銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2015・六合(くに)(120/161・群馬)
草津温泉を少し東に下ると、小さな山里が姿を現します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問120箇所目は、群馬県にある道の駅「六合(くに)」です。
JR吾妻線の群馬大津(ぐんまおおつ)駅から北の草津方面をぐるりと一周する国道292号線日本ロマンチック街道で草津を北側の折り返し点とすると右下あたりに位置するちょっと敷地が平らではない道の駅です。
DSCF6277.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
リニューアルしてスマートマネーでの支払いも可能になった物産館で見つけたのは「玉ねぎたまり漬け(税込432円)」です。
DSCF6278.jpg

製造元は「あがつま農業協同組合(群馬県吾妻郡中之条町大字伊勢町970)」です。
DSCF6280_20151121085302e5e.jpg
農協直営の加工工場で作られた地元産の野菜の漬物などを得意としている、群馬の安心野菜工場です。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
気になっていた「湯本家(群馬県吾妻郡中之条町大字赤岩281/月末の日曜(月1回)のみ無料開放)」に足を延ばします。
何を思ったか、勝手に「月初の日曜日」と勘違いして訪問してしまいましたが、ご主人のご厚意により見学させていただきました。
DSCF6283.jpg

湯本家住宅の建築は文化3年(1806年)で、湯本家に伝わる「湯本家系略記」によると、湯本家の祖は源平合戦で活躍した木曽義仲(きそよしなか)に仕え、義仲没後に六合村へ移住したと言います。
それから草津温泉を発見し、義仲の義兄弟で鎌倉幕府を興した源頼朝(みなもとのよりとも)から「湯本」の姓と草津の地を領したという伝えられています。
江戸時代初期に草津町の本家は断絶してしまいましたが、同村に隠居した湯本長左衛門が赤岩湯本家の祖となり、以後明治初期まで代々、医業を営みました。
江戸末期には、蘭学者で杉田玄白(すぎたげんぱく)に学び、その後に異国船打払令を批判し開国を説いて江戸幕府から弾圧を受けた高野長英(たかのちょうえい)が隠れ住んだこともあるそうです。
DSCF6286.jpg

ちょうど芸術イベントの最中だったためか、2階のベランダ(?)には特製のベッドが用意されており、涼やかな山の空気を堪能することが出来ました。
DSCF6288_2015112108525930b.jpg

◆湯本家(群馬県吾妻郡中之条町大字赤岩281/月末の日曜(月1回)のみ無料開放)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

「六合(くに)」の地名は、明治33年に草津村から6つの大字(小雨、赤岩、生須、太子(おおし)、日影、入山)が合併して出来たことに由来します。
「ろくごう」や「りくごう」と読むところが多い中で「くに」と読むのは、日本書紀の神武天皇即位のくだりに「六合を兼ねて以って都を開き」とあり、「六合」とは天地と東西南北、すなわち支配の及ぶ範囲「国」を表すことから、「六合」を「くに」と読んでいることから、そう呼ばれているようです。(ウィキペディアより)
そんなパワースポットに、この休みにちょっと息抜きに出かけてみてはいかがでしょう。

□道の駅六合(くに)
 住所:群馬県吾妻郡六合村大字小雨字遠北22
 TEL:0279-95-3342
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:木曜
 標高:730m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(3G):○
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:有、無料足湯(11~4月休業)
 近隣のデカ盛り:ぽぷら(約11.0km)・かない亭(約12.7km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・144箇所目「六合(くに)」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・六合(くに)(116/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・六合(010/154・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/04 10:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認



関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5480-b57a94ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)