銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2014・ほっとぱーく浅科(055/154・長野)
長野県の道の駅は数あれど、訪問する度に「地粉(じごな)」を欠かさず購入しているのはここだけです。
当ブログでは恒例となりました夏から秋の風物詩「関東『道の駅』スタンプラリー2014」(開催期間平成26年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催16年目、参加7年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
DSCF1399.jpg
道の駅で300円で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみが増します。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとスタンプ以外にも魅力満載です。
2014年は「ご当地観光情報をチェックしよう!」と「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」の二つをキーワードに道の駅のスタンプを押してまわってみたいと思います。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2014」の訪問55箇所目は、長野県にある道の駅「ほっとぱーく浅科(あさしな)」です。
上信越自動車道の佐久小諸ジャンクションから中部横断自動車道に入り佐久南(さくみなみ)インターから国道142号線中山道を西に進むと見えてきます。
DSCF2109_20140825070208552.jpg

一つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」から調査してみましょう。
駐車場側から館内への入口中央御あたりに大きな観光マップがあります。
以前訪問した日本に2つしかない五稜郭の一つ「龍岡城五稜郭」の情報を得たのもこちらの観光案内でした。
DSCF2107_201408250702084d3.jpg

旧信濃国には天領(てんりょう/江戸幕府の直轄地)が多かったこともあってか、参勤交代の際に利用された中山道沿いであるためか、今にその雰囲気を残す宿場跡が数多くあります。
近くでは千曲川を挟んで西に八幡宿(やわたしゅく)、東に塩名田宿(しおなだしゅく)がその姿を残しており、「塩名田宿本陣跡(佐久市塩名田1385-3)」などは、渡し場として栄えた土地柄の名残をを現在でも見ることが出来るそうで、訪問してみたくなりました。
DSCF2108_2014082507020756f.jpg

二つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」はどうでしょう?
海のあるエリアではあまり見かけない鯉(コイ)の甘露煮である「魚甲のこい巻(税込1,263円)」がステキです。
DSCF2110_20140825070206dfb.jpg

創業大正7年の「鯉の魚甲(魚甲本店:長野県佐久市原457)」は、千曲川の清冽で冷たい水で育てられた臭みが無く、適度に脂が乗って身が締まった旨い鯉として全国ブランドになっている「佐久鯉」をメインとした魚料理のお店です。
DSCF2112_20140825070205ad1.jpg
鯉は「渓流の美味」とされ、魚の中でも最も薬効が多く、「薬用魚」「療養魚」と言われるほど栄養価に富んでいるとのことのなので、お土産にいいかもしれませんね。

立派なお土産で舌鼓を打ちたいところですが、ついつい購入してしまうのが「2キロ入り地粉(630円)」です。
長野県産の小麦粉で、中力から強力のあいだくらいの粘り具合でしょうか、自宅で「囲炉裏焼タイプのおやき」を作る際にちょうどいい硬さになります。
実は長野県の「おやき」と言っても、家ごとに作り方が違うらしく、norizoの知り合いの作ってくれた「おやき」の生地は柔らかく蒸したものではなく、囲炉裏の灰の中に埋めて自然に焼きあがるカチカチのものでした。
よく作ってくれてお土産に持たせてくれたおばあちゃんも亡くなってしまい、そのルーツは定かではありませんが、北安曇郡のあたりの「おやき」ではないかと思われます。
最近では売っている所も見かけないため、自分で作るしかなくなっています。
囲炉裏がないため、フライパンや魚焼きグリルを使って復元しようと挑戦しているのですが、あの味は出ません。
しかし、生地のモチモチ感や粉の香りが、ここの地粉に近い気がするんですよねぇ。
具は炒めた野沢菜か茄子味噌炒めの2種類、その後に切干大根がレパートリーに増えていた気がしますが、カチカチおやきを売っている所って今でもあるんでしょうか?

ハナシが逸れてしまいましたが、こちらのエリアも歴史深い大好きな地域で、観光ガイドをもとに年中散策に来てしまっています。
地元を愛し、それを上手に教えてくれている気がするこの道の駅は、norizoの散策バイブルに相応しいスポットです。


□道の駅ほっとパ~ク・浅科
 住所:長野県佐久市甲2177-1
 TEL:0267-58-0581
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:火曜
 標高:687m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・125箇所目「ほっとぱーく浅科」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ほっとぱーく浅科(074/147・長野)


◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で150名に3000円分、300名に1,000円相当の特産品引換券が、200名に道の駅オリジナルケータイストラップが当たります。
あわせて今年は、期間内の応募者全員の中から300名に新デザインのオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に150箇所(154箇所から日立おさかなセンター・南房パラダイス・富士川ふるさと工芸館・こすげを除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を154箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2014
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社栃の木ニュース
 TEL:028-610-8556
 問合せ:平日 9:00-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/08/23 13:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
イーモバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認



関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4983-fca1e4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)