FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで車中泊…迷走!碓氷峠(うすいとうげ)
今回は土日を絡めたズキマル君との二人旅だったので、宿は取らず車中泊スポットを探してさまよいました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回の旅行は群馬県と長野県を結ぶ国道18号線中山道の横川駅付近をメインとしていたため、「碓氷峠の森公園交流館峠の湯」で入浴後に駐車場で車中泊して翌朝に横川-めがね橋間の廃線跡散策路を散歩する計画でいました。
ところが、直前にホームページを確認してみると、昨年夏に火災があり営業していないことが分かり慌てて計画を練り直します。

そこで、まずはクルマでならそれほど遠くない「磯部温泉 恵みの湯(下記参照)」で入浴することにしました。
DSCF1102.jpg
入館料は3時間までの利用で大人500円子ども300円ですがサウナや露天風呂、大型休憩室などもある居心地のいい温泉で、シャンプーやボディーソープも標準装備されています。
磯部温泉は、楕円の上に湯気が3本昇る「温泉マーク(♨)」発祥の地と言われていますが、これは1661年(寛文元年)にこのあたりの土地の境界をめぐる訴訟があり、このときに江戸幕府から出た判決文の地図に温泉マークが存在したからで、それより前にこの記号が使われた資料が発見されていないからだそうです。
また、明治の児童文学作家の巖谷小波(いわやさざなみ)が、磯辺を訪れ「舌切り雀」を現代文学として復刻したことにより「舌切雀伝説発祥の地」とも言われています。
21時まで入浴可能ですが、入館が20時頃だったため休憩室でのんびりする時間がありませんでしたorz
しかし、汗を流して湯船でリラックスすることが出来たので、気持ちに余裕をもって車中泊先を探しに出発できます。

入浴施設自体は休館していますが、快適なウォシュレット完備のトイレは24時間利用できるため「碓氷峠の森公園交流館峠の湯」に来てみました。
※夜中はコワかったので日中撮影しました。
DSCF1104.jpg
建物中央は焼け落ち、散策路付近のトイレ前の数台分の駐車場から見える建物内部の擦りガラスの奥には避難誘導灯の緑の光がぼんやりと見えます。
水路のせせらぎの音は心地いいのですが、それ以外の音は何もせず、空に満天の星が光るばかりです。
火災で死傷者が出たと言う話は聞いていないのですが、星明りにうっすらと見える虚ろな建物の輪郭に身が竦み、ここでの車中泊はやめることにしました。
※管理のためにスタッフさんが出入りしているので廃墟ではありません。夏頃を目途に再建開始を予定しているそうです。

次に、今年完成したばかりの峠の湯とめがね橋の間にある「碓氷湖(うすいこ)」のトイレスペースに向かいます。
※ここも夜中はコワかったので日中撮影しました。
DSCF1109.jpg
以前、めがね橋廃線散策路を歩いた際に車中泊者がいたのを思い出し、訪問したのですが、この日に限って誰もいません。
トイレは最近完成したばかりでウォシュレット完備の素晴らしいモノなのですが、省エネのための対人センサーで誰もいない時は恐ろしいほど真っ暗です。
また、イーモバイル、ドコモXi、auの持ち合わせる3回線がすべて使用できなかったのも不安を助長しました。
木の擦れあう音すらせず、湖からも何の音もして来ない星の光だけの空間は、キャンプ慣れた人には最高の場所なのかもしれませんが、慣れていないためか恐怖しか感じません。
これでは怯えるズキマル君をトイレに連れていく事も出来ないため、この場所も諦めました。

結局、ツーリング客と改造車であふれる「道の駅みょうぎ」まで移動しました。
以前、痛車の少年たちが夜中まで騒音をまき散らしていたので訪問を躊躇していたのですが、今回は改造車の爆音と酔って徐々に大声になるツーリング客の会話さえ愛おしく感じ、不安なく眠ることが出来ました。
しかし、きっと本当にゆっくり眠れるのは薄井湖なのでしょう、今後はもう少し「静かで真っ暗」な場所に慣れていきたいと思います。
朝5時半、早起きの方たちの大きな話し声で目を覚まし、光を帯びた木々を見て、朝の散歩のために当初の車中泊予定地であった「碓氷峠の森公園交流館峠の湯」へと戻りました。

碓氷峠の遊歩道「アプトの道」は横川駅から軽井沢間を1997年まで結んだ廃線跡を利用した中山道と並走するルートです。
線路は撤去されており、一部舗装された道を朝の清々しい空気の中を歩くのはとても心地いい時間です。
しかし横川駅からめがね橋までの全ルートを往復すると10.2キロもあるため、ズキマル君と軽く歩くには距離が長すぎます。
そこで今回は峠の湯からめがね橋までの片道およそ2キロ強のコースを歩きます。
DSCF1117.jpg
朝6時にスタートし、鳥のさえずりを聞きながら、まだ点灯しない真っ暗なトンネルを抜けて、のんびりと歩いておよそ30分、めがね橋に到着しました。
以前は進入禁止だった旧・熊ノ平(くまのたいら)駅へ続くトンネルも開通しており、この先片道およそ1.3キロの道のりも散策が可能になっていたのですが、朝7時前ではトンネル内の照明も点灯していないため、延長534mの暗闇を歩く勇気は持てませんでした。
どうやら7時過ぎくらいにはトンネル内の照明が点灯するようで、峠の湯へ向かう帰路には照明が点灯したので、次回は散策開始を7時頃にして熊ノ平駅まで往復6.5キロほどのコースを歩いてみたいですね♪

峠の湯に戻ってから、何となく物足りずに今度は横川方面の「旧丸山変電所跡」まで片道1キロほどの道のりを歩いてみました。
DSCF1122.jpg
朝7時半を過ぎると徐々に日差しが強くなり、散策を終えた朝8時過ぎには木陰の風は涼しいながら、ひなたには立っていたくないほどになってきました。

一泊するのにこれほど迷走するのは、なかなか経験しない機会で楽しかったのですが、次回は夜間照明を充実させて「碓氷湖」で一泊し、旧熊ノ平駅と横川駅間の13キロほどのコースを家族で歩いてみたいですね♪


【入浴施設】
□磯部温泉 恵みの湯
 TEL:027-385-1126
 群馬県安中市磯部3-3-41
 営業時間 10:00~21:00
 定休日:第1・第3火曜日
 入館料:大人500円子ども300円
 駐車場あり

大きな地図で見る
※「温泉」の地図記号と、昔話「舌切り雀」発祥の地とされる温泉地です。

【車中泊スポット】
□碓氷峠の森公園交流館峠の湯(休館中)
 TEL:027-380-4000
 群馬県安中市松井田町坂本1222
 ウォシュレットあり(24時間)
 イーモバイルOK

大きな地図で見る
※静かで快適ですが、火災で建物の一部が焼け落ちているため不安になります。(2014年6月)

□碓氷湖(うすいこ)
 群馬県安中市松井田町坂本
 ウォシュレットあり(24時間)
 イーモバイルNG

大きな地図で見る
※静かで快適ですが、街灯がなく殆どの通信網が使用不可です。

□道の駅みょうぎ
 TEL:0274-73-3991
 群馬県富岡市妙義町岳322-7
 ウォシュレットなし
 イーモバイルOK

大きな地図で見る
※改造車やツーリング客が深夜に集うためファミリーユースには不向きです。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/06/01 8:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

関連記事

テーマ:キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4858-4f9fe1ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)