FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの戦国歴史探訪…会津田島「鴫山城跡(しぎやまじょうあと)」
現在放送中の岡田准一(おかだじゅんいち)さん主演のNHK大河ドラマ「軍師・官兵衛」からも目が離せませんが、2009年に放送された妻夫木聡(つまぶきさとし)さん主演の「天地人(てんちじん)」も大好きです。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年、スキーに訪問している会津田島に「天地人」ゆかりの城跡があると聞き、まだ雪が残る福島を訪問してみました。
会津鉄道の会津田島(あいづたじま)駅の南、国道121号線日光街道を西へ進み、合同庁舎へむかう交差点を南に入ると「福島県南会津合同庁舎」が見えてきます。
この庁舎の向かって左手に広がる山が「鴫山城跡(しぎやまじょうあと)」です。
DSCF0530.jpg
聞き慣れない城ですが、ここは「天地人」の主人公・直江兼続(なおえかねつぐ)の弟で小泉孝太郎(こいずみこうたろう)さんが演じた大国実頼(おおくにさねより)が、豊臣秀吉(とよとみひでよし)が天下を治めた時期にまで城代を務めた城です。

合同庁舎左手の森は「外郭遺構(がいかくいこう)」の一部で、解説が設置されており、その面影を感じることが出来ます。
DSCF0500.jpg

駐車場左手前の小道を東へ少し進むと住宅街の道路に出て、月極め駐車場の先に「史跡・鴫山城」の表示を確認できます。
DSCF0502.jpg

中世の様式を色濃く残す自然の地形を利用し築かれた山城で、愛宕山の急斜面や緩斜面、尾根・谷間等に土塁や門、堀等を構築していたとされています。
現在は愛宕神社として地元の人から親しまれており、その城跡が参道となっています。
鳥居の先は「侍屋敷跡」となっており、発掘調査では礎石、中世陶器、鉄製品等の遺物が発見され、内城を直接防備する家臣団の屋敷跡であったことが確認されたそうです。
DSCF0504.jpg

侍屋敷跡の先に見える橋の左右には「空堀」が広がり、堀は深さ4m、幅14m程で長柄槍の戦闘を想定した構造となっているそうで、その先に、この城跡のメインとなる大門跡の石垣が見られます。
DSCF0514.jpg

中世の城は石垣を持たないのが普通だそうで、この「大門跡」は戦国期(大国実頼が治めた時代前後)に造られたものではないかと言うのが有力な説だそうです。
西の石垣の城内側には急勾配の階段が設置されており、本丸を守護するための政治・軍事的な役割を果たしたとされる「下千畳(しもせんじょう)」と呼ばれる三の丸へと続いています。
DSCF0525.jpg

下千畳からは大門や田島の街並みを見下ろすことが出来ますが、まだ雪が多く残り滑りそうでちょっと怖かったです(笑)
DSCF0527.jpg

大門跡の南には「御平庭(おひらにわ)」があり大門から入って山頂を正面に左手には「御平庭石組井戸(おひらにわいしぐみいど)」があります。
DSCF0517.jpg
堀り込んだ内部を切石で積み上げたもので縦1m×横0.7mと小ぶりながら、長方形であるのが特徴だそうです。
御平庭は、上方の水手曲輪と土塁で区画されていたため、その伏水脈に掘ったものとのことですが、雪解け水で足元がぬかるみ、今回は近づけませんでした。

「御平庭(おひらにわ)」の南、山頂へ向かう道の東(左手)には、水飲み場であったとおおわれる「御台清水」(「嗽清水(うがいしみず)」)があります。
DSCF0521.jpg
飲んでいいのかと思いきや「飲み水ではありません。」と書かれています。
注意書きを見て飲用をやめましたが、ひしゃくなどが置かれていることから、飲めないわけではないようです。

御台清水の向かい(西側)の坂の上に「上千畳(うわせんじょう)」があり、城主・城代の居館があった所でここがいわゆる本丸だったようで、大門同様に戦国期に建設されその後取り壊されてしまったようです。
この場所に少なくとも三棟以上の書院建築が存在していたことが発掘調査により分かっているそうですが、今は雪に覆われていました。
DSCF0522.jpg

江戸期の一国一城令により廃城となって以降、静かに会津の地を見つめ続けてきたこの場所は、もう少し雪に覆われて人々の往来を拒むようです。
冬には見学が難しい鴫山城跡は、これからもやさしい時を重ねていくことでしょう。


鴫山城跡(しぎやまじょうあと)
 TEL:0241-62-3000(田島観光協会)
 福島県南会津町田島字根小屋甲4277-1(南会津合同庁舎)
 入場料:無料
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

◇鴫山城跡マップ
DSCF0501.jpg

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/03/29 8:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4785-8b5a9d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)