銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・53箇所目「宇和島城」
現存天守を残す数少ない百名城の一つに、やっと訪問することが出来ました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

四国と言えば鶴姫(つるひめ)や長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)のイメージが強かったのですが、東北の雄・天下の副将軍伊達正宗(だてまさむね)の子孫が継いでいる城が「宇和島城」であることに驚きます。
date02.jpg
しかも、幕末まで続く名家だったようで、現存天守につながる熱き血統を感じます。

宇和島城の東側、国道56号線から信号を西に入るとコインパーキングの先にその姿を見せるのは「桑折氏武家長屋門(こおりしぶけながやもん)」です。
DSCF3418.jpg
静かな門構えの先には勾配の厳しい石段の道が続いています。

夜間は歩くのがコワそうな急な石段を登っていくと頂上に本丸があるとのことで、およそ500m弱の散策のスタートです。
DSCF3423.jpg

まずは「井戸丸門(いどまるもん)跡」の先に見えてくるのが貴重な史跡の「井戸丸」です。
DSCF3425.jpg
直径は2.4m、深さは11mもあり、当時を思わせるダイナミックな水路です。

その先には宇和島藩の武器庫として利用されていた「城山郷土館」があります。
DSCF3431.jpg

1845年に木造切妻造りで建造され、城主の子孫の伊達氏より昭和41年に譲渡され、移築の上、資料館として利用されることになったそうです。
歴史ある建物なのに入館料が無料とは驚きです。
DSCF3433.jpg
館内には江戸時代から昭和初期頃に使われたと思われる民具が展示されています。

もう少し石段を登ると、そこには小さいながらも当時の面影を今に残す天守閣が姿を現します。
DSCF3434.jpg

サイズはコンパクトですが、1666年(寛文6年)に建築された独立式層塔型三重三階の美しい姿は見るものを魅了します。
DSCF3435.jpg

天守への入館料は大人200円子ども100円とリーズナブル、お城初心者でも十分に価値を感じることを出来ることと思います。
「名城100選」スタンプは入口右手すぐのところに用意されていました。
DSCF3438.jpg

当事の壁や柱も美しいながら展示資料も充実しており、子どもたちでも楽しめます。
ただ、当時の仕様ですから、階段が急なので足腰に不安のある方や高所恐怖症の人にはキビしいかもしれません。
DSCF3441.jpg

戦国時代に立て籠もりを意識した天守に開放的な窓はありませんが、四方に広がる美しい景色は一度見ておく価値があります。
DSCF3446.jpg

関東や関西都心部からでも訪問に時間のかかるエリアではありますが、それをおしても余りある美しさと保存状態を知れば、一度ならず幾度も訪れてみたくなる、まさに「名城」です。


□宇和島城(うわじまじょう)第83番
 訪問先名称:城山公園
 TEL:0895-22-2832
 住所:愛媛県宇和島市丸之内1
 開館時間:9:00-16:00(夏季延長)
 休館日:なし(城山郷土館は月曜)
 入場料:大人200円子ども100円
 駐車場:100円/1時間
 通称:鶴島城、板島城、丸串城
 主な城主:藤堂氏、伊達氏
 スタンプ設置場所:宇和島城天守


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示


見どころ
国の重要文化財(現存天守)
宇和島市文化財(上り立ち門)

ワンポイント
【戦国期】
天正13年(1585年) 豊臣秀吉の四国討伐により、小早川隆景の所領となり持田右京が城代となる。
天正15年(1587年) 隆景は筑前国に転封となり、戸田与左衛門が城代となった。
文禄4年(1595年) 藤堂高虎が宇和郡7万石を与えられ入城。
慶長元年(1596年) 高虎、大改修に着手。
慶長6年(1601年) 現在の姿の城が完成し宇和島城と名付けられる。
慶長19年(1614年) 伊達政宗の長男(庶子のため嫡子ではない)・伊達秀宗が10万石で入封。
【幕末期】
明治4年(1871年) 明治政府により城は兵部省に帰属。大阪鎮台の所管となる。
明治33年(1900年)頃から櫓・城門などが解体される。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2014/12/23 13:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5162-8bdb8c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)