銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの戦国歴史探訪…埼玉「丸墓山古墳」
2012年末に大ヒットした「のぼうの城」の舞台となった埼玉県行田市の戦場跡が見たくなり、雪を掻き分けて訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは埼玉県行田市にある「さきたま古墳公園」です。
JR高崎線の吹上(ふきあげ)駅から北口ロータリーを北に出て県道66号線を北へ進み、国道17号線熊谷バイパスを北上し県道77号線と交わる佐間交差点を東に曲がってしばらくすると北側に見えてくる大きな無料駐車場を備えた公園です。
DSCF0087.jpg

子どもの頃に学校で習ったホンモノの「前方後円墳」が沢山見られる公園ですが、先日降った雪の影響で園内マップに折れた枝がかぶさり重すぎてどかすことができませんでした。
DSCF0086.jpg

戦国後期の1590年(天正18年)、織田信長(おだのぶなが)の死後、天下統一を目指す豊臣秀吉(とよとみひでよし)は関東最大の宿敵となった後北条(ごほうじょう)氏を相手とする小田原征伐を開始します。
参謀である石田三成(いしだみつなり)に手柄を立てさせるべく、秀吉は密かに降伏の打診がもたらされていた忍城(おしじょう/現・埼玉県行田市)攻めを言いつけます。
忍城を攻める上方勢は石田三成を総大将とし大谷吉継(おおたによしつぐ)、長束正家(ながつかまさいえ)などの秀吉子飼いの諸将が名を連ね23,000騎もの大軍で攻め寄ります。
三成は巨大な堤防(石田堤)を作って忍城を水攻めするなど総力を挙げて攻城するものの、忍城軍はわずか500騎と非戦闘員を含む3,000名ほどの手勢で最後まで城を守り抜きました。
ishida01.jpg
※戦国BASARAより石田三成

この公園にある「丸墓山古墳(まるはかやまこふん)」は日本最大の「円墳(えんふん)」で直径109m、高さは周囲の古墳の中で一番高い19mあります。
DSCF0090.jpg

普段は雪に覆われることなどほとんどない行田市が例年まれにみる大雪に見舞われたのですが、そんなときしか見られない景色を求めて、ちょっとした雪山装備で19mの登山に挑みます。
DSCF0092.jpg

この丸墓山古墳には先ほど記載した、忍城水攻めの際に石田三成が布陣した場所です。
DSCF0093.jpg

数キロ先にそびえる忍城一帯に「石田堤(いしだづつみ)」と言われる堤防を築き、この一帯を水攻めにしました。
CGを使う以外に、この地を水攻めにした景色など見られるはずがないと思っていたのですが、ふと大雪がその景色を再現してくれていることに気づき訪問してみたわけです。
DSCF0094.jpg
近隣に高い建物がないこともあり、わずか19mの高さから見下ろす一面の雪景色は、忍城水攻めを髣髴とさせる絶景となっていました。
真っ白な景色ゆえに、近代的な雰囲気が視界から遮られあたかも一帯を覆い尽くしているように見えます。
きっと石田三成や大谷吉継も、この風景を見て圧勝を確信したことでしょう。
結局、石田軍に対し忍城軍は一丸となって、本城の小田原が攻め落とされるまで城を守り抜きました。

現在では丸墓山古墳と、石田堤の一部と忍城(行田市郷土博物館)を除いては湿地帯も埋立てられ「忍の浮城(おしのうきしろ)」と謳われた当時を偲ばせるものは少ないようですが、行田市では忍城(行田市郷土博物館)を中心に「忍城おもてなし甲冑隊(おしじょうおもてなしかっちゅうたい)」が観光客を出迎え、楽しませてくれます。
今回は甲冑隊にお会いすることはできませんでしたが、お出かけの際にはブログスケジュールを確認して戦国絵巻を楽しんでみてはいかがでしょう。



□丸墓山古墳(まるはかやまこふん)
 TEL: 048-559-1111(さきたま史跡の博物館)
 埼玉県行田市埼玉4834
 休園日:なし
 営業時間 無休
 入園料:なし
 駐車場あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの戦国歴史探訪 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/02/16 10:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4740-80aab8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)