銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2014・みまき(132/154・長野)
施設の建替え前はのんびりした山小屋風の建物でしたが、今や近代的な施設に生まれ変わった道の駅は…開店時間が思ったより遅く、店の前でぼんやりと待つことになりました(笑)
当ブログでは恒例となりました夏から秋の風物詩「関東『道の駅』スタンプラリー2014」(開催期間平成26年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催16年目、参加7年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
DSCF1399.jpg
道の駅で300円で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみが増します。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとスタンプ以外にも魅力満載です。
2014年は「ご当地観光情報をチェックしよう!」と「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」の二つをキーワードに道の駅のスタンプを押してまわってみたいと思います。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2014」の訪問132箇所目は、長野県にある道の駅「みまき」です。
JR八ヶ岳高原線としなの鉄道の小諸(こもろ)駅から千曲川(ちくまがわ)に併走する県道40号線を西に進むと、入浴施設や病院を併設する、ちょっと道の駅らしくない近代施設群が顔を出します。
DSCF3020.jpg

一つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」から調査してみましょう。
観光マップは道路を挟んだ南側のトイレ棟がある側の駐車場の奥に設置されています。
DSCF3025.jpg

東御市と言うと、越後から江戸へ向かう北国街道沿いの宿場町であり重要伝統的建造物群保存地区の「海野宿」が有名ですが、「合宿」としてすぐ隣にあった「田中宿」と「田中駅(長野県東御市田中279 )」の歴史に興味がわきます。
DSCF3026.jpg
宿場町としての機能を失いつつあった明治期、隣の海野宿では養蚕業が盛んになりつつありました。
この際、海野宿だけでなく諏訪地域の蚕糸業者も横浜への輸出のための交通手段を必要としており、海野宿に鉄道計画が持ち上がります。
しかし、当時は鉄道(汽車)の煙が養蚕にダメージを与えるとして住民からの反対があったため、代わりに出来たのが田中駅で、1888年(明治21年)末に横浜までの直送が可能になるとして開業すると、田中駅周辺は大いに賑わったそうです。
その後の業者からの陳情により、より活用しやすい国道沿いに直結する大屋駅が1896年(明治29年)に完成し、上田駅と接続されると田中駅の流通的価値は低下していきます。
国内初の「請願駅」として経済産業省の近代化産業遺産に認定された大屋駅、重要伝統的建造物群保存地区の海野宿に比べ、歴史に翻弄されあまり表舞台に立つことのなかった、田中駅と田中宿の存在は、日本人としての気質なのか何とも愛おしく感じられます。
資料や史跡も少ないようですが、一度は歩いてみたいエリアです。

二つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」はどうでしょう?
信州のお土産で一度は口にしたことがあるであろう和風果汁ゼリーの「みすず飴(税込980円)」は、ノスタルジックながら大好きな郷土菓子です。
DSCF3027.jpg

製造元は「飯島商店(長野県上田市中央1-1-21)」さんです。
DSCF3030.jpg
創業当初は灯火用の油を扱っていたこの店の歴史は、分かる限りでも1816年(文化13年)の北国街道沿いの古地図にその名を連ねており、1900年(明治33年)には洪水で水没した冠水米から水あめ製造を開始し、信州特産の果物の果汁と寒天を水飴に加えて製する「みすゞ飴」を考案、信濃の国を名実ともに代表する甘露としてまたたく間に全国へとその名を知られていったそうです。
1924年(大正13年)に建設された上田駅から徒歩2分の旧・飯島商店本社ビルは現在店舗として利用されていますが、平成19年には国指定登録有形文化財になり上田を代表する観光スポットになっているそうなので、こちらにも訪問してみたくなります。

のんびりした物産販売所は入浴施設の入口も兼ねており、どちらかと言うとそちらがメインにも感じます(笑)
静かな道の駅なので、入浴後にもゆっくりでき、ついついそのまま朝を迎えてしまいそうなフシギなヒーリングスポットです。


□道の駅みまき
 住所:長野県東御市布下35-4
 TEL:0268-67-3467
 開設時間 午前10時~午後4時
 休館日:第3木曜
 標高:560m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(3G):◎
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:有(10:00-22:00)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・124箇所目「みまき」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・みまき(073/147・長野)


◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で150名に3000円分、300名に1,000円相当の特産品引換券が、200名に道の駅オリジナルケータイストラップが当たります。
あわせて今年は、期間内の応募者全員の中から300名に新デザインのオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に150箇所(154箇所から日立おさかなセンター・南房パラダイス・富士川ふるさと工芸館・こすげを除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を154箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2014
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社栃の木ニュース
 TEL:028-610-8556
 問合せ:平日 9:00-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/10/25 9:30 天候:曇り
測定値:0.07μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
イーモバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5096-2280b58b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)