銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの幕末歴史探訪…桜木町「佐久間象山顕彰碑」
幕末、海外への開港に沸いた横浜の地に長野県出身の早すぎた英知、「佐久間象山(さくましょうざん)」の顕彰碑(けんしょうひ)※1があると聞き、訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


JR根岸線の桜木町(さくらぎちょう)駅から北口を出て県道218号線を150mほど南西に進み、野毛3丁目交差点から西側のウィンズ横浜方向に曲がり、ウィンズを通り過ぎた横浜市中央図書館の先に見えてくるのが「野毛山公園(のげやまこうえん)」です。
DSCF9945.jpg

資料によると、この一帯はかつて原善三郎や茂木惣兵衛といった明治期の横浜の豪商が邸宅を構えていた場所でしたが関東大震災によって壊滅、その後の復興事業として旧野毛山貯水池や病院などの跡地とともに公園として整備されたものだそうです。
山下公園や神奈川公園などとともに震災からの復興事業の一環として公園整備が行われたもので、野毛山公園は日本庭園・西洋庭園・折衷庭園の三つの様式を持つ公園として1925年(大正14年)に着工、その翌年に開園しました。
DSCF9943.jpg

顕彰碑への近道は、横浜市中央図書館北側から南西に進む坂を登りると交番のはす向かいから公園に入る階段が目印です。
DSCF9957.jpg

この階段から坂道を上ると、右手に池のある広場が見えてきます。
DSCF9956.jpg

左手には小さな水路がありますので、ほんの少し先の水路の水源辺りを探してみてください。
DSCF9949.jpg

小さな案内板の坂の先、細い路地の階段をのぼるとそこにやっと姿を現します。
DSCF9948.jpg

佐久間象山(さくましょうざん)は幕末の松代(まつしろ)藩士(現在の長野県長野市)で、早くから開国と通商貿易の必要を説き、横浜の開港を推進した人物として知られています。
勝海舟(かつかいしゅう)の師で、坂本竜馬(さかもとりょうま)や新選組(しんせんぐみ)の近藤勇(こんどういさみ)らにも大きな影響を与えた人物です。
DSCF9950.jpg

この顕彰碑は1954年(昭和29年)に開国100年を記念して地元の有志により建てられたそうです。
DSCF9951.jpg
幕末、外国への開港を前に佐久間象山は、国防における攻守に長けた地形の下田よりも状況を把握しやすい地形の横浜を唱えたことから、幕府がその意見を重視し、安政6年6月2日(1859年7月1日)横浜を開港することになりました。
…なんだか時期がズレているのが気になりますが、情報が間違っていたら申し訳ありません。

話は逸れますが、新撰組に三浦敬之助(みうらけいのすけ)と言う隊士がいたのをご存知でしょうか。
norizoは知りませんでした。
この人物、元の名を佐久間恪二郎(さくまかくじろう)と言い、佐久間象山と妾の子です。
佐久間象山の妻は、勝海舟の妹(順)で、勝海舟の義理の甥にあたります。
ちなみに「三浦」は義母・順(勝海舟の妹)の姓だそうです。
佐久間象山は1864年に京都で暗殺されてしまいます。
佐久間象山暗殺後、義理の叔父である勝海舟や会津藩の山本覚馬の仲介により新撰組に入隊し、入隊後、三浦敬之助(みうらけいのすけ)と変名して近藤勇の側近となります。
大変手厚い処遇を受けていましたが、なかなか残念な人物で、隊に多大な迷惑をかけた上で脱走し、その後もたくさんの迷惑をかけて29歳で鰻にあたって食中毒で死んでしまいます。
象山や海舟があまりに偉大なため、黙されてきたようですが、意外な事実に肩を落としました(笑)

ちょっと散策してみるに当たり、幕末の歴史をかじってみると、いつもの公園も大きな歴史の目撃者であることに驚かされます。
いつか、ズキマル君にもこうした歴史への興味が芽生えてくれるといいなぁ…などと思いつつ、併設する動物園へと向かうことにしました。


□野毛山公園(佐久間象山顕彰碑)
 TEL:045-231-1307(野毛山動物園)
 横浜市西区老松町63-10
 開園時間 9:30-16:30(公園は24時間開放)
 休園日:月曜日、12/29-1/1(公園は無休)
 入園料:無料
 駐車場:有料


より大きな地図で 銀色テントむしの幕末歴史探訪 を表示

※1「顕彰碑」とは「功績や善行などを称えるために立てられる石碑など」のこと。
※2「顕彰」とは「隠れた功績・善行などをたたえて広く世間に知らせること。」です。

ワンポイント(佐久間象山)
嘉永6年(1853年)にペリーが浦賀に来航した時も、象山は視察として浦賀の地を訪れています。
しかし嘉永7年(1854年)、再び来航したペリーの艦隊に門弟の吉田松陰が密航を企て、失敗するという事件が起こります。
象山も事件に連座して伝馬町に入獄され、その後は文久2年(1862年)まで、松代での蟄居飲身となりました。
元治元年(1864年)、象山は一橋慶喜に招かれて上洛し、慶喜に公武合体論と開国論を説きました。
しかし当時の京都は尊皇攘夷派の志士の潜伏拠点となっており、同年7月三条木屋町で暗殺されてしまいました。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/02/01 14:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4729-51b3e485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)