銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…勝沼「ぶどうの国文化館」
果物の美味しい山梨でも、ぶどうは特に名産とされていますが、そのぶどうに関わる資料館があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

中央自動車道の勝沼(かつぬま)インターから国道20号線勝つ沼バイパスを東側の東京方面に出てすぐに側道から県道306号線を西に1.2キロほど進み、祝小学校前交差点を北に入るとすぐ西側に勝沼図書館と併設して見えてくるのが「ぶどうの国文化館」です。
駐車場もあり入館料も無料なので手軽に訪問できるのが魅力です。
DSCF0666.jpg

ロビー右手で入館受付の記名をすることで入館料金が無料になるシステムです。
ロビーを入って正面には、何やら蝋人形のお坊さんが悟りを開いています。
DSCF0667.jpg
山梨のぶどうの生産が始まったのは、明治時代かと思っていましたが、資料によると西暦718年頃には、ぶどう栽培が始まっていたようです。

館内には年代ごとのぶどうと民俗の関わりについてリアリティの高い蝋人形と共に解説展示されており、見応えがあります。
DSCF0669.jpg

近代に入り、「葡萄酒」の生産が活発化するのは明治時代に入ってからです。
DSCF0670.jpg
山梨にはたくさんの葡萄酒(ワイン)の酒蔵が出来、現在もたくさんのブランドが存在しますが、これは明治時代にフランスへ留学しワイン造りの基礎を作った青年たちの礎によるものであることが分かります。

小さな資料館ながら、充実した展示は、さながら名もなき歴史を作った人たちをクローズアップしたNHKの人気歴史シリーズ「タイムスクープハンター」を思わせるところがありました。
子どもにワインのハナシは難しいかもしれませんが、リアルな蝋人形を無料で見ることが出来る貴重な資料館ですので、山梨県を周遊の際には、初めにここに立ち寄って、伴侶の方に運転を任せ、たくさんあるワイナリーで試飲三昧なんて連休を送ってみるのも楽しいかもしれませんね♪


□ぶどうの国文化館
 TEL:0553-44-3312
 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1034
 営業時間9:00-17:00
 定休日:月曜日
 入館料:無料
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/04/20 9:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
【送料無料】タイムスクープハンター

【送料無料】タイムスクープハンター
価格:4,666円(税込、送料込)


関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4805-d5a1ed69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)