銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・信越さかえ(005/165・長野)
以前の震災の時には断水など多くの障害に見舞われた道の駅も、増改築を経て快適度をさらに増しています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問箇所目は、長野県にある道の駅「信越(しんえつ)さかえ」です。
JR飯山線の森宮野原駅から近く、長野市から新潟県十日町市に抜ける117号線沿いにあり数百m東に進んだら新潟県と言う、まさに信越のさかいのような場所です。
駅に近いと言っても、長野方面・十日町方面ともに営業時間内には電車が3本しか停まりません。
クルマなら上信越自走車道の豊田飯山インターから国道117号線を十日町方面へ37キロほど進んだ場所にあります。
DSCF7799.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
居酒屋などの床の間にみられる「飾り用ミニ米俵(税込2,500円)」を売っているところを初めて見ました。
DSCF7801_201605110754262e1.jpg

どうやらわらを素材とした細工が得意なようで、さらに手の込んだ猫用の「栄村つぐら(税込20,000円)」と言うものもあります。
DSCF7800_20160511075426d96.jpg
雪深い土地柄もあって冬場に行える労働として囲炉裏端での手工芸が盛んになった背景があり、乳飲み子用の寝床として作られたお椀型のわら製ゆりかご「ぼぼつぐら」が明治時代頃から有名になったそうです。
現在は狭く囲まれた場所を好む猫のための「猫つぐら」が人気となり、全国発送も行っているそうです。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
国道117号線を東に進んで千曲川を渡って一度新潟県に入り、Uターンするように県道507号線を南へ進むと畑の中に見えてくるのが「市河氏・内池館跡(長野県下水内郡栄村堺7919付近)」です。
段差のある田園地帯ですが、貯水池の里山に大きく「内池」と看板が出ており、地元の方が植えられたのか花々が咲き乱れているので、遠くからでも見えます。
DSCF7804.jpg


市河氏の起源は武田氏・佐竹氏などとルーツを同じくする源義光(みなもとのよしみつ)で、初代は市河覚義を祖としています。
鎌倉時代中期に市河重房(いちかわしげふさ)は信濃国志久見郷(長野県下高井郡北部)の地頭職を得ました。
DSCF7803_20160511075424083.jpg

戦国時代には隣国の高梨氏と古くから対立し、武田方に帰属します。
天正10年(1582年)に武田氏が滅亡すると、武田遺領は分割され市河氏は飯山城に入りました。
同年6月本能寺の変で織田信長が横死すると市河氏は他の旧信濃国衆と共に上杉景勝(いえすぎかげかつ)に服しました。
慶長3年(1598年)に上杉景勝が転封になると市河氏もそれに従い米沢へ移ったそうです。
DSCF7805_201605110754249bd.jpg

また、ここは、明治以後の日本史会で存在を否定され続けた伝説の軍師・山本勘助(やまもとかんすけ)の実在を裏付けた書状が発見された場所として有名です。
軍師・勘助を世に知らしめたのは、江戸時代前期に記された「甲陽軍鑑(こうようぐんかん)」で歌舞伎や浄瑠璃により勘助の人気は高まりましたがその存在は長い間不確かでした。
「市河文書」は、実在が疑われていた勘助(菅助)の名前が字は異なるものの確認された初の史料です。
発見された文書は、この栄村に居を構えていた信濃の土豪・市河藤若(いちかわとうわか)に武田信玄(たけだしんげん)が宛てたもので、これにより日本の歴史事情も大きく変化しました。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→市河氏を名乗る
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→市河氏転封
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

山深い場所にありますが人気があり、駐車場はいつもたくさんの車やバイクでにぎわっています。
新潟や長野への足掛かりとして、休憩にちょうどいいスポットは食事にも買い物にも便利です。


□道の駅信越さかえ
 住所:長野県下水内郡栄村大字北信3746-1
 TEL:0269-87-3180
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:火曜、年末年始
 標高:268m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×
 無料WIFI:○
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:※たちばなは閉店しました。
 近隣の史跡:市河氏館跡(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・60箇所目「信越さかえ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・信越さかえ(092/147・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・信越さかえ(018/154・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・信越さかえ(042/161・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/04/29 16:00 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5654-f76b2cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)