銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2015・いちごの里よしみ(013/161・埼玉)
ずっと気になっていた観光エリアの訪問を果たし、今まで以上に楽しめた道の駅をご紹介します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問13箇所目は、埼玉県にある道の駅「いちごの里よしみ」です。
東武東上線の東松山(ひがしまつやま)駅とJR高崎線の鴻巣(こうのす)駅を結ぶ県道27号線の吉見町役場付近のコカコーラ工場の向かいにあります。
DSCF4915.jpg
敷地内に焼きたてパン屋さんがあるのですが、閉店1時間ほど前に訪問してみると1個50円で販売されていたので購入してみましたが、激ウマでした。
きっと昼時の焼きたてならもっと美味しいことでしょう。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
なんともネーミングに惹かれるのは「川越・大学いもかりんとう(税込443円)」です。
DSCF4917_20150621205842b57.jpg

製造元は1924年にかりんとう作りをはじめ1952年に創業したかりんとう一筋90年の「旭製菓(東京都西東京市泉町6-10-22)」さんの「花園工場(埼玉県深谷市小前田字本田509-2)」です。
以前(都内メイン)と表記が変わり、製造元である「花園工場」がこの商品のカオになっているのも地域活性を感じます。
DSCF4919_20150621205841dc8.jpg

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
目指したのは「松山城址(埼玉県比企郡吉見町大字南吉見字城山)」です。
名所とは言え、一昔前のカーナビではキーワードからのアクセスが難しいので「武蔵丘短期大学(埼玉県比企郡吉見町105)」で検索して何とかたどり着きました。
DSCF4924_20150621205841a78.jpg

「武蔵松山城跡」は県道27号線市野川を渡る交差点の東側にあります。
DSCF4921.jpg
戦国時代、関東制覇を進める後北条氏は着実に版図を拡大してました。
天文6年(1537年)に小田原の北条氏綱が江戸城・川越城を落とし、この松山城も攻めたことが記録に残っています。
その後も後北条・越後上杉などによる度重なる合戦によって支配者が頻繁に変りますが、後北条勢力下の上田氏の支配下にあることが多かったようですが攻防は大変激しく、ここが北武蔵地域の要所であったことが伺えます。
天正18年(1590年)には豊臣秀吉による関東攻略の際、前田利家・上杉景勝などの軍勢が攻め落とし、小田原に本拠を構えた後北条氏は滅亡しました。
その後、徳川家康が関東に入り松平家広を松山城主としましたが、慶長6年(1601年)に廃城となったそうです。
今も残る山城の風格も美しく、軽装でも散策できるのがうれしいポイントです。

また「吉見百穴」がすぐ隣にあるのですが、封鎖された公園と夕暮れ時の古代墓地は少々踏み入れてはならない雰囲気を感じます。
DSCF4930.jpg

合わせて「岩室観音」は松山城主が代々信仰し護持していたと伝えられており、天正18年(1590年)の豊臣秀吉による関東出陣に際し、松山城の落城に伴い建物の全てが焼失したそうです。
現在のお堂は江戸時代の寛文年間(1661~1673年頃)に近郷の信者の助力を得て再建したものだそうで、お堂の造りは懸造り様式と言われ、当時には珍しいものだそうですが、無料で拝観できる社屋からの景色はなかなか荘厳です。
DSCF4931_20150621210037a9b.jpg

◆武蔵松山城址(埼玉県比企郡吉見町南吉見111-1付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

道の駅からそう遠くない場所で古代から続く人々の営みが今に残る静かな遺跡群に感激できる涼やかなスポットです。
是非ともスニーカーとタオルを持参して、週末に遺跡めぐりなどしてみてはいかがでしょう。

□道の駅いちごの里よしみ
 住所:埼玉県比企郡吉見町大字久保田1737
 TEL:0493-53-1530
 開設時間 午前9~午後5時(冬)
 休館日:12月30日~1月4日
 標高:13m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:四方吉うどん(よもきちうどん)(約1.8km)・木村屋製菓舗(約6.5km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・82箇所目「いちごの里よしみ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・いちごの里よしみ(006/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・いちごの里よしみ(040/154・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/14 16:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認



関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5310-45a5c83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)