銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・56箇所目「松山城」
幾度か訪問しながらも、壮大なため訪問を先延ばしにして坂の下から眺めていた現存天守に、ついに訪問してみるべく坂を上ってみる事にします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg
※今回はテントむしはお留守番です。

JR予讃線の松山(まつやま)駅から東へ、伊予鉄の松山市(まつやまし)駅から北へまっすぐに進むと山の上に見えてくるのが築城から400年以上の歴史を持つ「松山城」です。
伊予鉄の路面電車・大街道(おおかいどう)駅から北のロープウェイ街(商店街)に入って「東雲口登城道」からロープウェイで長者原まで登るのが一般的です。
今回はマニアックに伊予鉄城北線の清水町(しみずまち)駅から南の平和通りを渡り、愛媛県警本部第二庁舎や合同庁舎のある若草町の「古町口登城道」の石段を登ってみることにします。
DSCF3713.jpg

特に有名な大きな天守を持つ城は、多くの方がメインストリートの情報をレビューしてくれていることが多いため、好んでこうした地元の方の通るルートを選んでみるようにしています。
また、こうした道の多くは山林を切り開いているため、夏場は涼しいながら虫と戦わなければならず避けなければならないため、冬場の登城の際に選んでいるルートです。
DSCF3717.jpg

スタンプラリーに参加し始めたころは、およそ1時間もあれば満足していたものですが、現存天守を残す大きな城郭となると半日がかりでも納得の行く見学が出来なくなりました。
特に松山城は、保存部分も多く当時を今に残す貴重な資料としての価値も高く、以前のような「天守から景色を眺める」と言う見学の仕方から、「どのように利用しようとしたのか」を少しだけ考えるようになり、子どもたちには迷惑ながら石段の石積みにさえ足を止めてしまいたくなります。
DSCF3720.jpg

のんびりと山を登りながら美しい城の造形を楽しみつつ、天守閣近くに来ると、初めてその先が有料エリアになります。
外郭は無料なので、散策するだけでも十分価値がありますが、やはりここまできたら登城せずにはおれません。
入城料金は大人510円子ども150円です。
ロープウェイとセットだとちょっとお高めに感じた価格も、徒歩で向かえば一般的な価格です。
いや、むしろこれだけの規模の保存から考えると安いくらいかもしれません。
DSCF3724.jpg

「日本100名城スタンプ」はチケット販売所のすぐのところにあるので、忘れずに押しておきましょう♪
DSCF3726.jpg

有料エリアに入ると、外からは見えなかった、戦国時代の戦闘に対する構えが強く感じられます。
DSCF3727.jpg

この門を戦闘員としてではなく観光で訪問できたことを嬉しく思います。
DSCF3734.jpg

建物内は現在では手に入れることが難しいであろう太い柱や梁で巡らされ、堅固なつくりとなっています。
展示も素晴らしく、子ども達が飽きなければ日が暮れるまで柱のキズの一つ一つまで見て回ってしまいそうですが、それはまた次の機会になりそうです(笑)
DSCF3740.jpg

それにしても、天守から眺める景色はやはり最高です。
城にほとんど興味がなかった頃から、こうした景色だけには感動を覚え、いまだに多くの城を回っている気さえします。
DSCF3743.jpg

日本でも数少ないたくさんの建築物を残す城だけに、天守閣を見学したあとにも多くの櫓や門を楽しめるのは、松山城ならではの楽しみかもしれません。
DSCF3753.jpg

帰路は大手門跡を通り、二之丸史跡庭園の脇を抜けて愛媛県庁へ至るルートを歩いてみましたが、こちらは勾配がキツく、下りであったことをラッキーに思いました。
日本に数少ない現存天守を持つ城の中でも、山城として特に大きな規模を誇る城であり、城好きだけでなく万人に愛される建築物であると思います。

百名城めぐりを始めて半数ほどをこなしましたが、中でももっとも時間をかけて歩きたい城として認識することが出来ました。


□松山城(まつやまじょう)第81番
 訪問先名称:松山城
 TEL:089-921-4873
 住所:愛媛県松山市大街道3-2-46
 開館時間:9:00-16:30(夏季延長)
 休館日:12月第3水曜日
 入場料:大人510円子ども150円
 駐車場:410円/2時間
 通称:金亀城、勝山城
 主な城主:加藤氏、松平(久松)氏
 スタンプ設置場所:松山城天守入口


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示
見どころ
国の重要文化財:大天守、野原櫓・乾櫓・隠門続櫓など櫓6棟、戸無門・隠門・紫竹門・一ノ門など門7棟、筋鉄門東塀など塀7棟
再建造物:小天守、北隅櫓、十間廊下、南隅櫓、太鼓櫓、筒井門、太鼓門、乾門、艮門東続櫓など

ワンポイント
【戦国期】
1602年(慶長7年)加藤嘉明が平山城の築城に着手した。
1603年(慶長8年)10月、加藤氏により、「松山」という地名が公式に誕生した。
1627年(寛永4年)加藤氏は転封となり、蒲生忠知が24万石の松山藩主になる。
1635年(寛永12年)蒲生家断絶により松平定行(久松松平家)が15万石の藩主となる。
【幕末期】
1868年(明治元年)土佐藩が松山城を受領・保護。
1870年(明治3年)失火により三之丸焼失。
1871年(明治4年、廃藩置県により松山藩から松山県となる。
1871年(明治4年)失火により二之丸焼失。
1873年(明治6年)廃城令により、主に麓の城門・櫓・御殿など城外に払い下げられる。愛媛県が成立。
1923年(大正12年)松山城(本丸)が旧藩主家の久松家へ払下となり松山市に寄贈される。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2014/12/25 13:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5178-1736777a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)