銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・ファームス木島平(004/165・長野)
昨年オープンしたばかりの道の駅で夜を過ごしましたが、放牧された羊たちの優しい鳴き声で快適な朝を迎えることができました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問箇所目は、長野県にある道の駅「ファームス木島平(きじまだいら)」です。
北陸新幹線の開通に沸く飯山(いいやま)駅から千曲川を渡り国道403号線を東に進むと県道38号線との交差点の手前に見えてきます。
DSCF7793_20160510080313e41.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
屋内の展示販売ブースで「飯茶碗(税込1,500円)」を見つけました。
DSCF7795_20160510080312bcc.jpg

「飯山あうん窯」と言う地元の窯元のようで、素朴な色合いと雰囲気に味があります。
DSCF7798.jpg

製作者の表示もありました。
DSCF7797.jpg
どうやら国道を新潟方面に進むと創作拠点がありそうなので、もう少しズキマル君が焼き物に興味を持つ時期が来たら一緒に訪問してみたいものです。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
木島平村のホームページによると、往郷6003-1と言う場所に村の史跡に指定された「平沢城址」があると記載されています。
記事には下記のように記されています。
-----------------------------------
「平沢の戸立岩方面から登っていくと鞍部(尾根の低くなったところ)にでます。
尾根づたいに50メートルほど登ると老松のあるこの城跡に出ます。
これが第3郭で、広さは約65平方メートルです。
ここは城跡の最も高いところにあたり、馬曲の集落を眼下に眺めることができます。
尾根を30メートル下ると大空掘をめぐらした第2の郭にでます。
周囲に高さ1メートルほどの土塁をめぐらした、広さ約165平方メートルの平らな部分です。
ここからさらに20メートルほど下がると、深さ3メートル、幅5メートルほどの3条の大空掘で備えを固めた本郭にでます。
広さは約200平方メートルで、眺めがよく「義仲従士の碑」と刻んだ石碑が立っています。
本郭の南側には2段になった段郭があります。
南西の尾根を下ると、ところどころに石積みがあり、また小さな空掘も2条あります。
さらに30メートルほどくだると尾根の先端に出ます。
そこには4段の石積みが見られ、眺めの良い平らな地です。
沢にくだると牛池といわれる池があり、平沢城の水の手(飲料水)だったようです。」
-----------------------------------

なるほど、それでは向かってみましょう。
ところがいきなり、案内板などが全くないため迷ってしまいました。
しばらく集落を徘徊していえると、草刈りのための村の男性陣を発見しました。
聞いてみると、ハナモモの木の先に登城口があるとのことだったのですが、その道も見つからずに悩んでいると、見かねて入口まで道案内をしてくれました。
DSCF7814_20160510080612a23.jpg

「舗装はされていないけど上までクルマで登れるよ」と教えていただきましたが、昨年痛い思いをしたので、舗装の途切れる場所にクルマを停めさせてもらい、そこから歩いて城跡に向かうことに来ます。
10分ほど登っていくと、何やら石碑が置かれていますが、何が書いてあるのか読み取ることができませんでした。
DSCF7816_20160510080612b59.jpg

少し進むと、今度は倒木があります。
それほど太い木ではないので、頑張れば道を拓くことができそうですが、クルマで押し倒したら傷だらけになってしまいそうです。
DSCF7817_20160510080611078.jpg

さらに歩くこと30分、やはりカンが当たっていたようで、行き止まりとなっており、クルマでは引き返すこともできません。
DSCF7818_20160510080610248.jpg

行き当たりの先は、何やら石垣のようにも見えますが、どうやら城跡とは関係なさそうです。
しばらく周囲の藪の中を歩いてみましたが、結局登城道は見つけられません。
本丸跡付近には解説版が設置されているとのことでしたが、このルートからだと本丸までたどり着くことができませんでした。

戦国時代、千曲川を挟んだこの地帯は上杉・武田が争った5度にわたる「川中島の戦い」の舞台となります。
上杉謙信(うえすぎけんしん)の戦略拠点であった飯山城の千曲川対岸、となる木島平村・野沢温泉村付近は武田信玄(たけだしんげん)の進出地域でした。
平沢城の構造は、険しさに加え、虎口・横堀など技巧的な構造が見られ、対上杉の前線要害として機能した城だそうです。
築城時期も廃城時期も定かではなかったので、折を見て近隣の資料館でもう一度情報を収集してみたいと思います。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→川中島の戦い(1553年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

連休初日に訪問し、ぐるりと散策して夜を過ごし、翌朝は城めぐりをするためのアクセス拠点として利用させてもらいました。
屋内休憩施設も快適で、暖炉の炎に癒されつつ、ゆったりとした時間を過ごしてリフレッシュできました。
今後も銀色テントむしの活動拠点となりそうな道の駅です。


ファームス木島平(長野)
 住所:長野県木島平村大字上木島38-1
 TEL:0269-81-4401
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:水曜日
 標高:309m
 ウォシュレット:○
 Y!モバイル:○
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:なし
 近隣デカ盛り:イナリ食堂(約3.9km)・なかまち食堂
 近隣の史跡:平沢城址(本編)・飯山城日向城址山口城址など


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2015・ファームス木島平(041/161・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/04/29 14:00 天候:雨
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5653-cf2577bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)