銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2014・たまつくり(114/154・茨城)
道の駅からすぐのところにある「霞ヶ浦大橋」を徒歩で歩いてみたら、往復2キロもあって驚きました。
当ブログでは恒例となりました夏から秋の風物詩「関東『道の駅』スタンプラリー2014」(開催期間平成26年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催16年目、参加7年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
DSCF1399.jpg
道の駅で300円で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみが増します。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとスタンプ以外にも魅力満載です。
2014年は「ご当地観光情報をチェックしよう!」と「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」の二つをキーワードに道の駅のスタンプを押してまわってみたいと思います。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2014」の訪問114箇所目は、茨城県にある道の駅「たまつくり」です。
関東最大の淡水湖「霞ヶ浦(かすみがうら)」の北側を東西に走る国道354号線の、霞ヶ浦を渡る霞ヶ浦大橋の東側に位置するのどかな田園地帯にあります。
DSCF2835.jpg
10月中旬の土曜日の深夜に開館待ちで訪問し、仮眠をとってみましたが、交通量も少なく快適な夜を過ごせました。

一つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」から調査してみましょう。
駐車場内に観光マップは見当たりませんが、道路を挟んだタワーのある側のレストランの裏に大きな観光マップがありました。
DSCF2836.jpg
まるで海の続きのような霞ヶ浦は、マップ上を大きく締めています。
駅名の「たまつくり」は、鎌倉時代以降この地を治めた「玉造氏」の名残で、近隣には玉造城址(県指定重要文化財「大場家住宅(茨城県行方市玉造甲4533)」の裏山)も残っています。
室町時代の剣豪として堺雅人(さかいまさと)さんが主演したNHKのBS時代劇「塚原卜伝(つかはらぼくでん)」では、仮面ライダー系イケメン俳優の松田悟志(まつださとし)さんが鹿島神宮を守護する鹿島家の家臣・玉造常陸介(たまつくりひたちのすけ)を好演していましたが、彼が守ったのがこの地です。

室町から江戸期にかけての戦国期ネタや幕末の新選組の英雄たちに事欠かないエリアですが、それらをひっくるめて知るには鉄筋コンクリート製の模擬城郭「かすみがうら市郷土資料館(茨城県かすみがうら市坂1029)」がオススメです。
DSCF2838.jpg
入館料は大人210円子ども100円ですが、入口すぐの企画展では、茨城を代表する偉人たちの特別展が行われていることもあります。

二つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」はどうでしょう?
市内ではありませんが近隣の素材を使った「メロン羊かん・芋羊かん(各税込440円)」が目に止まりました。
DSCF2841.jpg

製造は茨城屈指のお菓子メーカー「亀印製菓(茨城県水戸市見川町2139-5)」さんです。
DSCF2840.jpg
創業1852年(嘉永5年)に創業者の林亀吉さんがが水戸で梅干の製造を主とする漬物商を営み始めたのが発端で、1892年(明治25年)から菓子作りを始めたそうです。
茨城銘菓として関東近県の方なら一度は見たことがある赤ジソで白餡を包んだ「水戸の梅」は同年に市販化されたもので120年以上も愛され続ける茨城を代表するお菓子ですから、どのお菓子をお土産に選んでも間違いはないでしょう。

茨城県は自他ともに認める「観光PR下手」な県ですが、戦国前期には「塚原卜伝」、幕末には「新選組」系だけでも初代局長「芹沢鴨(せりざわかも)」や、参謀「伊東甲子太郎(いとうかしたろう」などなどスゴい英雄をたくさん輩出しているエリアなだけに、隠れた名所を散策するのも楽しいと思います。
日頃のしがらみに疲れたら、歴史小説を片手に、この道の駅を拠点に少し歴史探訪などしてみてはいかがでしょう。


□道の駅たまつくり
 住所:茨城県行方市玉造甲1451-1
 TEL:0299-36-2781
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:1月1日~1月3日
 標高:3m
 ウォシュレット:館内誰でもトイレのみ
 イーモバイル(3G):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・34箇所目「たまつくり」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・たまつくり(020/147・茨城)


◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で150名に3000円分、300名に1,000円相当の特産品引換券が、200名に道の駅オリジナルケータイストラップが当たります。
あわせて今年は、期間内の応募者全員の中から300名に新デザインのオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に150箇所(154箇所から日立おさかなセンター・南房パラダイス・富士川ふるさと工芸館・こすげを除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を154箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2014
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社栃の木ニュース
 TEL:028-610-8556
 問合せ:平日 9:00-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/10/13 12:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
イーモバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5070-bd885775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)