FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2015・三芳村鄙の里(066/161・千葉)
房総の田園地帯に無料の足湯を持つ道の駅は、カフェのようなたたずまいで訪問する人々をくつろがせてくれます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問66箇所目は、千葉県にある道の駅「三芳村鄙の里(みよしむらひなのさと)」です。
富津館山有料道路の終点の富浦インターから127号線館山バイパスを南に進み、那古(なご)交差点から県道296号線を東に入り、道なりに進んで三芳病院のある南房総市役所三芳(みよし)支所前交差点から県道88号線を北に進んだら東側に見えてきます。
DSCF5574_2015090408083975d.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
青果側の物産施設の冷蔵庫に大事に置かれているのが「かささぎの橋(500円)」です。
DSCF5578_20150904080838abf.jpg

「鵲(かささぎ)の橋」と言えば七夕伝説で牽牛(けんぎゅう)と織姫(おりひめ)が天の川を渡るために渡す橋を指しますが、ここではそれになぞらえた房総と首都圏を結ぶ海上橋のアクアラインをそれに例えています。
最中の中には白あんと小豆あんの2種類が入っており、なんとなく七夕伝説も併せて感じることが出来ます。
DSCF5575.jpg

製造元は「亀や和草(かめやなぐさ:千葉県南房総市上堀72-9)」です。
DSCF5576_20150904080836707.jpg
1932年(昭和7年)創業の菓子の老舗ですが店舗は赤い屋根が特徴の洋館で、保存料を使用しない安心の和菓子だけでなく、アイスをはさんだ「アイスどら」や、野菜を使ったオリジナルの羊かん(かぼちゃ・そらまめなど)と言った独創性豊かな商品も特筆すべきラインアップです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
道の駅の観光マップにも描かれている「滝田(たきだ)城址(千葉県南房総市下滝田127−7付近)」を目指してみます。
戦国時代、安房最大の幹線道路平久里道を押さえ、管理する拠点の場所に滝田城はありました。
県道88号線からあたかも東京湾側に抜けられそうな真新しいトンネルを西に進む道に案内板が出ているのですが、いざ矢印に向かって進んでみると土砂崩れのためなのか通行止めとなっており進むことが出来ません。
DSCF5585_201509040808350ab.jpg

城主は、里見義豊の妹を妻にしていました。
城主の一色九郎(いっしきくろう)は天文期(1532年~1555年ころ)、里見義豊(さとみよしとよ)の妹を妻にしていたそうで、もと足利氏に仕えていた武蔵幸手一色氏の一族で、安房にあった足利氏の所領を守っていたとみられており、里見氏が安房の主になった際に従ったようです。
一色九郎の時、「天文の内乱」(天文二年・1533)が勃発します。里見氏一族内での主導権争いを契機として、義豊が、叔父里見実堯を稲村城に呼び、殺害した事件です。家臣、国人層も巻き込み、安房国内の内乱にまで発展しました。
滝田城周辺は、天文二年(15433年)の天文の内乱で義豊と叔父の里見実堯(さとみさねたか)とが争った際に義豊側の支持勢力が多く集まっていたところだったと考えられており、義豊派最後の拠点として徹底抗戦の場になり一色氏は実堯の子・義堯(よしたか)により滅ぼされました。
一色氏が滅んだ後も、里見氏により戦国時代末期頃まで使われていたと考えられています。
しかし、わかる範囲の城跡に至る道が封鎖されており、今回はその痕跡をたどることはできませんでした。
DSCF5586_20150904080834b2e.jpg

◆滝田(たきだ)城址(千葉県南房総市下滝田127−7付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

デカ盛りハンバーガーにカフェ風スペース、足湯とゆったりとした時間を過ごすにはもってこいの場所です。
アクアラインのおかげで首都圏からの訪問も容易なので、ちょっとした休みにいつもと違う時間を過ごしたい際に利用したいスポットです。


□三芳村・鄙の里(みよしむら・ひなのさと)
 住所:千葉県南房総市川田82-1
 TEL:0470-36-4116
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:12月31日~1月1日
 標高:42m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:足湯のみ
 近隣のデカ盛り:BINGO(ビンゴ)(敷地内)・鏡軒ノ味(約4km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・107箇所目「三芳村」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・三芳村鄙の里(141/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・三芳村鄙の里(152/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/08/09 11:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認



関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5394-5383836d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)