銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしのSL巡り…若狭本郷「7105(複製)」
連休を利用して日本海側の国道を走っていると、並走するJRの線路沿いにSLを見かけ、慌てて引き返してみました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはJR小浜線の若狭本郷(わかさほんごう)駅の北側、駐車場も併設する「おおい町情報交差点ぽーたる」前の広場です。
DSCF4649.jpg

福井県は小浜湾の西側に位置し、のんびりと走る国道27号線沿いの美しい駅舎の脇に、美しい車体を見せつけている静態蒸気機関車が「帝国車輌7105」、通称「義経号」です。
DSCF4650.jpg

「義経号」と言えば、今はなき大阪の「交通科学博物館」で見かけた覚えがあるのですが…閉館の際に移設されたのでしょうか?
DSCF4652.jpg

いえいえ、その車両であれば京都の「梅小路蒸気機関車館」に移設されたはずです。
DSCF4654.jpg

そして何よりも、1880年製造とは思えない劣化の無さに驚かされます。
DSCF4656.jpg

それもそのはず、この車両は複製(レプリカ)だったのです。
現存車輌が製造されてから110年後の1990年、大阪で行われた「国際花と緑の博覧会(EXPO'90)」で山のエリア内の「風車の駅」と「山の駅」を結ぶ「ドリームエクスプレス義経号」として活躍したそうです。
DSCF4653.jpg
その万博の際に「風車の駅」として使われた駅舎とともに、おおい町へやって来たのがこのレプリカ7105だそうです。

前知識なく出会った美しい静態蒸気機関車に満足しつつ、まだまだ知らないことが多くあることを感じ、旅の楽しさにまたひとつ気付かされる小さな出来事でしたが、お金に替えられない大きな思い出を作ることが出来ました。


□JR小浜線若狭本郷駅前(帝国車輌7105(義経号複製))
 TEL:0770-77-0026(JR若狭本郷駅、風車会館)
 福井県大飯郡おおい町本郷153-1-2
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ) ※原本車両
  製造:1880年 ポーター No.368
  新製配置 幌内鉄道
  鉄道国有化:1906年 鉄道作業局
  復元のため移送:1952年9月10日 鷹取工場
  動態復元:1980年6月17日 鷹取工場
  保存場所移転:2014年4月18日 梅小路蒸気機関車館


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/05 09:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5283-3d001b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)