銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















そうだ、四国へ行こう!~往復費用比較~
12月のはじめに、ズキマル君から「今年の冬休みはドコに行くの?」と聞かれ、家族会議が開催されました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

何かとトラブルが続き、すっかり忘れてしまっていましたが、norizo一家は今まで毎年恒例でクリスマス前後にはドコかに旅していました。
そこで、久々にモカさんやヨメさんにも声をかけ、みんなで旅行することになりました。
まずは滞在エリアを決め、訪問目的はいつも通り「名城」・「SL」・「デカ盛り」を探すことにします。
滞在エリアについては「久々に路面電車にのんびり乗りたい。」と言うズキマル君の追加キーワードを受け、湯の川線(北海道)・とさでん(高知)・伊予鉄(愛媛)・長崎線(長崎)・熊本線(熊本)・鹿児島線(鹿児島)など、本州以外の路線に注目が集まります。
北海道は片道1,000キロとフェリーを乗り継ぐ上に雪の影響が考えられ、九州は片道1,200キロ以上の長距離コースになることから、間を取って四国を目指すことにしました。
あとは愛媛にするか、高知にするかです。
今回は、路面電車で「日本百名城」を2つも巡ることが出来る伊予鉄の通る愛媛県に行くことにします。

次に考えるのは宿選びです。
「テントむし」はキャンピングカーとは言え、軽自動車なので家族4人の快眠は期待できないため、往復の仮眠以外は宿泊施設の併用が好ましいのです。
食事は「デカ盛り探し」の外食が基本となるため、夕食は不要です。
また、路面電車に乗るという目的も考えると、路面電車沿線の宿がベターです。
とにかく眠ることが目的ですので、相部屋でなければとにかく「安く泊りたい。」と言う選び方になります。
宿選びに使うのは「楽天トラベル」です。

モカさんが中学生になり、大人3人子ども1人になりましたが、調べてみると…ダブルベッド2台1部屋バストイレ朝食付きで2泊税込20,904円(2,613円/1名1泊)の「ホテル松山ヒルズ」と言う宿を見つけ、早速予約しました。


食事や観光先は後で考えるとして、交通費と往復の運転時間を計算してみます。
滞在エリアまでの片道距離はおよそ850キロ、ズキマル君と二人の下道旅ならテントむしは14キロ/リッターほど走れますが、4人乗りの高速道路使用になると9キロ/リッターまで燃費が低下します。
となると往復に必要なガソリンはおよそ190リッターとなり、高速道路での給油を考えるとレギュラー単価は160円ほどとなり、概算燃料費はおよそ31,000円と考えられます。
次いで高速道路料金ですが、軽自動車とは言え長距離でかつ割引率が低くなってしまったため、スタートを前日の夜間にしても往路12,900円、帰りは平日の日中の運転となるため復路19,200円程度の料金が考えられます。
往復のみで交通費合計は約63,000円と、なかなかのものです。

しかし、自分の予定を確認してみると、前日の帰宅時間は頑張っても午後7時過ぎとなり、ダッシュで午後8時にスタートしても眠らずの運転でも愛媛到着は午前8時となってしまい、とても観光どころではありません。
それならば、公共交通機関で往復を考えてみてはどうでしょう。
確かに、観光地での移動エリアは制限されますが、レンタカーなどを併用すれば、そこそこの交通費で済むかもしれません。
またまた登場したのは「楽天トラベルのバス予約」です。

調べてみると、新宿21時半発・翌朝9時松山着のゆったり座席便が家族4人で片道31,300円(大人8,800円子ども4,900円)です。
しかも、到着場所が宿泊予定のホテルの目と鼻の先です。
当初の交通費から考えても「自分が運転しなくていいから眠れる」、「翌朝からしっかり1日観光できる」と言うメリットは大きいです。
帰りもバスを考えましたが、仕事当日の朝7時半の新宿着だったので、コレは諦めました。
調べてみると、松山空港発成田空港行きのジェットスター便が19時半発21時着で家族4人31,960円(7,990円/人)であることを発見しました。
これなら、往復交通費が自分の運転して向かう費用とほぼ遜色ありません。
今回は「テントむし」との旅よりも、「家族との時間」を優先することにしました。

確かに、バスと飛行機代だけであれば、自車での移動と同等額に見えましたが、飛行機の予約にはいろいろとコストがかかるのが誤算でした。
飛ばない場合のリスクを考えバリューオプション(遅延保険10,000円+座席指定+900円分バウチャー)が4人分で5,920円(1,480円/人)をセットしないと不安であったことと、支払手数料1,720円(430円/人)、それに成田空港から自宅最寄り駅までの交通費約8,000円です。

合わせて現地のレンタカー代が4,700円(1日のみ)かかりましたので、結局のところ実質往復交通費約84,000円となってしまいました。
しかし、往復とも夜行バスを利用していたら往復交通費は67,300円(レンタカー1日コミ)ですから、家族4人と言えども、ここまでの距離となると自家用車での訪問のメリットは少ないのかもしれません。
これが3人以下となれば、なおの事メリットが出ません。
※車中泊するなら2万円浮きますが、カラダが休まりません(笑)

すべての予約を終えて、いよいよ旅の準備が整いました。
久しぶりの長距離家族旅行ですが、今回はどんなことが待ち受けているのでしょう…

次回からの訪問記をお楽しみに♪


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/12/22 19:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:旅の情報・準備 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5159-add3eba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)