FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・57箇所目「萩城」
戦国の智将・毛利元就(もうりもとなり)、幕末の先駆者・吉田松陰(よしだしょういん)を輩出する、「智」の聖地をズキマル君と目指します。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

JR山陰本線の玉江(たまえ)駅から北に出て橋本川を渡り萩城址入口交差点から西に進むと、駅からおよそ1.5キロ・徒歩20分弱で到着するのが「萩史料館」です。
萩城のある指月公園へはこの辺りの駐車場を利用するのが便利なのですが、何やらイベントがあったようで、誘導されたのがこちらの駐車場でした。
少し公園に近い駐車場は有料でしたが、誘導員の指示に従って入場したこのエリアの駐車料金は無料です。
DSCF4584_20150523080233103.jpg

明治時代に入り建物の殆どは破却されてしまいましたが、残る石垣や堀が当時を感じさせます。
DSCF4588.jpg

海と山と川を要した自然の要害と人智を尽くした迷路のような水と石垣の構造は、容易く外敵を受け入れない様相を感じ取れます。
DSCF4589_20150523080229262.jpg

名城スタンプは公園入口の入場チケット売り場でお借りすることが出来ます。
DSCF4590.jpg

建物はありませんが、石垣は整備状態もよく、所々立ち入りが困難なところがあるとは言え、他では見ることの少ない壮大な敷地内を盤石の守りで固めた当時の高低差を利用した素晴らしい防衛術を理解することが出来ます。
DSCF4593.jpg

山口県といえば、歴代総理大臣を排出した第2位(1位は東京都)の県としても有名ですが、それは戦国の智将・毛利元就以降、毛利輝元(元就の孫)がこの萩城を中心として、長く勉学に勤しみ国を思う環境を人民に与えてきたことにほかならないでしょう。
DSCF4595.jpg

それから数百年、幕末には明治時代を開く先駆けとして、吉田松陰を生み出したのも毛利家の子孫・毛利敬親でした。
そんな幕末の山口県の歴史を楽しく知ることが出来るのが2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」です。
井上真央さん演じる松蔭の妹・杉文と、東出昌大さん演じる幕末の悲運の英傑・久坂玄瑞が出会った寺院も、この公園内にあります。
DSCF4601.jpg

園内を楽しんでチケット売り場を出ると、石垣の外には海が広がっています。
以前はバーベキューも楽しめる公園だったようですが、現在は」バーベキュー禁止となったようです。
DSCF4611_201505230805199b1.jpg

こちらも石垣に上がることが出来るのですが、ここから見る海も最高です。
DSCF4612.jpg

天候には恵まれなかったのですが、新緑の香り芳しく、素晴らしい庭園を堪能することが出来ました。
周囲には当時の建築物も多くあるようなので、そちらや資料館を合わせた歴史探訪に最適のスポットです。


□萩城(はぎじょう)第75番
 訪問先名称:指月公園
 TEL:0838-25-1826
 住所:山口県萩市堀内1-1
 開館時間:8:30-16:30(夏期延長)
 休館日:なし?
 入場料:大人210円子ども100円
 駐車場:無料あり
 通称:指月城
 主な城主:毛利輝元
 スタンプ設置場所:指月公園入口料金所


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示
見どころ
遺構:長屋、石垣、堀
指定文化財:厚狭毛利家長屋(重要文化財)
再建造物:北の総門・土塀・土橋など

ワンポイント
【戦国期】
1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いで毛利輝元は敗戦により隠居・減封された。
1603年(慶長8年)輝元は萩・山口・三田尻(防府市)を城地の候補とし、幕府は、萩と回答する。
1604年(慶長9年)萩城建造に着手。指月山に連なる干潟を埋め立て、城地を建造した。
1608年(慶長13年)落成。
【幕末期】
1863年(文久3年)毛利敬親は藩庁を山口政事堂(山口市)に移し、萩城は藩庁としての役目を終えた(山口移鎮)。
1874年(明治7年)廃城令により天守・櫓などの建物を破却。
1951年(昭和26年)国の史跡に指定される。
2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(75番)に選定された。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2015/05/03 15:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:城めぐり - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5279-7311b84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)