銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・51箇所目「中城城」
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg
※沖縄遠征のためテントむしは自宅でお留守番なのでレンタカーでの訪問です。

沖縄自動車道の北中城(きたなかぐすく)インターから県道29号線を北に出て、第一安谷屋T字路を東側に進み、安谷屋交差点から東の県道146号線を道なりに進むと自動車学校の向かいに見えてくるのが「中城城(なかぐすくじょう)」です。
無料駐車場にクルマを止めて、坂道を少し登ると米軍基地のような厳重な鉄条網の先にチケット売り場があります。
なぜ、こんなに厳重な警備体制なのかは後ほどご説明しましょう♪
DSCF9563.jpg

門を過ぎたら右手のプレハブでチケットを購入し、散策スタートです。
入口の記念撮影のプレートを見つけお約束の1枚をパチリとしておきます(笑)
DSCF9565.jpg

左手から裏門コース、右手から表門コースになっていますが道なりに進んだら裏門コースで「三の郭(さんのかく)」手前の広場にたどり着きました。
沖縄の大きな空と広大な石垣が美しいです。
残念ながら青空には恵まれませんでしたが、爽快な青空の下だったら、これ以上に美しい景色でしょう。
DSCF9567.jpg

遠巻きにはそれほど大きく見えない「三の郭」の石垣ですが近づいてみると自然の断崖と相まって強靭な要害であることがわかります。
DSCF9571.jpg

「三の郭」を右手に進むと美しい石積みの「裏門」にたどり着きます。
DSCF9575.jpg

「裏門」の内側は「北の郭」で、右手の階段を下りるとひんやりと涼しい「大井戸(うふがー)(別名:番所井戸(ばんじゅがー))」を見ることが出来ます。
城郭内に水を確保していることがこの城の特徴で、井戸を取り込む事により長期の籠城戦にも耐えられるようにしたそうです。
DSCF9581.jpg

「北の郭」の石垣の門をくぐると「西の郭」が広がり、「二の郭(にのかく)」へ続く階段と門が美しいです。
この門をくぐらずに進んでしまうと、正門を出て城巡りが終わってしまうので注意しましょう。
DSCF9588.jpg

まだ本丸に入る前の「二の郭」ですが、石垣に登ることができるので、是非とも高いところからの景色を楽しんでください。
ズキマル君はちょっと怖いらしく、なかなか上に登ってきません(笑)
DSCF9589.jpg

何とか石垣に登ってきたズキマル君でしたが、石垣の外の素晴らしい景色と足元を見るや目線から外の見えないところまでズルズルと下っていきました(笑)
DSCF9592.jpg

本丸のあった「一の郭正殿跡(いちのかくせいでんあと)」ですが、残念ながら改修工事中でした。
しかし、石積みが終わればさらに美しい光景が広がるのかと思うと、再訪を検討せずにはおけなくなりますね♪
DSCF9593.jpg

「南の郭(みなみのかく)」には火の神や水の神が祀られており、神聖な地であったことが感じられます。
DSCF9601.jpg

そして「正門」に到達しました。
頑強な「裏門」に比べ、開放的なイメージがありますが、細い階段を登らないとたどり着けないつくりから、長期の篭城にも耐え、外敵の侵攻を許さない屈強な要塞であったことを知ることが出来ます。
DSCF9603.jpg

「正門」の先には、到底、世界遺産とは関係のなさそうな廃墟が広がります。
通称チャイナタウンと呼ばれる、旧・中城高原(なかぐすくこうげん)ホテル跡地で1970年代に開業目前に建設会社が倒産し、アクセス道路が文化財保護区域に指定されたことから、建設途中のまま工事が中断し30年以上放置されたままになり、廃墟と化しているそうです。
DSCF9604.jpg


入口の鉄条網は心霊スポットとしても名高いこの廃墟に夜な夜な忍び込む米兵や若者などが不法に侵入しないための手段のようです。
DSCF9606.jpg
一瞬足を踏み入れたくなりましたが、目的が変わってしまうのでやめておきましょう(笑)

一巡してプレハブの券売所に戻り「100名城スタンプ」をお借りしたら、城巡りもそろそろ終了です。
DSCF9608.jpg

晴天とまではいきませんでしたが雨に降られることもなく、全体を見回すことが出来ました。
個人的には、廃墟と当日の天候が妙にマッチしていてすごく印象的でした。
次回は「一の郭」の改修が終わってからもう一度訪問してみたいですね♪


□中城城(なかぐすくじょう)第99番
 訪問先名称:中城城跡
 TEL:098-935-5719
 住所:沖縄県中頭郡北中城村字大城503
 開館時間:8:30-17:00
 休館日:なし
 入場料:大人400円中高300円小300円
 駐車場:無料(大型バス7台、乗用車約50台)
 通称:なし
 主な城主:先中城按司、護佐丸盛春
 スタンプ設置場所:管理事務所の窓口


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

ワンポイント
14世紀中頃(室町時代)
先中城按司の初代が台城に居城を構え中城城を築き始めた。その後一族が数世代で、南の郭、西の郭、一の郭、二の郭を築造した。
1609年(江戸時代)
薩摩藩が琉球征伐(りゅうきゅうせいばつ)1609年を行った。対する琉球王国(中山王府)は、一貫して和睦を求める方針をとり戦闘はほとんど起こらなかった。
※1602年、仙台藩領内に琉球船が漂着したが、徳川家康の命令により、1603年に琉球に送還された。以後、薩摩を介して家康への謝恩使の派遣が繰り返し要求されたが、中山は最後までこれに応じなかった。1608年9月には、家康と徳川秀忠が舟師を起こそうとしていると聞いた島津家久が、改めて大慈寺龍雲らを遣わして、尚寧王及び三司官に対し、家康に必ず朝聘するよう諭したが、謝名利山は聴従せず、かえって侮罵に至り、大いに使僧を辱めた。こうして遂に、琉球征伐の御朱印が、薩摩に下る事となった。
1729年(江戸時代)
中城城一の郭に、中城間切番所が置かれた。
1853年(江戸時代)
ペリー提督一行(奥地探検隊)が中城城跡の調査測量等を行った。ハイネが4枚のスケッチを残している。
1879年(明治12年)
明治政府「琉球処分」を強行。沖縄県設置廃藩置県により琉球は沖縄県となる。中城間切番所はそのまま一の郭に存続。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/12/24 15:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4691-14da5b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)