銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの古城めぐり…足立区「中曽根城跡」
昨年、千葉県の道の駅巡りをしていた際に戦国武将として登場した千葉氏にゆかりのスポットが都内の下町にあると聞き、散策してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東武鉄道大師線の大師前(たいしまえ)駅から南の国道318号線を東へ進み、250mほどで交差点から都道461号線を南に1.2キロほど進むと西側の路地の入口に「中曽根神社入口」と書かれた大きな石柱が見えてきます。
この石柱のある路地を50mほど進むと南側に見えてくるのが中曽根神社こと「中曽根(なかそね)城址」です。
古くからの都心部の居住エリアなので、来訪者用の駐車場はないのですが、近隣の大通りに少々コインパーキングなどが見受けられます。
DSCF7249_20160223220021891.jpg

神社の境内は災害時の避難所と近隣の集会所も兼ねており、ひっそりとしずまった空間の奥に、石碑と石板が見えます。
DSCF7250_201602232200198b2.jpg

中曽根神社は江戸時代から中曽根城址として人々の関心を集めてきたものの、その存在については不明な点が多いとされていました。
これが、平成7年に近隣地から城の堀跡が発見されたことにより武蔵千葉氏の居城の存在が確認されました。(…と近隣の工事現場の解説に記載されています。)
DSCF7254.jpg

中曽根城は、室町時代の寛正年間(1460~1466年頃)に千葉県千葉市あたりを拠点とした千葉氏の千葉勝胤(ちばかつなね)によって築城されたと言われています。
周囲六町四方(約36ヘクタール)で、その構えに堀や土居をめぐらしていたと伝承され、今も小字に、出戸、小屋の内出などの名が残っているそうです。
昭和七年に妙見社と輿野の雷社とを合わせて中曽根神社とし、当地の氏神として祀られるようになっています。
この妙見社が城址で、文政年間(1818~1830年頃)までの史料には堀・土塁などの遺構が残っていたらしいとの記載もあるそうです。(日本城郭大系ほか)
DSCF7251_2016022322001736c.jpg

武蔵千葉氏は、「享徳の乱(きょうとくのらん)」や「長尾景春の乱(ながおかげはるのらん)」で活躍し、江戸城を築城したことでも有名な武将・太田道灌(おおたどうかん)を頼って、この武蔵の地に根付いたとされています。
DSCF7252.jpg

その当時の足立区南部は荒川に続く低湿地で、城址は周囲より一段高くなった微高地になっていたと伝えられていますが、現在は地形変化のない市街地になっていて城址の面影は感じられませんでした。
千葉氏は武蔵国に移ってから大田道潅の下で各地を転戦して板橋、足立、浦和付近を中心とする地域を領有し、さらに小田原北条氏の配下になると父祖の念願の地であった下総にまで領国を広げていきました。
領国内には一族の武将の守る支城がいくつか築かれ、中曽根城もその内の一つでした。
千葉氏はこの地から、戦国時代に向けて本領の千葉を目指していくことになるのです。
DSCF7253.jpg
今回は到達できませんでしたが、同区伊興三丁目の民家の裏に城主千葉次郎勝胤の墓が残されているそうなので、機を見て訪問してみたいと思います。

都内はクルマでの訪問には適しておらず、公共交通機関を使っての散策が多くなります。
ズキマル君が1日20キロ程度の散策に付き合ってくれるこの1・2年が、彼との思い出を作れる最後の時期なのかもしれません。
その間に、沢山の知識を二人で得られるよう、歴史探訪の旅は続きます。


□中曽根城跡(中曽根町会会館)
 TEL:なし
 東京都足立区本木2-5
 開園時間 指定なし
 休園日:なし
 入園料:無料
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/02/13 15:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5585-4a860d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)