銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















激安ホテルレビュー…姫路「チサンイン姫路夢前橋」
楽天トラベルを眺めていたら、激安ホテルを見つけたので予約して旅に出ることを決意しました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

冒頭に「決意」なんて強い言葉から始めましたが、我が家から姫路までは約600キロあるのに、前日は忘年会と言うタイトなスケジュールを組んでしまったからです(笑)
結局、忘年会はウーロン茶のみでやり過ごしその晩午後10時に高速に乗って掛川あたりで仮眠して、明石を散策した後に姫路までやってきました。
姫路の中心地からはやや離れたJR姫路線の播磨高岡(はりまたかおか)駅から国道2号線を西へおよそ1.5キロ、夢前川に架かる夢前橋を渡ってすぐの夢前橋西詰交差点を南に曲がると坂の下に見えるのが「チサンイン姫路夢前橋」です。
DSCF9337.jpg

「チサンイン」には珍しく1階はロビーのみで2階にフロントがあり、ちょっとリッチに感じます。
DSCF9334.jpg

格安の理由は徹底したサービスのスリム化で、必要最低限以外のものはフロントやエレベーター近くに置かれたものをセルフサービスで部屋へ持ち込みます。
しかし、利用料金はかからないので、その手間以外は快適な1日を過ごせます。
DSCF9335.jpg

予約しておいた部屋のタイプはデラックスダブルとソファベッドが置かれた禁煙ルームです。
横幅160センチのダブルベッドと90センチ幅のソファベッドが用意されているゆったりとした部屋です。
ソファとして使う際のクッションのようなものがあり、コレも部屋に広げると子ども一人分のベッドとして使えそうです。
今回のプランは大人1名に付き小学生までの子ども1名が無料になるため、大人料金のみの素泊まりプランで一部屋6,160円ですが、さらに楽天から1,000円引きのクーポンが利用可能だったため支払額は5,160円(1,675円/人)で宿泊することが出来ました。
DSCF9331.jpg
ウォシュレット付トイレ一体のユニットバスは広々と足が延ばせる浴槽付ですし、エアコン、冷蔵庫、インターネット、テレビもあるので快適そのものの生活が出来ます。

「キャンピングカーなのにホテル泊まりかよ!」と思われるかもしれませんが、軽自動車に4人で就寝するとなると貨物スペースが少ないためキャンプ場に行くよりもこの方が快適なのですorz

素泊まりとは言っても、朝のコーヒーは無料でいただけます。
DSCF9336.jpg

バタバタの旅の道中でも、こうしてゆっくりと羽を休められる激安ホテルに感謝の言葉もありません。
今回は姫路城が改修中だったので訪問しませんでしたから、改修工事終了後にもう一度宿泊させて頂こうと心に決めた一泊となりました。


□チサンイン姫路夢前橋
 TEL:079-267-7511
 兵庫県姫路市西夢前台3-5
 駐車場あり



より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/08 9:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4668-9605ea48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)