銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2015・きょなん(002/161・千葉)
日本が調査捕鯨禁止を了承してから、クジラ肉の調達が非常に難しくなっているそうですが、この町ならばまだ食べることができます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、千葉県にある道の駅「きょなん」です。
房総南部の富津館山(ふっつたてやま)有料道路の鋸南保田(きょなんほた)インターから県道34号線長狭街道を西に進み海沿いの国道127号線内房なぎさラインを1キロ弱南に進むと見えてきます。
DSCF4742.jpg
敷地内に「菱川師宣記念館」や「鋸南町中央公民館」を併設し、隣にはスーパー、その北には港や入浴施設、飲食店と観光アクセスに適したスポットです。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
地域オリジナルの牛乳「近藤牧場牛乳」が美味しそうです。
DSCF4747_20150605190935125.jpg

意外にも房総(千葉県)は平安時代から広い牧場で軍馬の育成を行ったり、江戸時代にはインドから輸入した乳牛から搾乳したりと、「酪農発祥の地」とまで言われています。
そんな千葉県で生産される牛乳ですからウマいに決まっています。
DSCF4746_201506051909341c7.jpg

価格は250円と少々お高めですが、生産地がしっかりとした食べ物はやはり安心です。
DSCF4748_20150605190934527.jpg
近藤牧場(千葉県南房総市川上738-1)は、「VENTO (ヴェント)(千葉県南房総市二部17-1)」と言うレストランも経営しており、乳製品に対する知識も豊富のようなので、ちょっと訪問してみたくなりました。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
平安末期には源頼朝(みなもとのよりとも)が打倒平家を目指して猛者を募り、戦国には里見氏が、江戸時代には神仏の復古に沸き、昭和には海水浴と捕鯨で栄えた町ですが、今は静かな漁師町です。
そんな静かな町のマップには「まちかど博物館」と言うポイントがあるのですが、これが鋸南町のホームページでも上手に検索できません。
DSCF4744_20150605190936c26.jpg

さらに根気強く調べてみると、この「まちかど博物館」は勝山港通り商店街のイソヤ薬局(千葉県安房郡鋸南町勝山428)の店舗内にあり、捕鯨に関すた道具・鯨関係の資料を中心に歴史資料を展示していることがわかりました。
DSCF5592_201508091924534ec.jpg
このブログでは馴染み深いデカ盛り店「住吉飯店」の隣にあるそうですが、日曜日だからなのかシャッターが下りていました。
また機会を見てチェックしてみることしましょう。

《2015年8月9日加筆》
道の駅から少し南の勝浦漁港の北側の山の山頂に天守閣のような建物が見えるのですが、これは「大黒山展望台(長谷寺/千葉県安房郡鋸南町勝山409付近)」です。
DSCF5605.jpg

山頂にはいくつか道があるようですが、山の南側の法福寺に駐車場があり、そこから中腹の長谷寺に進むとその先右手からぐるりと山頂へ続く散策路があります。
DSCF5596_20150809193509c38.jpg

勝山湾を挟んで南側にある山こそが、本来の勝山城址なのですが、鋸南町発足30周年を記念して平成2年(1990年)に勝山城址を見下ろせること地に展望台が設置されました。
DSCF5600_201508091934594d4.jpg

◆大黒山展望台(長谷寺/千葉県安房郡鋸南町勝山409付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

鋸南と言えば海産物がメイン道の駅ですが、今回はあえて酪農や歴史をメインにチェックしてみました。
海岸沿いで海産物に恵まれた道の駅ですが、歴史に目をやるとさらにすばらしいエリアであることがわかります。
次の休みに房総を訪問の折には、ちょっと歴史探訪を兼ねて旅してみてはいかがでしょう。


□道の駅きょなん
 住所:千葉県安房郡鋸南町吉浜516-1
 TEL:0470-55-4518
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:月曜
 標高:5m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:近(ばんやの湯/24h)
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:ばんや(約0.5km)・住吉飯店(約2km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・111箇所目「きょなん」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・きょなん(145/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・きょなん(091/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/31 05:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認



関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5295-6cb294b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)