FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの幕末歴史探訪…かすみがうら市「郷土資料館」
関東最大の湖・霞ヶ浦(かすみがうら)のほとりに、城郭さながらの形状を模す歴史資料館があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

常磐自動車道の土浦北インターチェンジから国道125号線を東に進み、国道6号線土浦バイパスの先の若松町交差点から国道354号線を直進することインターからおよそ19キロ、霞ヶ浦の西側を走る県道118号線との交差点を南へ進むと2.2キロほどで見えてくる謎のお城が「かすみがうら市郷土資料館」です。
DSCF1185.jpg

駐車場は無料で、入館料は大人210円子ども100円の資料館は「史実上この地に城がなかったため」城郭ではなく「城郭風資料館」だそうです。
DSCF1186.jpg

鉄筋コンクリート製4階建ての資料館は一階のロビー左手で入場料を支払うとその先は撮影禁止になっていました。
DSCF1188.jpg
展示内容は霞ヶ浦近辺の歴史と産業についてで、縄文期から近代までのたくさんの資料が展示されています。

4階天守閣部分は展望室となっており霞ヶ浦を一望することが出来ます。
DSCF1189.jpg

さて、本来は「家族でお出かけ」のはずの資料館が、なぜ「幕末歴史探訪」なのでしょうか?
実は、この霞ヶ浦近辺は幕末に歴史を動かした新選組(しんせんぐみ)に携わる偉人たちをたくさん輩出しているのです。
そのため、この資料館でも「特別展」として、幕末史についての展示会を数多く開催しています。
今回も「水戸藩天狗党と新選組高台寺党」と称した企画展を行っています。
----------------------------------------------------------
平成26年(2014)から150年前の元治元年(1864)は、かすみがうら市出身の郷士・竹内百太郎が、水戸藩士藤田小四郎らと共に、水戸藩天狗党として尊王攘夷の決行を促すために筑波山に挙兵した年でした。
一方で、水戸藩の影響を受けた、かすみがうら市志筑出身の伊東甲子太郎が、新選組へ入隊した年でもありました。
志士たちは、国難に陥る日本を憂い、日本の本来の姿、あるべき姿を考えて新たな国づくりのために立ち上がったのです。
清冽なる志を貫き、わが身の犠牲を払って新生日本へ導いた功績は、現代人の我々が日本の将来を考える上での教訓となるのではないでしょうか。
今回の展覧会では、志士たちの生きた道を、激動の幕末期から明治維新に至るまでを3部構成で紹介します。
第1部は内憂外患の世相と水戸学の隆盛、第2部は水戸学から立ち上がる志士たちの行動、第3部は新たな国づくりへの道です。
志士たちが如何なる社会に誕生し、教育を受け、言動し、道を貫いたか、今回の展覧会を通して我々日本人の生きる道を問いただす機会となれば幸いです。
※郷土資料館HPより
----------------------------------------------------------
水戸学(いわゆる尊王思想)が進んだ茨城県では、多くの志士たちが新しい時代を夢見て江戸や京都を目指しますが、特筆すべきは新選組の幹部にその名を連ねることです。
新選組発足と共に命を絶たれた芹沢鴨(せりざわかも:神道無念流/局長筆頭)、一時身を寄せ御陵衛士(ごりょうえじ)を立ち上げるも油小路(あぶらこうじ)で暗殺された伊東甲子太郎(いとうかしたろう:神道無念流・北辰一刀流/参謀)、奇しくも油小路を生き抜き明治の警察を盛り立てる甲子太郎の弟・三木三郎(みきさぶろう:改名前・鈴木三樹三郎/九番隊組長)など、本流の新選組幹部とは因縁深いながら、忘れてはならない幕末の英雄たちが、この霞ヶ浦周辺から生まれ出ているのです。
今回の企画展は伊東甲子太郎新選組入隊150周年記念となっているため、是非ともご覧になってみてください。
展示室はロビー正面やや左手の特別室で期間限定で行われています。
※休館日・展示品入替等ご注意ください。

ちょっと子どもたちには難しいかと思ったのですが、展示経路がうまく構成されているためか、4階までのんびりしっかり見学することが出来ました。
茨城県内観光施設で配布されている「漫遊いばらきスタンプラリー」をゲットしていれば入館料金も割引になりますので、訪問前にご用意いただいてお出かけになってみてはいかがでしょう。

□かすみがうら市郷土資料館
 TEL:029-896-0017
 茨城県かすみがうら市坂1029
 開館時間 9:00-16:30
 休館日:月曜日(祝日の際は翌火曜日)、12/28-1/1
 入館料:大人210円子ども100円
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの幕末歴史探訪(東日本編) を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/06/08 14:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4864-55c113f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)