銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしのクリスマス特番2014「サンタとプレゼント」
中学生になったモカさんから「お父さん、中学生になったらサンタさんは来ないと思うからプレゼントにスマホ買って欲しいんだけど」と、夢のない相談を持ちかけられました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

お子さんのいるご家庭で、有耶無耶(うやむや)にしておくと良い結果にならないのがサンタクロースとプレゼントについての問題ではないでしょうか。

「サンタさんはどこから来るの?」
「お母さんはどうやってサンタさんに欲しいものを伝えているの?」
「煙突がないのにどうやって入ってくるの?」
「なんで祖父母からはプレゼントがもらえるのに両親はプレゼントをくれないの?」


などなど、核心に迫るお子さんからの質問に曖昧に答えるのは教育上、好ましくありません。

家庭環境により説明方法が違うかもしれませんので、まずは我が家の前提条件からお話ししておきましょう。
そもそも我が家では2学期の終業式の夜に旅に出てしまうことが多く、自宅でクリスマスを迎える経験がほとんどありません。
そのため、サンタさんは出先にプレゼントを持ってきてくれたり、自宅の枕元に置いてあったりと、その年々で訪問先が違っています。
サンタさん以外でプレゼントをくれるのは、
・祖父母(1,000~3,000円の希望品・一部両親負担)
・お父さん(1,000円程度の玩具や文具)
・ヨメさん(500円程度のお菓子や文房具)
となり、本命のサンタさんからは500~3,000円程度の「本人の望む望まないかかわらないに何か」が贈られます。
と、数だけで言ったらヨーロッパのクリスマス並ですが、その総額は5,000円未満とそれほど裕福な環境ではありません。


また、我が家の大人は、残念ながら誰もサンタにプレゼントをお願いする方法を知らないため、自身が強く念じるしかありません。
あわせて、お父さん(norizo)はここ7年ほど子どもたちのいる前で、サンタクロースに「朝起きたら隣に長澤まさみちゃんがいて欲しい♪」とお願いし続けています。
しかし、まだ1度も実現していません。
そろそろ、サンタクロースの存在を疑う時期でもありますから今年は「サンタが来なかった時用」にお父さんからのプレゼントを用意してみました。
こんな現状を鑑みつつ子どもたちのイメージについてヒアリングしてみます。

まずは、子どもたちがどう考えているのかをまとめてみましょう。
我が家には小3のズキマル君と、中1のモカさんがおります。

はじめにズキマル君の「サンタクロース論」をまとめてみましょう。
彼には4歳上の姉がいるため、大きく彼女の意見に左右されるところがあります。
・サンタは生活に役立つものをプレゼントとして持ってきてくれる。
・自分の欲しいものはもらえなかった事が多い。
・父を見る限り、人間はもらえない。
・お姉ちゃんいわく妖精なので、煙突がない家でも壁抜けできる。

なるほど、夢を持ちながらも現実の厳しさを感じ取る小学3年生に育っています(笑)

ではモカさんの「サンタクロース論」はどうでしょう。

彼女の場合は、四国のバンガローでプレゼントをもらったり、プレゼントがなかったために祖父母に電話をかけて自宅の枕元にプレゼントがあることを確認したりと、これまた普通のうちとは違うプレゼントの受け取りの経験をしています。

そんなモカさんの昨年の「サンタクロース論」はこうでした。
・サンタは妖精や精霊の類のため、霊感が強かったり何かきっかけがないと見ることは出来ない。
・精霊だから見えないが、言っていることは相手には聞こえている可能性がある。
・プレゼントはもらうべき子どもの手元に行くまでは、サンタ同様の構造であるため壁を透過することも可能。
目視できるサンタは人型とは限らないし、人に乗り移っている場合もある。
・何が届くかはわからないが、なんとなく日常に置いて使い道のあるものが届くので、クリスマス前の生活雑貨の購入は控える。


また、そんなモカさんから当時こんな仮説を提供してもらいました。
「明治時代以前の日本にはサンタは来なかったのか?」
なるほど、スゴい疑問ですが、当人がそれに関する仮説を立てていました。
これは先だって記載した彼女の新しい仮設「目視できるサンタは人型とは限らないし、人に乗り移っている場合もある。」が有効なようです。
雪の降る季節に、金銀財宝などをプレゼントしてくれたケースが日本にも言い伝えられています。
「鶴の恩返し」では雪降る夜に鶴を助けた若者の家に煌びやかな布を織りに女性がやってきます。
「かさ地蔵」では雪深い年末にお地蔵様がソリに金銀財宝を載せてやってきます。
明りの乏しい中世において、「深夜の相手がどこまで見えたのか」と、口伝えの伝承の中で「聞いた相手が認識できるものへと変化を遂げたのではないか。」と言うのが彼女の今年の持論です。
つまり、この時代に「サンタクロース」という認識がなかったために、当時の人々が想像し得る存在へと置き換えられたのだろうと言うのです。
彼女の持論には大いに賛同できる部分が多く、「精霊だから見えないが、相手には聞こえている可能性があるので悪口は言わない。」と言うスタンスは感激していました。

しかし今年、中学校に入り移り行く周囲の環境を肌で感じつつある中で、父の「そろそろサンタさん来ないんじゃないの?」と言う言葉に影響された彼女は
「中学生になったらサンタさんは来ないかもしれないからプレゼントにスマホ買って下さい。」
と言う答えに辿り着いたようです。
その上、売り言葉に買い言葉だったのか、
「間違ってサンタさんからプレゼントが届いちゃったらお父さんにあげるよ。」
などと言って来ます。
「じゃあ、スマホ返せよ。」と言うと、
間髪入れずに「ヤダ」と言われました。

さて、ここであらためて、子どもたちから聞こえてくる質問にnorizoなりに答えてみましょう。
※回答は昨年と同様ですが…

「サンタさんはどこから来るの?」
回答例)
国際的には北極圏のナントカって村にいるらしいが、恐らく人間ではないんでしょう。
しかし、知ってもらうことは大事なので小人の名前とか奥さんがいるとかは一応調べた上で一般論として伝えます。
お子さんが小さいうちにサンタクロースに関する情報を家族で一緒に絵本などを読んで調べるなんて言うのも、素晴らしい時間の過ごし方です。

「お母さんはどうやってサンタさんに欲しいものを伝えているの?」
回答例)
サンタさんがあなたに必要だと思うものと、あなたがほしいものが一緒だとは限らないけれど、とりあえずメモか何かで12月に入ったら枕元に書いておくことを勧めています。
きっと、あなたの知らないところで、あなたの欲しいものと、それをプレゼントするにふさわしい子どもであるかどうかを見てくれているはずです。
「じゃあ、サンタさんに伝えておくね」は、お子さんが特定の年齢(ウチのモカさんも同様)を迎えた時点で「お母さんは異界のものと話せると言っているフシギちゃん」(または「両親がプレゼントをくれたんだ(泣)」)になってしまいますので多用は厳禁です。

「煙突がないのにどうやって入ってくるの?」
回答例)
どうやら精霊や妖精の類らしく、煙突がなくても、鍵とか雨戸とか関係なく入って来ることが可能なようです。
恐らく、昔のヨーロッパの家には煙突があり、人間に近い容姿のサンタを「霊感の強い人」が見た折に、サイズから判断して「煙突から入ったんだろう」と考えたことが、偏見ながら一人歩きしてしまったんでしょう。
ただ、プレゼントに不満を言えば多分近くにいて聞こえているので、すごく嫌な思いをしていると思います。

「なんで祖父母からはプレゼントがもらえるのに両親はプレゼントをくれないの?」
回答例)
ケーキや料理がプレゼントのつもりでいたんだけどなぁ…と漏らしつつ、何か小物や雑貨でも買ってあげてみてください。
その際お選びになる方が、その子に読んでもらいたい内容の「本」をプレゼントに加えてみてはいかがでしょう。
意外と、子どもたちは送り主のそんな思いに応えてくれたりします。

◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★
今回、事前にモカさんにこの記事を読んでもらい、彼女の言葉がどう伝わっているかを認識したところ、半べそをかいて「そんなつもりじゃないよ。」と言っていました。
多少修正してからの公開となりましたがあらためて、言葉によるコミュニケーションの不安定さを思い知る部分をお互いに感じました。
しかし、これを機に彼女やnorizoの発する言葉が相手に伝わるように変化していくかどうかは、これからの家族間のコミュニケーションにおける部分が大きいと思われます。
出来ることなら、イヤな話しでも、きちんと子どもたちに伝えていける父親でありたいと思います。
◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★ ◇ ★

毎年恒例になっていますが家族でサンタクロースについて話し合ってみると、子どもたちの成長を実感できる有益な時間であったことを感じられました。
皆さんのうちのクリスマスが今年も幸せでありますように♪

過去の子どもたちとのサンタ論
銀色テントむしのクリスマス特番2012「サンタとプレゼント」
銀色テントむしのクリスマス直前企画2013「サンタとプレゼント」

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2014/12/24 12:00 天候:晴れ



関連記事

テーマ:クリスマスプレゼント - ジャンル:育児


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5148-fac55a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)