FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの親子でお出かけ…下関「関門トンネル」
たまには子どもと印象に残る思い出を作りたいと、自宅からおよそ1,000キロ強クルマを走らせ、山口県の端っこまでやってきました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


小学校の頃にニッポンは大きく「本州」と「九州」、「四国」、「北海道」と言う4つの島から成り立っていると聞かされましたが、「本州」から一般的に無料で徒歩で渡れるのは「九州」だけだったと思います。
そんな本州と九州を結ぶのが「関門(かんもん)トンネル人道」です。
下関の関門海峡と関門橋を一望できる中国自動車道の壇ノ浦パーキングエリア(下りのみ)から、併設するホテルの駐車場を出て坂道を下り、左手に出て国道9号線山陽道を北に、関門橋の高架をくぐり進むこと徒歩でおよそ20分弱で見えてきます。
駐車場があるのでクルマでの訪問も可能ですが、高速道路からクルマを介さずに訪問できるというのが魅力です。
DSCF4542.jpg

専用のエレベーターを降りると広がる地下世界が朝6時から夜10時まで楽しめるアトラクション(?)で、関門海峡の地下を徒歩で渡れるスポットです。
DSCF4544_20150513151751700.jpg

入場料無料で自転車・原付きは押し歩き対応のみで通行料が20円かかります。
入場料を知りたくて持っていったキックボードは、通行料はかかりませんでした。
DSCF4545_20150513151751b13.jpg

やや中央が下がる傾斜のあるトンネルを5分ほど進むと山口県と福岡県の県境を通ることが出来ます。
トンネル内は右側通行となっていますが、このポイントだけは、通行者同士が譲りあって記念写真を撮るポイントです。
DSCF4547_20150513151750e8a.jpg

県境からまた5分ほど歩きエレベーターを登ると、そこには九州が広がっています。
なんだか実感がわきませんが、心なしか空気が変わった気がします(笑)
DSCF4553_20150513151749e3e.jpg

本州側に戻ると、入口近くで幕末史を紙芝居で語ってくれるサービスが用意されています。
本来は朝10時からのスタートなのですが、30分も早い朝9時半にお気遣い頂いてスタートしてもらいました。
DSCF4561_20150513151748e61.jpg

15分近い山口県の幕末史を楽しませてもらったあとには、なんと絵葉書のプレゼントまで!
今年は「花燃ゆ」がNHKの大河ドラマとして放送されており、高杉晋作(たかすぎしんさく)が活躍しているだけに、嬉しいサービスです。
DSCF4563_20150513152008e98.jpg

併設する「関門プラザ」は壇ノ浦近辺の歴史や観光、関門橋・関門トンネルが出来るまでについて展示されている施設です。
DSCF4566.jpg

展示館としての規模は大きくありませんが、トンネルを渡り周囲の観光施設をめぐる足がかりとしては便利な内容です。
DSCF4565_20150513152006326.jpg

関門プラザの向かいには、幕末の法第を再現したスペースが有ります。
時々、砲台から煙と砲撃音が聞こえてくるので行ってみると、100円で音とスチームが出るサービスでした。
DSCF4568_201505131520061a0.jpg

今回は手前で高速道路を降り、一般道での訪問でしたが、本州を突き抜けて九州へ向かう際にも訪問して頂きたい無料スポットです。
壇ノ浦パーキングは下り線にしかありませんので、本州から九州観光をご検討の際には、必ず「行きがけ」にお立ち寄り頂くことをオススメします。



□関門プラザ(関門トンネル)
 山口県下関市みもすそ川町22-34
 開館時間 9:00-17:00
 ※関門トンネルは6:00-22:00
 入場料:無料
 ※関門トンネルは原付・自転車20円
 休館日:なし
 駐車場:無料


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2015/05/03 09:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:くるま旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5277-1dae9bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)