銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…長瀞「自然の博物館」
関東屈指の観光スポット、秩父・長瀞に家族で楽しめる自然博物館があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

関越自動車道の花園(はなぞの)インターから国道140号線彩甲斐街道を西へおよそ19キロ、公共交通機関なら秩父鉄道の上長瀞(かみながとろ)駅から、上長瀞交差点を東側へ駅のロータリーへ進み、駅の南側の踏切を渡り500mほど北東に道なりに進むと見えてくるのが、「埼玉県立自然の博物館」です。
1日500円の駐車料金が多いこのエリアで、見学時の駐車場代が無料であり、入場料も大人200円子ども100円と大変リーズナブルな価格設定が魅力です。
DSCF0912.jpg

ロビー右手で入館手続きを済ませると、正面には大きなサメの歯型が展示されていて記念撮影できるようになっています。
また、この頭上には鯨のように大きなサメの模型が天井から吊られており、なかなかダイナミックです。
DSCF0913.jpg

館内には埼玉県内の森林を模したジオラマがありますが、いたるところにナゾのバーコードが貼付されています。
このバーコードですが、ロビーで貸してもらえる専用のバーコードリーダーを当てると、バーコードごとに違った鳥のさえずりや説明を聞くことが出来ます。
DSCF0916.jpg

また、ジオラマに設置されたスイッチを押すと、対象の動物がライトアップされ、より理解度が増します。
DSCF0919.jpg

歴史や地質、鉱物資源などについても豊富な資料が楽しく、発掘されたゾウの牙のレプリカにズキマル君も大興奮です。
DSCF0921.jpg
他にも多くの展示があり、気が付けば軽く2時間以上も滞在してしまいました(笑)

外に広がるのは雄大な荒川を取り巻く長瀞の岩畳(いわだたみ)、こちらも見応えがあり、ライン下りと共に楽しむことが出来ます。
DSCF0922.jpg
時間帯によっては荒川にかかる陸橋の上を走るSL(秩父鉄道パレオエクスプレス)を望むこともできる素晴らしい環境に、のんびりとリフレッシュした時間を過ごすこともできます。

観光に長瀞を訪れた際、併せてこの博物館を見ておけば、雄大な自然との結びつきをより高度に知ることが出来、歩くその道すがらの遺志にさえも興味を持てるようになるかもしれません。
温かさを増してきたこの休日を使って、そろそろ秩父を訪れてみてはいかがでしょう♪


□埼玉県立自然の博物館
 TEL:0494-66-0404
 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
 営業時間 9:00-16:30(夏季延長)
 定休日:月曜日,12月29日~1月3日
 入館料:大人200円子ども無料


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/05/11 13:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4835-30999ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)