FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…小美玉「納豆博物館」
朝の気温に汗ばむ季節になってきて、朝食のおかずには納豆が欠かせなくなってきました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

この季節、我が家の朝食にはひきわり納豆に刻んだオクラと鰹節をトッピングしたものが定番なのですが、オレンジ色のパッケージに「おかめ」がトレードマークの納豆がよく食卓に並びます。
ちょっとネットで調べてみると、この納豆のブランドのタカノフーズが、茨城県で土日でも工場見学をしていることが分かり、予約して行ってみることにしました。
東関東自動車道茨城空港北線の茨城空港北インターチェンジから県道18号線を南に入って500m強、Y字路を西側の県道144号線を3.5キロほど進み、コンビニの先の上吉影南交差点を北西に1.3キロ、大きな十字路を南に400mほど進むと見えてくるのが「タカノフーズ水戸工場」です。
工場の入口には守衛室がありますが、場内道路に博物館への案内が書かれていますので矢印に従って左側に進むと見えてくるのは「納豆博物館」です。
博物館自体は朝9時から16時まで、年末年始を除き無休で開館しており、入館料金も駐車場代も無料です。
DSCF1143.jpg

開館から30分ほど経過した午前9時半に訪問すると、左手のお土産コーナーのスタッフさんから予約の有無を尋ねられました。
DSCF1144.jpg
この博物館、もちろんアポなしで無料で楽しめるのですが、前日でもいいので16時までに予約しておくと、午前10時と午後1時半のどちらかで工場見学をすることが可能です。
工場見学はおよそ70分のプログラムとなっていますが、試食付なのでセットの訪問がオススメです。
※1回に100名ほどは可能なようで、夏休みやGW以外であれば概ね希望の日時で予約できそうです。

博物館はロビーの奥で暖かなオレンジ色の光で出迎えてくれます。
DSCF1145.jpg

入ってすぐ右手に「ジャンボおかめ」のおでこに顔を入れて記念撮影が出来ます。
DSCF1147.jpg
…何となくローカルヒーローの敵のようにも見えますが、きっと正義の味方です(笑)

館内は思ったよりも展示が少なく、納豆の歴史のパネルやビデオクイズ、おかめ納豆の昨今に大型デジタル人形劇がありますが見学時間に要する時間は30分程度と言ったところでしょう。
DSCF1148.jpg

適度に博物館の見学を終えたところで工場見学ツアーの時間となりロビーに集まります。
先ほどまで封鎖されていたロビー右手の大会議室に用意された大スクリーンで納豆が出来るまでのビデオを15分ほど観賞したら、スタッフさんの先導で5分ほど歩いた場所にある工場へ向かいます。
DSCF1152.jpg

工場に入ったらスリッパに履き替え、下駄箱付近で4階建ての工場の概要についての説明を受けます。
DSCF1150.jpg
残念ながら工場内は撮影禁止でしたが、見学用にガラス張りの通路が用意されており衛生対策も万全です。
4階から2階までで大豆の洗浄、浸水、煮込みを終え、納豆菌を散布したものが1階でパック詰めされています。
見学できるのはこのパック詰めからの行程で、ほとんどがロボットによる自動制御ですが、発酵食品なので多くの人の手による検査が途中途中に入り、美味しい納豆が出来るのがいかに大変かが分かります。
詰められたパックは温度48度(だったと思う)湿度98%の22畳ほどき区切られた保温庫で18時間発酵を進めて、その後時間をかけて5度で休眠状態にしたところでパッケージを貼付され、段ボールに詰め込まれると言う工程を30分ほどかけて見させてもらいました。

工場から戻ると、ビデオを見た部屋で試食タイムです。
タカノフーズが誇る絶品納豆から惣菜まで6種類を堪能し、納豆をさらに好きになりました。
DSCF1156.jpg
参加者プレゼントの納豆ふりかけも、今週の朝食のお供に活躍してくれそうです。

そろそろ試験でピリピリしている割に勉強の捗らないモカさんの気分転換にと訪問してみましたが、中学生でも大人でも十分楽しめる内容に大満足のひと時を過ごすことが出来ました。
屋内見学なので天候にも左右されず、土日も休まず営業してくれているので、急な休みでも前日の(ひょっとしたら当日でもOKかも?)連絡で家族で訪問できるオススメの工場見学です。

見学後、ついついお土産に新製品などを購入してしまいましたが、お得感のあるリーズナブルなモノばかりです。
行き先に困ったら、ちょっと納豆博物館で工場見学を予約してみてはいかがでしょう♪


□タカノフーズ納豆博物館(納豆工場見学ツアー)
 TEL:0120-58-7010(予約)
 茨城県小美玉市野田1542
 入場料:無料
 休館日:年末年始
 開館時間 9:00-16:00(納豆博物館)
 工場見学 10:00,13:30より(要予約/無料)
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/06/08 9:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4861-9b283ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)