銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで関東の駅百選…第77回東京「銀座駅」
クルマだとパーキング代が気になる都心部も地下鉄やバスの1日乗車券なら費用を気にせず訪問できるので安心です。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選2000年第4回選定」、東京メトロ銀座線の「銀座(ぎんざ)駅」です。
選定理由は「東京の中心地で地下鉄創業者早川社長の銅像があり、ステンドグラス「楽園」を音響、照明等で演出された芸術的な空間駅。」だからです。
予想外にデカ盛りや子どもと楽しめるスポットが多いことの驚きながら、地下へと潜ってみることにします。
DSCF3929_2015022017591450d.jpg

さすが銀座の地下道だけあってかなりの広さがあり、百選の選定理由となる「銅像」も「ステンドグラス」も見つけられません。
そんな時には、お手数ですが駅員さんに確認してみるのが一番です。
DSCF3930.jpg

早速ステンドグラスの場所について聞いてみると、階段を少し降りたB10番出口付近であると教えてもらいました。
つい出口を出てしまいましたが見当たらず、戻ってきてみると廊下の中央の柱の間に大きなステンドグラスがありました。
DSCF3933_20150220175913de9.jpg

このステンドグラスが「楽園」です。
選定理由の通り、地下とは思えない照明で美しく彩られていますが、15年も経過しているからか、それとも特定時間に鳴るのか、音響を聞くことが出来ませんでした。
しかし、無事「関東の駅百選認定プレート」を確認することが出来たので安心です。
DSCF3931.jpg

何となく納得して改札付近に戻ってしまいましたが、ふと「早川社長の銅像」を探し忘れていたことを思い出し、もう一度駅員さんに声をかけ、場所をご教授願います。
DSCF3932.jpg

すると、改札からステンドグラスを越えてさらに奥のB6番出口付近に銅像があることを教えてもらいました。
DSCF3938_2015022018013939c.jpg

ステンドグラスを通り過ぎ、さらに奥へと地下道を進んでいくと…ありました。
待ち合わせにも良さそうなパイプ製の腰掛の内側、柱に沿うように地上への階段を見据えているのが、アジア初の地下鉄事業の創業者・早川徳次(はやかわのりつぐ)氏です。
1920年(昭和2年)12月30日に現在の銀座線を完成させたのを皮切りに、東京の地下鉄の歴史は新しい「道」を切り開き続けることとなります。
DSCF3935_20150220180138808.jpg
高すぎる先見性から多くの苦難を背負いながら、それでも東京に地下鉄を走らせることに成功した彼は家族に「「いつかきっと、東京中がクモの巣のように地下鉄で張り巡らされる日が来るだろう」と話したそうですが、銅像の彼の目は、まだその先をも見据えている気がしてなりません。

せっかくなので地下道の全コースを歩いてみたくなりA5出口まで歩いてみましたが…地上とは違い広々と歩けるのがちょっと嬉しくなりました。
DSCF3934_201502201801370e4.jpg

ちなみに1988年に公開された嶋田久作さん主演の「帝都物語」にも、この地下鉄の成り立ちについてフィクションながら再現されているとのことなので、ちょっと見直してみたくなりました。
さて、次に銀座へ足を運ぶ際には、近代史の出発点としてこの駅を眺めてみると、新しい発見が出来るかもしれませんよ。


□銀座(ぎんざ)駅
 東京都中央区銀座四丁目1-2
 所属事業者:営団地下鉄(東京メトロ)
 開業年月日:1934年(昭和9年)3月3日
 駐車場:近隣コインPあり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

2000年(第四期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
東京の中心地で地下鉄創業者早川社長の銅像があり、ステンドグラス「楽園」を音響、照明等で演出された芸術的な空間駅。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2015/02/07 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS


関連記事

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5202-480c2332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)