銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで「つくばちびっ子博士2013」コース2日目
夏休み2週目にはつくば市にある「農業科学研究所」が1日限りの子ども向け公開を行うと言うので行ってみる事にします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

つくばちびっ子博士」は、茨城県の筑波学園都市にある研究施設とつくば市がタイアップして行われる企画で、博物館や植物園などのほかに、普段は見られない研究所内を見学したり研究成果を公開してもらえるのが特徴です。
全国の小中学生を対象に行われているスタンプラリー型のイベントで期間は2013年7月20日(土)から9月1日(日)の夏休み期間に実施しています。
DSCF7613.jpg
スタンプを押しながら研究施設を回るので、スタンプを押していくうちにコンプリート感が強くなり、次々訪問したくなるようです。

昨年は個別にレビューしましたが、今年は1日分を1コースとして時系列でご紹介します。
夏休みが始まって早くも2度目の週末、1日限定で公開イベントを行ってくれるのは「独立行政法人農業環境技術研究所」です。
常磐自動車道の谷田部(やたべ)インターのすぐ東側で公共交通機関はバスしかないため地元来場者メインだろうと思い、それほどの混雑は考えていなかったのですが大人気で、臨時駐車場に入るのにも一苦労です。
DSCF7739.jpg

研究所受付棟の右側に作られた特設のテントで受付を済ましたら、本館に入り2階を目指します。
DSCF7744.jpg
本館の大会議室らしい部屋には5種類ほどの体験スペースがありますが、たくさんの親子連れでにぎわっています。
しかし、空調はそれなりに効いていますし、入口付近で福島産の桃ジュースとりんごジュースを配布しているので熱中症の恐れはありません。

ひとつ並んでみると水質浄化ブースで、カラフルな水をろ過して透明の水にする実験でした。
記念撮影のために研究所オリジナルの白衣も用意してくれており、着替えるとハカセ気分になれます。
DSCF7775.jpg
何となく「給食当番」にも見えますが、ハカセです(笑)

次は畑に張った黒いビニールを溶かす酵素の実験です。
DSCF7776.jpg
畑で見かける黒いビニールは通常土には還らないのですが、この新酵素(カビ)を利用すると土に還るのだそうです。
カビ菌の中から、ビニールを好んで食べる菌だけを培養し、この酵素の抽出に至ったそうです。
気の遠くなるような時間と集中力を費やして作られた実験結果を短時間で解説しながら結果を出してくれるので、小さい子どもでも飽きずに農業の裏側に引き込まれていきます。

ムズかしい館内実験ばかりではありません。
屋外では、コップに入れたジュースを長さや太さの違うストローで吸い込んで時間を計る実験をしています。
DSCF7750.jpg
これは、地質によって吸収し地下に吸収されていく浸透スピードをわかりやすく説明するイベントですが、水分補給にもなるため、常に子ども達が列を成して自分の順番を待っていました。

別館では日本各地の地質の標本が展示されていますが、その建物の一室ではカブトムシのつかみ取りも行われています。
DSCF7756.jpg
一人2匹まで持ち帰り出来るので、姉弟2人でつがいを2セット頂くことが出来ました。

堅い実験ばかりではなく、ちょっと離れたところでは流しそうめんも実施されていました。
DSCF7760.jpg
普段出来ない体験に、多くの子ども達が集まってそうめんを取り合っていますが、スタッフさんの適切な対応で、みんな楽しそうです♪

朝9時半からのイベントで10時前には訪問したのですが、昼食をはさんで気が付けば3時近くなってしまいました。

研究所の向かいの「食と農の科学館」でもイベントが開催されていたので、そちらにも寄ってみましょう。
通常はクルマかバス、自転車などで訪問するしかありませんが、数箇所の研究所が同時にイベントを開催しているため、1日限定で無料シャトルバスが各会場を結んでくれていました。
通常公開では科学館のみの見学となりますが、この日ばかりはたくさんのスタッフさんと多くのイベントで活気付いています。
DSCF7777.jpg

内容は小学校高学年以上に向けた成果発表としての位置づけのものが多いですが、各ブースとも日ごろの研究に対する熱意が伝わってくる素晴らしい展示と解説です。
DSCF7778.jpg

会議室では子どもの大好きなクイズやスライム作り行われていましたが、1箇所目で時間を費やしてしまったため、ほとんどのイベントが終了してしまっていました。
DSCF7780.jpg

屋外では、コメのモミ取り実験が行われていました。
DSCF7782.jpg
栄養ドリンクの空き瓶にもみ付きの米を入れ、棒で押し続けるとモミと米に分かれます。
今でこそ機械ですべて行われていますが、昔は一升瓶に入れて、ひたすら突いて玄米と籾殻に分けたそうです。
分けたお米はもらえるのですが、精米してもらえるのかと思ったら、玄米からはがれた籾殻だけを取り捨てたものをもらえました。
食べられるお米をもらうほうがいいのかと思いましたが、普段見慣れないお米の本当の姿に子どもたちも感動しています。

普段は駐車場になっている場所では、餅つきが行われており、一口もらおうと大行列が出来ています。
DSCF7781.jpg
ご多分にもれず、norizo一家も並んで餅をゲットしました。
きな粉とあんこの餅が、暑さで疲れたカラダに染み渡ります。
それにしても日本人って、餅がスキですよねぇ。
かなりの量があったのですが、最後まで行き届かなかったようです。

普段は一般公開されていない屋外の実験農園も見学できました。
DSCF7784.jpg
大きなひょうたんもすごかったんですが、奥のほうにあった雑草の栽培プラントも面白かったです。
雑草は、実験栽培しようにも種を売っているところがないため、各地で収集して周り、育ててから農業に及ぼす影響を調査する実験に使うそうです。
人知れぬ苦労にあらためてここで働く人たちの努力を感じ取れます。

試食コーナーでは豆カレーやピザ、お米で作ったパンなどが用意されていました。
DSCF7785.jpg
これも訪問時間が遅かったためにほとんど終了していました。
運よく米で作ったパンだけは試食できましたが、米100%のパンは普通は食べることの出来ないフシギな食感で、解説と合わせて五感で研究成果を感じられる面白い企画でした。

気がつけば、イベント終了の午後4時。
あっという間の1日でした。

ただスタンプを押して回るだけなら、1日10箇所近く回れるのですが、各会場でいろいろな視点から子どもたちに向けた知識の芽を芽吹かせる発信をしてくれているのを見ると、とても無駄に回るわけにはいかなくなります。
もちろん好みや得手不得手により短い時間で終わってしまう分野もあるとは思いますが、親の思いもよらない視点で見学をしてくれる子供の成長にも目を見張る時間を過ごせます。

夏休みはまだまだ始まったばかりですし、常設展示だけでも18個のスタンプを押すことが可能ですので、関東近県にお住まいで2~3日余裕があるようでしたら、つくばでスタンプラリーをしながら研究所巡りをしてみてはいかがでしょう。

本日までのスタンプ数
5個/18個中

このコースでの訪問先
①農業環境技術研究所(36) ※期日限定・終了
 「のうかんけん夏休み公開」
 見学可能な日時:2013年7月27日(土)9:30-16:00
 TEL:029-838-8191
 茨城県つくば市観音台3-1-3
 駐車場あり

②食と農の科学館(35)
 つくば市観音台3-1-1
 TEL. 029-838-8980
 公開日:期間指定なし
 休館日:年末年始
 公開時間 9:00-16:00
 駐車場あり
 ※屋外施設の見学は7月27日限定

※今回のコースも1日限定プランです。

■■「つくばちびっ子博士2013」対象見学施設■■

01.(独)国立公文書館つくば分館
02.大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
03.(独)建築研究所
04.国土交通省国土技術政策総合研究所
05.(独)土木研究所
06.NTTアクセスサービスシステム研究所
07.(独)防災科学技術研究所
08.戸田建設 ㈱ 技術研究所
09.(国)筑波大学
10.国土地理院「地図と測量の科学館」
11.ゆかりの森昆虫館
12.(独)国立科学博物館筑波実験植物園
13.筑波学院大学
14.つくばエキスポセンター
15.つくばサイエンス・インフォメーションセンター
16.サイバーダインスタジオ
17.(一財)日本自動車研究所
18.アステラス製薬(株)つくば研究センター(御幸が丘)
19.つくば国際会議場
20.(独)物質・材料研究機構
21.(独)産業技術総合研究所地質標本館
22.(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター
23.(独)産業技術総合研究所サイエンス・スクエア つくば
24.高層気象台
25.気象測器検定試験センター
26.気象研究所
27.(独)国立環境研究所
28.農研機構果樹研究所
29.農研機構花き研究所
30.(独)種苗管理センター
31.(独)医療基盤研究所薬用植物資源研究センター
32.(独)国際協力機構筑波国際センター(JICA筑波)
33.(独)理化学研究所バイオリソースセンター
34.(独)農業生物資源研究所
35.食と農の科学館
36.(独)農業環境技術研究所
37.(独)森林総合研究所もりの展示ルーム
つくばサイエンスツアーオフィスHPの情報にリンクしています。
 2013年7月16日現在のリンク先のためリンク切れについてはご容赦ください。

 予約や参加可能日の確認はつくば市HPの関連資料またはつくばキッズHPにてご確認ください。

※コースの中には期日限定や予約制、対象年齢制限などがあるためすべて回ることはほぼ不可能です。
また、スタンプの押印欄自体が18箇所しかないので、たくさん回りたい場合には、どこのスタンプを押すか事前にチェックしておく必要があります。

パスポート配布場所(つくば市役所1階総合案内・大穂窓口センター・豊里窓口センター・谷田部交流センター・桜窓口センター・筑波窓口センター・茎崎窓口センター・ゆかりの森昆虫館・つくば市総合案内所・つくばサイエンスインフォメーションセンター・つくば市市民活動センター・つくば市東京事務所等)でパスポートを受け取ったらスタンプラリーをスタートできます。
指定37箇所の見学施設の中から、6箇所コース、12箇所コース、18箇所コース(400字程度の感想文提出)のどれかを目指します。
コースごとに認定証と記念品がもらえるので完了したら「つくばちびっ子博士事務局(〒305-8555 茨城県つくば市苅間2530-2 つくば市教育委員会教育指導課つくばちびっ子博士事務局)」にパスポートを提出して完了です。

各施設やイベントについては、昨年一昨年の様子を記事にしてありますのでご覧になってください。
つくばちびっ子博士2012」の様子はコチラ
つくばちびっ子博士2011」の様子はコチラ
※旧記事は文章が乱暴な場合がありますがご容赦ください。

□つくばちびっ子博士エリアマップ



より大きな地図で 銀色テントむしの「つくばちびっ子博士」 を表示
※赤は期間限定、黒は常設展示です。施設詳細情報は2012年のものです。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/07/27 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:なし
関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4473-54dccc3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)