銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで古城めぐり…神奈川清川村「毛利氏館跡」
神奈川県唯一の「村」である清川村に新しく出来た道の駅を訪ねた際、近くに平安時代にこの地を開拓した毛利氏の館跡があると聞き、散策してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

小田急小田原線の伊勢原(いせはら)駅北口から北へ200m進んだ突き当りの伊勢原駅入口交差点を東に入り200mで池端交差点から北の県道44号線に進み600mで国道246号線と交差する県道63号線を北に2.6キロほど直進しY字路から県道64号線を6.3キロほど進んだところにあるセブンイレブンの向かいにある「八幡神社」が目的地です。
神奈川中央交通の「別所温泉入口」バス停があるので、そこを目印にするのがいいかもしれません。
DSCF7709_20160505091235051.jpg

バス停横の坂道、または南側の路地から昇る階段を登って行ったところが「毛利氏館跡」と言われています。
DSCF7714_201605050912341a7.jpg

毛利氏と言えば、戦国の智将・毛利元就(もうりもとなり)の「三本の矢」の逸話や、関ケ原の戦いをひっくり返した不遇の武将・小早川秀秋(こばやかわひであき)、幕末には明治維新の起爆剤となる人材を輩出した長州藩主・毛利敬親(もうりたかちか)など、西日本を中心に活躍した武将のイメージが強かったのですが、そのルーツはこの相模国愛甲郡毛利庄(もりのしょう/現在の神奈川県厚木市周辺)であるとされています。
DSCF7710_20160505091234397.jpg

平安時代に土着した領主の毛利景行(もりかげゆき)が館の主と考えられています。
どうやら源義家(みなもとのよしいえ)を祖としており、毛利庄の領主となった際に毛利(もり)を名乗り始めたのが始まりだそうで、保元の乱(ほうげんのらん/1156年)で平清盛(たいらのきよもり)と対峙した源義朝(みなもとのよしとも)に従いました。
毛利氏はその後、源頼朝(みなもとのよりとも)旗揚げの際に平家に組した大庭景親(おおばかげちか)に従いますが、後に鎌倉幕府の御家人となります。
鎌倉時代初期の和田合戦(わだがっせん/1213年)では、和田義盛(わだよしもり)に従ったことから領地を没収され煤ヶ谷毛利氏の足取りはわからなくなってしまっています。
DSCF7713_20160505091233100.jpg

鎌倉時代以降の毛利氏の一族の働きはその地を西日本に移し、歴史の分岐点には必ずその家名を刻むこととなっていきます。
DSCF7711_20160505091232e85.jpg

神社の裏には毛利氏発祥の地として石碑にその偉業を残しているように見えます。
厩のような屋根下にひっそりとたたずむ石碑なので見逃してしまいがちですが、ぜひともチェックしてみてください。
DSCF7712_20160505091232d8d.jpg

失礼ながら、寂れた山村の神社が、日本を大きく変えていた一族の住んだ場所であると知り、非常に驚きました。
まだまだ、知らないことの多い自分自身に対し、日々向上心を持って出かけてみたいと考えつつ、新たな知識に心が躍りました。


□毛利氏館跡(もうりしやかたあと)
 TEL:なし
 神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷1555(八幡神社)
 開館時間 指定なし
 休館日なし
 駐車場なし?


より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/04/23 15:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5645-4a742b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)