FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2014・はにゅう(047/154・埼玉)
埼玉をぐるりと西から東へ巡っていたら、1つ訪ね忘れていたことに気づき、慌てて戻ってきました(笑)
当ブログでは恒例となりました夏から秋の風物詩「関東『道の駅』スタンプラリー2014」(開催期間平成26年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催16年目、参加7年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
DSCF1399.jpg
道の駅で300円で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみが増します。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとスタンプ以外にも魅力満載です。
2014年は「ご当地観光情報をチェックしよう!」と「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」の二つをキーワードに道の駅のスタンプを押してまわってみたいと思います。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2014」の訪問47箇所目は、埼玉県にある道の駅「はにゅう」です。
秩父鉄道と東武伊勢崎線の分岐点である羽生(はにゅう)駅から北に進んだ利根川の南岸にあります。
DSCF2015.jpg
利根川沿いで防災時の緊急対策室としても利用されることを考慮して造られた、少し特撮ヒーローの秘密基地を思わせる建物は、休憩室として利用できます。

一つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」から調査してみましょう。
マップ中央を流れる葛西用水路を彩る「葛西堤さくらまつり」にも惹かれますが、もう少し読み込んでみます。
DSCF2013_201408190658569d0.jpg

すると、道の駅の東西を挟むように東に「川俣締切跡(かわまたしめきりあと)」、西に「川俣関所跡(かわまたせきしょあと)」と言う県指定旧跡があります。
DSCF2014_20140819065856812.jpg
川俣締切跡は、1594年(文禄3年)に徳川家康(とくがわいえやす)の命令で、忍藩(おしはん)にて川筋を締め切る工事を行い、その後の水運の発達や水害の防止などに貢献したそうです。
川俣関所跡は江戸時代初期に設けられた関所で日の出に開門、日没とともに閉門したそうです。
関所では人質として江戸に置かれていた諸大名夫人の脱出を防ぎ、また鉄砲などの持ち込みを取り締まっていたとのことですが、現地に資料館らしきものが見当たりません。
残念ながら有形文化財となる古文書の川俣関所関係文書や関所関係用具については「県立歴史と民俗の博物館(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219)」や個人蔵とのことなので、散策がてら川沿いを歩いたら、折を見てさいたま市まで出向いてみようと思います。
ちなみに道の駅から南東へ5キロほど行った場所には図書館に併設された「羽生市郷土資料館郷土資料館(埼玉県羽生市下羽生948)」があるそうなので、そっちを先にするかもしれません。

二つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」はどうでしょう?
何となく個人経営のスーパーを思わせる店内のレジ右手の棚の高い位置で目を惹いたのは「さいたま羽生の黄金麦(税別954円/8個)」です。
DSCF2018_201408190658559ae.jpg
個別包装もあってそちらは税別106円でした。
土産物として羽生市の推奨品に選ばれており、全日空の機内で出されるお菓子にも選ばれたことがあるそうで、ちょっと気になりますね。

製造元は「株式会社ウィンズ・アーク(埼玉県羽生市大字秀安407/工場直売店)」さんで、1991年に創業した新進気鋭の洋菓子メーカーとして県内だけでなく県外からも注目されつつある企業さんのようです。
DSCF2016.jpg

利根川の堤防沿いにあり、散策にも便利なエリアなのですが、まだ歩いたことがありません。
もう少し涼しくなったら、時間を取って堤防周辺を歩いてみたいですね♪


□道の駅はにゅう
 住所:埼玉県羽生市大字上新郷7066
 TEL:048-560-1010
 開設時間 午前8時~午後8時
 休館日:1月1日
 標高:24m
 ウォシュレット:誰でもトイレのみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・16箇所目「はにゅう」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・はにゅう(012/147・埼玉)


◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で150名に3000円分、300名に1,000円相当の特産品引換券が、200名に道の駅オリジナルケータイストラップが当たります。
あわせて今年は、期間内の応募者全員の中から300名に新デザインのオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に150箇所(154箇所から日立おさかなセンター・南房パラダイス・富士川ふるさと工芸館・こすげを除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を154箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2014
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社栃の木ニュース
 TEL:028-610-8556
 問合せ:平日 9:00-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/08/17 16:30 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
イーモバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4970-be4f29cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)