銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの動態SL…伊予鉄「坊ちゃん列車」
愛媛県の松山市を走る伊予鉄の路面電車は明治の文豪・夏目漱石の小説「坊ちゃん」にも登場する鉄道ですが、当時を今に伝える機関車が今も残されています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

愛媛県で築城400年以上を誇る松山城の城下町として栄える松山市で、松山城と共に人気の観光スポットである道後温泉(どうごおんせん)を100年以上も松山駅とアクセスできるように走っているのは伊予鉄道の市内線の路面電車です。
普通運賃は一乗車大人160円子ども80円ですが、1日乗車券なら大人400円子ども200円で市内循環バスと共に乗り降り自由となりリーズナブルに市内観光を楽しむことが出来ます。
そんな観光名所のひとつ「道後温泉」へと誘うのが「道後温泉駅」です。
DSCF3570.jpg

この道後温泉駅を基点として、松山城築城400年を記念して2002年に運行を開始したのが観光列車「坊ちゃん列車」です。
明治の文豪・夏目漱石(なつめそうせき)が小説「坊ちゃん」の中で「マッチ箱のような…」と称した列車のレプリカで、ホンモノは明治21年から70年近くもの間、松山市民の「足」として活躍していました。
2002年の復活後、1日13本が運行されていますが、松山市駅往復が10本、JR松山・古町駅往復が3本あります。
※土日は4便2往復増便されます。
DSCF3563.jpg

運転車輌は2両あり「1号」は、明治21年に運転された1号車を模し、運転席正面の楕円形の窓、円筒形の煙突と水牛の角型の蒸気溜加減弁が特徴です。
DSCF3589.jpg

もう1両は「14号」で、明治41年に運転が開始された14号車を模し、運転席正面の円形の窓、漏斗形の煙突に鹿の角型の蒸気溜加減弁に給水筒上部に角のような機材が取り付けられています。
DSCF3565.jpg
環境を配慮して、実際にはディーゼル駆動で煙と蒸気は模擬再現となっていますが、コンパクトながらダイナミックな蒸気機関車の雰囲気を最大限に表現しています。

運転席も当時の状態に近いのですが、現代機材と融合しており、ノスタルジックながら最新鋭の機関車であることが伺えます。
DSCF3594.jpg

木製の客車は全部で3両あり、日によって1号車と14号車に連結される客車が変わるようです。
DSCF3598.jpg

見ごたえの一つは機関車の方向転換をする「転車(てんしゃ)」ですが、コンパクトなサイズを利用して転車台(てんしゃだい)を使わず、てこの原理で人力で回転させます。
転車が見られる場所は3箇所あり、1つは道後温泉駅の100mほど奥で行われます。
DSCF3581.jpg

また、終点の一つである「松山市駅前駅(まつやましえきまええき)」では多くの人が行き交う中での転車なので、観光客にも人気のイベントです。
DSCF3693.jpg

運転本数が少ないため、あまり出会うことの出来ないレアなスポットとして「古町駅(ふるまちえき)」の転車があり、観光路線の中ではもっとも長く坊ちゃん列車を楽しむことの出来るルートの最後のイベントとして楽しめます。
DSCF3603.jpg

また、JR松山駅・古町駅ルートの松山駅手前の大手町駅前駅(おおてまちえきまええき)付近では、日本唯一の平面路面交差する線路である通称「ダイヤモンドクロス」と、路面観光列車の坊ちゃん列車が同時に見られると言うことで、ファンに人気のスポットの一つです。
DSCF3689.jpg

1日乗車券を利用すれば1乗車に限りわずか100円で楽しむことが出来ますので、松山観光の際には是非とも予定に入れて頂きたいポイントです。
1日3本しかないJR松山駅方面行きのルートは当日予約の先着順なので、乗車したい場合には道後温泉駅の売店で必ず予約することをオススメします。


~転車ポイント~
□道後温泉駅

より大きな地図で 銀色テントむしの「動態SLポイント」 を表示

□松山市駅

より大きな地図で 銀色テントむしの「動態SLポイント」 を表示

□古町駅

より大きな地図で 銀色テントむしの「動態SLポイント」 を表示

~「ダイヤモンドクロス」撮影スポット(大手町駅踏切)~

より大きな地図で 銀色テントむしの「動態SLポイント」 を表示


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/12/25 15:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5181-3ed25d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)