銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの商品レビュー…屋外用「カセットストーブ」
屋外および緊急時の暖をとれるグッズが欲しいと思っていたら、予想外に安かったので一つ購入してしまいました♪
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

冬季になるとカセットボンベを利用したアイテムを数多く見かけますし、ボンベを100円ショップでも購入できるので、ずっと気になっていたのがカセットボンベ式のストーブです。
災害時や屋外での暖の確保、ちょっとした室内暖房にと思い調べてみると、大手メーカーのものは1万円近くしますが、リーズナブルなものは3,000円を切る価格帯であることがわかりました。
そこで、楽天市場で送料コミ3,000円以下のストーブを1つ購入してみることにしました。
サイズは幅30センチ高さ30センチ奥行き15センチと大変コンパクトでなかなか良いです。
DSCF9833.jpg

カセットボンベの収納は後ろ側のプラスチックのカバーを開いて差し込みます。
DSCF9834.jpg

ツメがかかる部分を上に持ってきて、ストーブ右の操作部のセットスイッチを下に押し込めばボンベのセットが簡単に出来ます。
DSCF9835.jpg

特に電池などを使うこともなく、横のダイヤルを回すと着火・消火および火力調整が出来ます。
DSCF9836.jpg

着火の時のみ操作部上のピンを引きながらダイヤルを最大まで回すと圧電式の稲妻が走り、ガスに着火します。
1回では着かないので何度か作業を繰り返すと青い炎が中央の白いセラミック部分に広がります。
DSCF9837.jpg

1分弱でセラミックが赤くなり安定した暖をとることができます。
DSCF9840.jpg
※撮影のために屋内で点火試験をしていますが、屋内利用はオススメしません。

ボンベ1本で6時間から8時間の暖房が可能でした。
ファンヒーターなどと違い、ピンポイントの暖房が得意なので膝元で手をかざす使い方が効果的と思われます。

さて、こんな便利なアイテムとなると、どうしても屋内で利用したくなるので、そんな際の注意を何点か挙げておきましょう。
まず、このようなセラミックストーブの多くには「安全装置」が設置されていません。

安全装置とは…
1)転倒消火装置
2)立ち消え安全装置
などです。

まず「転倒消火装置」がないので、屋内利用の際には誤って倒してしまうと火災になってしまう恐れがあります。
また、小さいお子さんが火傷をしてしまうことも考慮しなければなりません。

また「立ち消え安全装置」がないことにも大変留意が必要です。
最も恐ろしいのは「一酸化炭素中毒」です。
空気中の酸素量が少なくなると、有毒で致死性の高い「一酸化炭素」が発生します。
密閉された空間で色も臭気もなく広がり、手足の自由・思考力を奪い生物を死に至らしめます。
屋外利用の際には空気がふんだんにありますが、室内や車内の場合には酸素量が限定されるため危険が伴います。
安全機能がない暖房器具を密閉室内で利用するためには「一酸化炭素警報器」を設置しておけば危険を大幅に回避できます。

警報器には
1)ガス漏れ警報器…都市ガスまたはLPガス等の漏洩を検知
2)火災警報器…煙や熱で火災を検知
3)一酸化炭素警報器…空気中の一酸化炭素濃度が靭帯に影響の出る数百分の一に達した際に発報

がありますが、「火災警報器」は一酸化炭素を検知することができません
※熱や煙で火災発生後に発報するので家財も守れません。

ガス漏れ警報器には一酸化炭素警報機能を搭載したものが多いのですが、100V電源式が多いので車内では利用できません。

自動車やテント内でどうしても利用しなければならない際には「一酸化炭素警報器」の設置を強くオススメします。
※今回の室内での点火実験のために警報機能付きガス漏れ警報器を設置して点火実験を行っています。
価格は安いモノなら2,000円台からありますが、個人的には製造がアジアでも国内パッケージ品の方が品質的にオススメです。

話がそれてしまいましたが、そろそろアウトドアには寒さが厳しいシーズンです。
皆さんも防寒対策を十分に行って、風邪などひかないよう寒い時期をお過ごしください。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

【屋内使用は規格対象外なのでご注意ください。】

【一酸化炭素警報器は国内基準対応品がオススメです。】


2014/01/20 12:00 天候:--
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:おすすめ商品 - ジャンル:ライフ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4712-6af3f5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)