銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…つくば「D5170」
つくばで、先日訪問してみたらすでに公開時間が終わっていて近くで見ることのできなかった蒸気機関車にもう一度会いに行ってみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

つくばエクスプレスの終点・つくば駅から県道24号線を東へ1」キロほど進み、交差点を南へ200mほど進むと東に入る路地があるので道なりに100mほど進むと駐車場とともに見えてくるのが「さくら交通公園」です。
大型学園都市の一角にありますが、駐車場もあるのでクルマでの訪問も安心です。
また、交通公園なのでキッズ向けに自転車やエンジンなしのゴーカートのレンタルもしてくれています。
各1時間の貸し出しで自転車が50円、ゴーカートが100円とリーズナブルに遊べるので、月末でサイフ事情が厳しい際にも安心して子どもを連れて出かけられます。
DSCF7648.jpg

この公園に展示されている静態蒸気機関車が「D5170」通称デゴイチです。
DSCF7645.jpg

復元された当時の駅舎を模したレンガ造りのホームとその横に並ぶ管理室が郷愁を誘うデザインが美しく感じられます。
DSCF7642.jpg

解放されている時間内に限りホーム側からは運転室に乗り込むことができます。
DSCF7639.jpg

また、ある程度の安全性が確保されていることもあってか、運転席後部の燃料庫から車体情報を見下ろすことができるのも、数少ない経験となります。
DSCF7641.jpg

屋根付きの展示なので錆の状態も少なめで、管理が行き届いているので欠損部も少ないように感じます。
DSCF7638.jpg

展示開始から40年以上経過していると思われますが、解説パネルの薄れつつある文字も味があって愛おしく思えます。
DSCF7646.jpg

学園都市内の大通り沿いではありますが、キッズ向けに管理の行き届いた公園は、蒸気機関車目的としてでなくとも十分に楽しめます。
しかし、訪問する皆さんが少しずつデゴイチのことを気にかけてくれるだけで、より長くこの地で私たちのことを見守ってくれるはずです。
つくばにお出かけの際には、こんな機関車が展示されていることを思い出し、交通公園に足を向けてみてはいかがでしょう。


□さくら交通公園(D5170)
 TEL:029-851-6323
 茨城県つくば市吾妻4-3-3
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1937年9月29日 日立製作所 No.870
  新製配備:1937年10月1日 岡山
  移動:1950年3月23日 岩見沢
  移動:1950年8月2日 五稜郭
  移動:1960年12月1日 小樽築港
  移動:1973年10月13日 追分
  廃車:1976年3月19日 岩見沢

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/04/17 15:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5639-f7cfcf36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)