FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…宮代町「東武鉄道40」
東武動物公園近隣と言えば、日本工業大学の動態蒸気機関車をご案内しましたが、近くに静態蒸気機関車もあるので訪問しておきましょう。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


東武伊勢崎線・スカイツリー線の東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん)駅から南にある西口の歩道橋を渡り、さらに南へ進んで進修館前交差点を渡り、進修館を過ぎると西側に見えてくるのが宮代町役場です。
この役場の東側にはレンタサイクル貸し出しも兼ねた「宮代町役場市民活動サポートセンター」があり、その向かいは「スキップ広場」になっています。
DSCF0388.jpg

この公園に置かれている静態蒸気機関車が「東武鉄道40」です。
DSCF0389.jpg

1898年(明治31年)に英国シャープ・スチュアート社で製造され、日本鉄道の機関車として活躍し、1922年(大正11年)に東武鉄道に譲渡され1966年(昭和41年)まで活躍しました。
DSCF0396.jpg

運転席には鉄製の足場が設置されているため、誰でも安全に乗り込むことができます。
DSCF0390.jpg

運転席内規幹部のメーター類は残っていませんが、バルブ類はキレイに塗装され、当時を思わせる何とも美しい状態で保存されています。
DSCF0391.jpg

屋外展示ですが、近隣に海がないこともあってか、錆や塗装はがれも少なく、とても大事に保存してもらっていることを感じ取れます。
DSCF0392.jpg

解説パネルもなかなか凝っていて、この公園に運ばれてきて静態展示が始まったのが1994年(平成6年)であることがわかりました。
DSCF0394.jpg

小さな蒸気機関車ながら保存状態も良く、運転席にも乗り込めるのがポイントです。
公園も広く、市民サポートセンター内は、のんびりと座って休憩も出来るので家族で東武動物公園に出かけた折などに、ちょっと羽休めに立ち寄ってみてはいかがでしょう。


□宮代町役場スキップ広場(東武鉄道40(5655))
 TEL:0480-34-1111
 埼玉県南埼玉郡宮代町笠原1-4-1(宮代町役場スキップ広場)
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1898年 シャープ・スチュワート No.4438
  新製:日本鉄道 212
  国有化:1906年
  車両形式称号規程:1909年10月1日 鉄道院5655
  廃車:1922年2月20日 新津
  譲渡:1922年 東武鉄道 40
  さよなら運転:1966年6月30日

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2014/03/15 14:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4773-4e2b483c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)