銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでデカ盛り…727軒目・甲府「フジヤマ55」
甲府にちょっとオシャレにつけ麺を楽しめる店があると聞き、オシャレでないズキマル君とnorizoで訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。
中央自動車道の甲府昭和(こうふしょうわ)インターから国道20号線甲府バイパスを南東に500mほど進んだ上り車線北側に姿を現すのが「FUJIYAMA55(フジヤマゴーゴー)」です。
交通量の多い中央分離帯のある道路に位置しているため、クルマでの下り線からの侵入は不可能なので、その際は店から150mほど南東の国母交差点から県道3号線昭和通りを北西に入り2軒目の釣具屋の脇の路地を200mほど進み、変則十字路を200m弱進むと国道手前の駐車場入口が西側に見えます。
土曜の夕方6時、開店を待って1番乗りで訪問してみます。
DSCF2681.jpg

黒が基調のスポットライトを使用した店内は、ラーメン店というよりはショットバーに近いオトナの雰囲気です。
しかし、入口には券売機が置かれており、まずはチケットを購入するところから始まります。
DSCF2684.jpg
麺のボリュームが特徴的で、サイズアップとして「中盛り(+100円/500g)」、「大盛り(+250円/750g)」、「フジヤマ盛り(+400円/1キロ)」となりますが、嬉しいことに大盛りとフジヤマは麺のサイズに合わせスープも量を増やしてもらえるので、「食べていたらスープが足りない」なんてことは、ほとんどないそうです。

1ヶ月に3回で無料券が1枚もらえて、以降の来店回数によって、割引や無料券がポイントサービスを行っており、通い続けると最大で1ヶ月間つけ麺が無料で食べられるようになるそうです。
(※2014年10月現在の情報です。)
DSCF2683.jpg

店内にはカウンター席と2人がけ・4人がけのテーブル席が合計40席ほどありますが、客席中央の厨房向かいほどの場所に高めの棚が置かれ、生卵が山積みになっています。
これもこの店の特徴で、つけ麺を食べ終わった際のスープにご飯を入れ、生卵をかけてダシを再加熱しておじやの様に頂くためのサービスで、一人一個をセルフサービスでもらう事が出来ます。
DSCF2685_201410070741587fa.jpg
入口で購入したチケットを渡し、タマゴの棚の先の柱の奥の2人がけ席をお借りして出来上がりを待ちます。

注文したのは最大サイズの1つしたの「つけ麺大盛り(780+250円)」です。
DSCF2687_20141007074157066.jpg
10分少々で運ばれてきたのは、大き目のドンブリを埋め尽くすように盛り付けられた固ゆでキンキンの太麺と、金属のボウルのような深めの器に入ったドロリとした濃厚スープ、それに小さめの茶碗に山盛りにされたツヤツヤご飯です。
(※「小ライス(50円)」がつけ麺のセット内容に含まれています。)
食べログに無料トッピングのサービスがあったので「味玉(通常100円)」を載せてもらいましたが、半熟のトロリとした美味しいタマゴです。
スープの具には太目のシナチクと味噌汁の豆腐ほどのサイズにカットされたチャーシューがゴロゴロ入っています。
スープの上の魚粉とネギは好みでかき混ぜるようですが、コレと言った説明も無かったので有無を言わさず混ぜてしまいました(笑)
サイズアップした「500g」の「大盛り」麺は「茹で上げ後」サイズなので、同種のつけ麺チェーン店の「茹で上げ前」に比べると安心できるボリュームです。

この店の特徴は、各席に用意されたIHコンロ(電磁調理器)でスープの温め直しができると言う点です。
スープだけの温め直しも出来ますが、固ゆでの麺なので、麺ごとアツアツにすることもできます。
普通のつけ麺だけでなく、熱盛り風にも楽しめるのでちょっと嬉しいです。
麺を入れたスープに頂いた生卵を溶き、IHで温めると、なんだかつけ麺ではなくカルボナーラを食べているようで、これまた得をした気分になります。
さらに、麺を食べ終えたら、スープにご飯を入れて、もう一度再加熱すると、おじやの出来上がりです。
おじやと言うよりはこちらも「リゾット」と言いたくなるような洋風な雰囲気で、1つの料理をコレほど楽しめると言う機会には、この費用では出会った事がありません。

親子で1杯を食べさせていただきましたが、スープの最後の一滴まで余すことなく美味しくいただく事が出来ました。
かといって、ワンサイズ上の最大サイズ「フジヤマ」に挑戦できるかと言うと…親子でも完食できる気がしません(笑)
美味しく最期までいただくには、まずは「中盛り」あたりからスタートしてみるのが適切な判断かもしれません。
満足の一杯を食べ終え、次回はラーメン系に挑戦してみたいと言う密かな野望を抱きつつ、再訪を誓い店を後にしました。


□フジヤマゴーゴー(Fujiyama55)
 TEL:055-223-2355
 山梨県甲府市国母5-20-22
 営業時間 11:30-15:00,18:00-24:00
 定休日:無し(年末年始除く)
 駐車場あり

フジヤマゴーゴーつけ麺 / 国母駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪
また、最近のズキマル君の写真は「イエス!フォーリンデブ★」のはっしーさんに感化されています。

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/10/05 18:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5048-e1f28eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)