銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2015・赤城の恵(115/161・群馬)
前泊で仮眠させてもらい、開店まで時間があったので敷地内を歩いてみたら広大なエリア内に3つも大きな公園があり驚きました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問115箇所目は、群馬県にある道の駅「赤城の恵(あかぎのめぐみ)」です。
関越自動車道の前橋インターから国道17号線東国文化歴史街道を東に進み、上毛電鉄と併走する県道3号線を道なりに 電気鉄道上毛線の大胡(おおご)駅を目指し、駅手前の堀越町南交差点から北に道なりに進んでいったところに見えてくるスポットです。
DSCF6201.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
ついつい歴史を調べてみたくなる「下馬将軍(税込648円/7個)」に、調査魂の火が付きます(笑)
DSCF6203_201511100759592e4.jpg
下馬将軍(げばしょうぐん)とは、江戸幕府4代将軍・徳川家綱(とくがわいえつな)の時代の大老・上野国厩橋藩(こうづけのくにうまやばしはん:現・前橋市)の第4代藩主・酒井忠清(さかいただきよ)の異称です。
権勢を思うままにしたことから、あまりよくない意味で呼称されてしまったようですが、戦国時代の威勢を残した武士たちの持ち物を剣から筆に変えて仕事を与えなければならない大変な時代を統率した人物をモチーフにしています。

製造元は「下馬将軍本舗・新妻屋本店(群馬県前橋市表町2-19-9)」です。
DSCF6204.jpg
明治15年(1882年)創業の和菓子の老舗で、生菓子・焼き菓子・干菓子と多彩なメニューをそろえ、群馬土産にと喜ばれます。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
道の駅から2キロほどの小高い田園地帯には「荻窪(おぎくぼ)城址(荻窪南公園/群馬県前橋市荻窪町781付近)」があります。
当時の土塁や竪堀の跡がみられ、城の復原図なども掲示してあるとのことで、城の西側堀跡が公園として整備されていいます。
城跡を活かした地形から公園は南北に細長い敷地になっていて湿生植物エリアや釣り池などもあり、施設は古びているながら比較的大きな公園です。
DSCF6200.jpg

南側の道を1本挟んだ公園南東側は荻窪城址としてその片鱗を残して整備されています。
DSCF6194.jpg

荻窪城は、築城年代は定かではありませんが赤荻氏よって築かれたとする説が有力です。 
文和2年(1353年)には足利尊氏(あしかがたかうじ)の末派で赤荻智宣(あかおぎとものり)が居城していたとの古文書も発見されているそうです。
その資料を元にすると、南北朝時代の大胡城の出城として機能していたと想定されます。
しかし、そうなると足利尊氏は存命していますから「末派」と称するにはいささか問題があります。

言葉の「音」から書をしたため、しかも崩し字の時代ですから元の口伝では足利尊氏ではなかったのか、もしくは庶流だったのかもしれません。
また、参考にさせていただいている「古城址探訪」によれば、「荻窪近くの大胡城主大胡氏やその一族の上泉城主上泉氏などは、藤原秀郷後裔の藤姓足利氏(源姓足利氏の尊氏とは別流)の流れを汲んでおり、順当に考えれば、赤荻氏も大胡氏一族とみるのが妥当かと思われる。」とありますから、別流とは言え、南北朝の世を支える武勇の血族であったことは間違いないでしょう。
廃城時期などまで調べきれませんでしたので、また折を見て近隣の資料館などで勉強したいと思います。
DSCF6195.jpg

◆荻窪(おぎくぼ)城址(荻窪南公園/群馬県前橋市荻窪町781付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

前泊で訪問し、朝一番の物産館の開店とともに店内を散策してしまったため、入浴することはできませんでしたが、大きな公園に入浴施設と車中泊ファンにも人気のスポットです。
駐車場も広いので、ボールなどの遊具をもって家族でお出かけになるにも適した、ズキマル君も大好きな道の駅です。


□道の駅赤城の恵(あかぎのめぐみ)
 住所:群馬県前橋市荻窪町437-11
 TEL:027-288-0378
 開設時間 午前10時~午後6時
 休館日:第1・第3火曜、12月30日~1月4日
 標高:190m
 ウォシュレット:なし
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有(第1・3火曜休/10:00-21:00)
 近隣のデカ盛り:大嶋屋(約5.9km)・栄久庵(約8.3km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・129箇所目「赤城の恵」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・赤城の恵(097/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・赤城の恵(125/154・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/03 09:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認



関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5472-f4ddb3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)