銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの古城巡り…千葉市「土気城址」
千葉県には標高の高い山はありませんが、それでも山城は数多く存在し、今もひっそりとその遺構を残しているものが数多くあるようです。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR外房線の土気(とけ)駅北口から県道20号線大網街道を東へ1.4キロ進み、南側を並走する線路がトンネルに隠れた先の路地を北に入り、250mほどで東に入る路地を500mほど進むと南側に神社、北側に道祖神、その奥に老人ホームが見えてくるのですが、よく見ると石垣を模したその老人ホームに「土氣城址(とけじょうし)」の文字が見えます。
DSCF7670.jpg

この老人ホームの敷地を含む近隣に「土気城」があったとされています。
老人ホーム南側には細い舗装道路が続いており、外房線の線路付近までの周囲に遺構のような雰囲気が見受けられます。
DSCF7671.jpg

土気城は奈良時代の武将・大野東人(おおののあずまびと)が蝦夷開拓の拠点として神亀年間(720年代後半)に築いた貴船城(きふねじょう/きんねんじょう)が起源とされています。
DSCF7678.jpg

老人ホーム入口の200mほど東側にある神社は「貴船神社(きんねんじんじゃ)」で、およそ1300年前の城の名を今に残しています。
DSCF7679.jpg

神社入口の階段手前には石碑が建っています。
DSCF7677.jpg

読みづらいのですが「貴船」の読みが「きんねんさま」となっており、長い年月を経て「貴船城(きんねんじょう)」と呼ばれるようになったことを示しています。
DSCF7676.jpg

神社と老人ホームの中ほどには道祖神があります。
写真では見えませんが、周辺をゆっくりとキジなどが歩いており、時代と時間を忘れてしまうほどのんびりとした空間です。
DSCF7674.jpg

戦国時代前の室町時代には千葉氏族の土気氏の勢力下となり、この際に土気城(とけじょう)と呼ばれるようになったようです。
戦国時代には里見氏に組し、北条勢力下に組み込まれ、豊臣秀吉(とよとみひでよし)による北条討伐により土気城も接収され廃城となったそうです。
DSCF7672.jpg

建築物は残っていませんが、周辺の雑木林が造成されていないこともあり、解説版のマップと合わせてみると、戦国前期の城郭の様相が思い浮かびそうです。
DSCF7673.jpg

城主に・領主ともにメジャーとは言えないため情報が多いとは言えませんが、時折出てくる有名な歴史人との関わりに少し興味が湧きます。
マニアックではありますが、地域の教育委員会や地域の方々のご協力で、その場で史跡の歴史を知ることができる歩きやすいスポットです。


□土気城址/貴船城址
 千葉県千葉市緑区土気町497−1(貴船大明神・道祖神)
 駐車場なし
 ※城址の一部は「ひまわりの郷」で立入禁止


より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/04/23 08:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5642-2f9c25a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)