FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの商品レビュー…車載冷凍庫「MD14F」
敬愛してやまない「夫婦で車中泊」と言うブログで衝撃の激安アイテムを見つけ、早速買いに走りました(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

軽自動車タイプのキャンピングカーを購入する際に、合わせて購入したくなるものと言えば「トイレ」、「暖房」そして「冷蔵庫」でしょう。
実際にはスペースと予算には限りがあるため、なかなか手を出せないのが現状です。

例えば予算的に購入しやすい「ポータブルトイレ」ですが、実際に置いてみようと思うと就寝時には置き場所に困りますし、用を足そうと思っても羞恥心が邪魔をします。
また、使用後の汚物の処理を考えると…購入はしてみたものの未だ利用したことがありません。
※車両の利用方法により異なりますので、妄信しないでください。

「暖房」は一度、車中泊中にモカに布団を剥ぎ取られズキマル君が凍死しそうになったことがあるため、20万円ほどかけて「ベバスト社エアヒーター」を増設しました。
それ以降、マイナス10度以下の地域でも積極的に車中泊をするようになりましたが、一般的な利用ではモトを取れる気がしません(笑)
※我が家では快適な極寒ライフを楽しめるようになったのでアリでした。

「冷蔵庫」については今までに何度か失敗してきました。
一度目は大型ショッピングセンターで購入した5000円程度のものです。
500mlのペットボトル4本分ほどの容量で12V電源を利用しますが、ぬるいモノはぬるいまま、冷たいものもそれなりにヌルくなります(笑)
二度目は「モビクール社ポータブル冷蔵バッグS13DC」です。
価格は1万円弱で伸縮性があり、今でも活用していますが冷蔵能力に乏しく「ちょっと重いクーラーバッグ」です。
省みると、「3万円以下の冷蔵庫にそれほどの期待は持てない」と言う思いがあります。

前置きが長くなりましたが、今度こそホンモノの車載冷蔵冷凍庫を購入しました。
・・・価格は2万円を切る19800円だったんですが(笑)

事の発端は、norizoのブログのお師匠的存在であるとしさんが記事にされた「【衝撃価格】あのエンゲル冷蔵庫が19800円!」です。
内容から見てアフィリエイトも貼らず、いい商品をご紹介してくださっているだけと言うスゴいブログです。

冷凍機能付きの車載冷蔵庫は5万円程度が相場で、安くても3万円台前半が見つけられればラッキーです。
それを2万円を切る19,800円で、イエローハットWEBストアから期間限定で購入できます。
※完売しました。

早速購入ページに飛んでみると、送料がかかることがわかりました。
ただし、店舗にとりに行く方法であれば送料がかからないと言うことなので調べてみると…
出かけていた先から15キロほどのところに取扱店を見つけました。

善は急げと言いますから、そのままクルマを飛ばして閉店5分前に店内に滑り込み、展示してあった最後の1台を手にしました。
DSCF8155.jpg

それでは簡単なレビューをしてみましょう。

外寸は幅約45センチ、奥行き約30センチ、高さ約40センチで重量は12キロ弱とかなりヘビーです。
DSCF8156.jpg
※左:MD14F、右:モビクール

内寸は幅約35センチ、奥行き19センチ、高さ21センチで容量は約14リットルです。
500mlのペットボトルなら立てて14本程度、2リットルのスリムボトルなら4本と500mlペットボトル1本を収納することが可能です。
ただ、コカコーラのペットボトルはややアタマが長いらしくまっすぐに立てることが出来ません。
DSCF8154.jpg
上部の開放には重厚な全開放できる扉と、コンパクトで冷気の放出を防ぐ取り出し用の扉がついており、保冷状態の長時間継続が保たれるようになっています。

ボックスの足元が空調の機械になっていますので、熱交換が出来るよう空気循環ができるようにしておくことが必要です。
DSCF8158.jpg
温度設定は他社の「外気温マイナス○度」とは違い、庫内温度設定で約5度から最大でマイナス18度までの温度で利用することができます。
冷蔵庫程度の温度(約5度)での利用であれば30分ほど電源を入れておけば適正な温度を実現できますが、アイスなども運搬できる冷凍モードには丸1日程度時間がかかるそうなので注意が必要です。
(冷凍モードはまだ試していません。)
使用前の電源投入時に保冷材を利用すると冷却時間が軽減できるそうです。

ちょっと電源を入れてみただけですが「さすが」の一言に尽きます。

さて、ここからは車載使用上の注意点です。
一般的な自家用車ではクルマのキーを抜いてしまうとシガーソケットから電源が取れませんので気にする話ではありませんが、キャンピングカーではサブバッテリーなどから随時電源を取れる状態になっています。
この冷凍冷蔵庫の消費電力は35ワットと省電力化が進んでいますが、それでもバッテリーの容量には限りがあるのでご注意ください。

例えば軽自動車で利用する一般的なバッテリー(例:「40B19L(12V28Ah)」ハイゼット用・価格4000円程度)であれば・・・
バッテリー容量28Ah×バッテリーの実使用値80%÷(消費電力35ワット÷電圧12V)となり、利用限界時間はマックスでおよそ7時間半となります。
ウチのサブバッテリーは「55B24R(12V36Ah)」(価格5000円程度)なので・・・
バッテリー容量36Ah×バッテリーの実使用値80%÷(消費電力35ワット÷電圧12V)となり、利用限界時間はマックスでおよそ10時間弱となります。
これはこの冷蔵冷凍庫だけの消費電力を指しており、実際にはほかの器具でも待機電力を使っていますから、もっと使用時間が削られることになります。

快適性はそれだけ電気も消費することになりますから、お出かけの際にはバッテリーの充電をしっかり行ってから出発することをオススメします。

なんだか小難しいお話で最後を〆るかたちになってしまいましたが、安定した温度の冷蔵庫をてに入れることができたので、今後はナマモノのお土産も購入することができるため、また旅の幅が広がりそうです。

これからもとしさんのブログから目が離せません♪

あとは…

100V変換用の電源ですね。


AC/DCアダプター5Aまで(3,280円・税込・送料別)

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



2013/08/19 21:00 天候:晴れ
関連記事

テーマ:こんなん見つけました! - ジャンル:車・バイク


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4514-13b1c70f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)