銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2015・東山道伊王野(122/161・栃木)
道の駅巡りの中ではたくさんの歴史舞台を垣間見て、日本史を好きになりましたが、鎌倉時代について調べるようになったのは、東山道伊王野の駅名にありました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問122箇所目は、栃木県にある道の駅「東山道伊王野(とうさんどういおうの)」です。
栃木県真岡市と福島県白河市を結ぶ国道294号線沿いで黒磯駅から5キロほどのところにあります。
DSCF6342_20151123213438a0a.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
数量限定で冷蔵庫からこっちを見ている気がするのはオリジナルベイクドチーズケーキの「東山道チーズケーキ(税込1,300円)」です。
DSCF6343_20151123213437873.jpg
原材料へのこだわりははもちろん、材料の攪拌から計量・裏ごしに至るまで、すべての作業を熟練された洋菓子職人が手作業で行っているそうです。
発売開始半年で1万個も売り上げる大ヒット商品に成長し、現在は那須を中心としたホテルのお土産や結婚式の引き出物などにも人気がある名品です。

製造は「和洋菓子おおつか(栃木県那須町伊王野1433)」です。
DSCF6344.jpg
店の創業などの詳細はわかりませんが、チーズケーキ以外にも、北海道の皮むき小豆と那須高原産の卵を使ったクリームの入った「夢まんじゅう」(通称:どりまん)は餡とクリームが一緒に入ったタイプとしては日本初の人形焼き饅頭だそうで、そちらも人気商品とのことなので、見かけたら購入してみたいと思います。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
近くに2つも城跡があるので悩みましたが、せっかくなのでどちらも訪問してみることにします。
まずは道の駅から北へやや4.4キロと近いながら遠め(?)の「芦野(あしの)城址(那須歴史探訪館/栃木県那須郡那須町芦野2893付近)」から歩いてみましょう。
国道から少し坂道を上った歴史資料館が目印です。
DSCF6322_201511232134359dd.jpg

歴史館から坂道を上った御殿山には芦野氏の本丸跡があり「高野槇」は栃木県の天然記念物に指定されています。
DSCF6326_2015112321343489e.jpg

築城年代は定かではないが芦野(あしの)氏によって築かれたと言われています。
吾妻鏡(あずまかがみ)では建長元年(1256年)頃の話として「奥の大道を警固するべき路次の地頭」として芦野地頭があり、那須氏の一族として芦野館を居城とした時期はこのあたりではないかとされます。
戦国時代後期の天正18年(1590年)には那須七騎の芦野盛泰(あしのもりやす)は、主家・烏山城主の那須資晴(なすすけはる)に従わず、那須衆として豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原城攻めに参陣し本領を安堵されました。
慶長5年(1600年)の関ヶ原に戦いでは徳川家康(とくがわいえやす)に属して上杉景勝(うえすぎかげかつ)の南下に備え、その功によって加増され約三千石を領して交代寄合の旗本になりました。
この際に、芦野城の二の丸に陣屋が構えられ芦野陣屋として代々芦野氏が領して明治維新を迎えることとなりました。
DSCF6331_201511232134331ac.jpg

◆芦野(あしの)城址(那須歴史探訪館/栃木県那須郡那須町芦野2893付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

続いては「伊王野(いおの)城址(伊王野城山公園/栃木県那須郡那須町伊王野1945-3付近)」です。
こちらは道の駅から北へ僅か800mほどにあり国道沿いに大きく「霞が城」と看板が立っています。
DSCF6332.jpg

国道から東へ少し入ると山の斜面を利用した大きな公園が見えてきますがそれが「伊王野城山公園」です。
DSCF6335.jpg

文治元年(1185年)の屋島の戦い(源平合戦)で、沖に浮かぶ平氏の舟の扇を射落として名を挙げた那須与一(なすのよいち)の子孫の那須一族の城で、霞が城とも呼ばれる山城です。
延応元年(1239年)、那須氏の家督を継いだ那須光資(なすみつすけ)の弟・頼資(よりすけ)の次男で那須七騎(なすしちき)の筆頭として大きな勢力を誇った武将・資長(すけなが)が伊王野館を築いて、伊王野氏を名乗りました。
この資長を初代とする伊王野氏第13代の伊王野資清(いおのすけきよ)が戦国時代の長享年間(1487~89年頃)に館の背後の山に築いたのが伊王野城です。
天正18年(1590年)の小田原の役に遅参した伊王野氏は、豊臣秀吉から減封処分を受けましたが、朝鮮出兵や関ヶ原の戦いで活躍して家名を保ち、江戸時代には旗本となりました。
廃城時期までは調べきれませんでしたが、伊王野氏は江戸時代に継嗣不在を理由に断絶となったことからこの時期が廃城時期と思われます。
伊王野一族は水戸藩、大田原藩、鳥取藩などに仕え、明治時代には政治家としてその家流を今に伝えることとなりました。
DSCF6341.jpg
本丸跡はものすごい藪の中なので、訪問にはかなりの勇気が必要です。
個人的にはクモが巣を張らなくなる11月頃から啓蟄を迎える時期までがおススメですが、それでも通称くっつき虫が大量にズボンや靴下にくっつきますので、相応の準備をしておくのがいいでしょう(笑)

◆伊王野(いおの)城址(伊王野城山公園/栃木県那須郡那須町伊王野1945-3付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

前泊でのんびりさせてもらいましたが、朝早くからたくさんの農家さんが採れたての野菜や果物を軒先に並べて活気づいていました。
価格もリーズナブルでボリュームもあり、ついつい買い込みすぎてしまいました。
歴史に触れるスポットも近隣にたくさん見受けられるので、ちょっと中世の日本史に触れてみるきっかけに訪問するのもいいかもしれません。


□道の駅東山道伊王野(とうさんどう・いおうの)
 住所:栃木県那須郡那須町大字伊王野459
 TEL:0287-75-0653
 開設時間 午前8時半~午後5時
 休館日:1月1日~1月3日
 標高:233m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:ボリュームの幸華(約14.2km)・阿Q(あきゅう)黒磯店(約16.0km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・132箇所目「東山道伊王野」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・東山道伊王野(112/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・東山道伊王野(007/154・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/10 9:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認



関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5486-96ba4297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)