効いたさっぱりとした一品です。
こうしたサービスが何とも嬉しいです♪

さて、チャレンジメニュー「四津山うどん(1,000円)」がテーブルに運ばれてきました。
DSCF7508.jpg
時間制限はありませんが、取り分けは禁止です。
そのため、同伴者は別途食事を注文する必要があるので注意が必要です。
また、一人で食べ切れない場合には1,000円のペナルティ(罰金)が課せられます。
運ばれてきたのは、4人前のうどんが大きな器に盛られたビックリメニューです。
総重量は約1.5キロ。
ひょっとしたら食べ切れるかも?などと甘い考えを抱いていましたが、いきなりフルスイングのアッパーを食らったように見た目で大ダメージを受けます。
そのセットで出てきた一人前分のてんぷらがまたスゴイ!
いんげんと紅ショウガのかき揚げ、大ナスのハムはさみ揚げ、玉ねぎとウインナーのかき揚げ、ジャガイモと人参の細切りのかき揚げ、オクラと納豆のかき揚げ、それにげそ天が2つとものすごいボリュームです。
…とりあえず他のメニューが配膳されるのを待ちましょう(笑)

2品目は「冷しきんぴらうどん(700円)」です。
DSCF7509.jpg
高見屋はメニューにより「ぶっかけ」と「盛り」からなり、後は「温」と「冷」を選ぶこととなります。
きんぴらはぶっかけ系で、やや甘めでピリ辛のゴボウとニンジンが彩りを添えます。
手打ちのうどんはコシが強く角が立っており、固め系好きのnorizo一家には大好物です。
普通盛りでも麺のボリュームは350gほどらしく、100円で大盛りにすることもできますが、今回はやめておきました。
あっさりしてヘルシーですが、ボリューミーなので女性や子どもには多すぎるほどです。

メニューの裏側を見ると平日のみレディースセットがあるようですが、残念ながら休日に訪問してしまったので、その楽しみは次回に取っておきましょう。
最もリーズナブルなメニューは「もりうどん」のようなので、子どもたちにはこちらを注文してみましょう。
DSCF7504.jpg

高見屋で美味しいうどん本来の風味を楽しむなら「もりうどん(500円)」を外すわけにはいきません。
DSCF7507.jpg
しっかり水でしめられた硬めの麺がたまりません。
うどんのための小麦は地元熊谷産のものを100%使っているそうで、地粉へのこだわりも大したものです。
特に食べ方の指示はありませんが、やはりつゆにつけずに1口は食べておきましょう♪

さて、家族がニヤニヤしながら見守る中、およそ800gほどのうどんとオクラと納豆のかき揚げを食べた時点で、胃袋に危険信号が灯ります。
DSCF7511.jpg
ズキマル君を使って、ご主人にギブアップを伝えます。
ここからは、家族での取り分けが可能になりますが、すでに子どもたちも満腹状態で、父と目線を合わさないようにしています(笑)

実は食べ切れない場合でも安心のお持ち帰りパックを渡されるので、無駄にせずに済むのは嬉しいところです。
DSCF7512.jpg
持ち帰ったうどんはズキマル君が頂き、天ぷらは天丼を作ってnorizoが美味しく頂きました。
ペナルティの1,000円を支払うと総額2000円の高額メニューですが、天ぷらうどんは800円に、500円のもりうどんが3杯分のボリュームなので2,300円のものを2,000円で食べられるようになっており、実際には損をしないように価格設定してくれています。

チャレンジメニューに苦戦しましたが、美味しいうどんと天ぷらに大満足の名店です。
駅からも遠く、知らなければ訪問できるはずのない場所なのに、店を出ることには満席です。
やはり美味しい店は風の便りで知られるものなんですねぇ…
次回は普通に「大盛り」(笑)で天ぷらうどんを楽しみたいですね♪


□手打ち熊谷うどん 高見屋
 TEL:0493-74-5544
 埼玉県比企郡小川町高見833
 営業時間 11:00-15:00
 定休日:金曜
 駐車場あり

手打ち熊谷うどん 高見屋 うどん / 東武竹沢駅男衾駅竹沢駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/07/07 11:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4445-8e651549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)