銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・ながら(010/165・千葉)
昨年、どうしても見つけられなかった庁南城(ちょうなんじょう)跡を探しつつ、休憩スポットの道の駅にも立ち寄ります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問10箇所目は、千葉県にある道の駅「ながら」です。
県道14号線茂原街道の長柄(ながら)ダムの南側の森の中のような場所に小さな平屋の木造建築と大きな樽が見えてきます。
DSCF7914.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
昔ながらの八百屋のような荷台に置かれているのはちょっと高級な「ティッシュボックス(税別2,300円)」です。
DSCF7918_201605211549511ba.jpg

ヒノキ製の手作り木工品で香りもツヤも良く、スライドしてティッシュを入れた後はつなぎの木目が見えづらくなっているなど、趣向が凝らされています。
DSCF7916_20160521154950faf.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
昨年は南側ルートでたどり着けなかった「庁南城址(ちょうなんじょうし/千葉県長生郡長南町長南1471付近)」に今回は北側ルートで挑んでみます。
「デイサービスセンターびおとーぷ(千葉県長生郡長南町長南1471)」の西200mほどから南に入る路地があります。
路地に入って50mほどで田んぼの畔に小さな看板が立っています。
この看板に従ってデイサービスセンターの南側の路地を西に進むと、センターの裏手あたりで舗装が切れる場所までたどり着きます。
DSCF7904_2016052115494981e.jpg

舗装が切れたあたりで南と西にルートが分かれます。
道の端にクルマを停めて、西に進んでみると1枚の解説が道端に刺さっています。
DSCF7905_20160521154949e1e.jpg

城の歴史ですが、康正2年(1456年)に武田信長(たけだのぶなが)によって築かれたとされています。
上総国武田氏の武田信長は同年、下総国市河合戦のときに庁南城と真里谷(まりやつ)城を築き、庁南城には嫡男の武田信高(たけだのぶたか)が入り、その後、信長の孫にあたる武田道信(たけだのぶみち)が庁南武田氏の祖とりました。
庁南武田氏はその後代々続き、真里谷武田氏が衰退した後は上総国を代表する勢力となりました。
DSCF7906_20160521154948661.jpg

しかし天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)が小田原征伐で北条氏を滅亡させた際に庁南武田氏も滅亡したと言われています。
解説版をさらに西に進むと鳥居が見えてきました。
DSCF7908_2016052115565169d.jpg

鳥居の先には少し寂れた神社があります。
戦国に活躍した源氏一派の武田氏の想いとは違う未来かもしれませんが、ここで出会えたことに感謝しつつ手を合わせます。
DSCF7909_20160521155650ee0.jpg

境内には城跡の表記と思われる石碑がありますが、字は読めませんでした。
DSCF7910_201605211556507af.jpg

石碑の裏手を見るとけもの道のような通路が見えます。
DSCF7911_2016052115564981b.jpg
少し登ってみたのですが、藪がひどく進むのをあきらめました。
最後の当主・武田豊信(たけだとよのぶ)は甲斐の武田信玄(たけだしんげん)の三男との説もあり、高低差はないながら山城らしさがあり戦国ロマンを感じるスポットです。


~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

山のない千葉県ですが、この辺りは「山」と感じるのは生い茂る木々のおかげでしょうか?
なんとなくマイナスイオンがたくさん出ている気がしてリフレッシュできます。
道の駅と合わせて戦国ロマンに浸る千葉県の旅と言うのも…ちょっとおススメです。


□道の駅ながら
 住所:千葉県長生郡長柄町六地蔵138-1
 TEL:0475-35-4741
 開設時間 午前9時半~午後5時
 休館日:1月1日~1月3日
 標高:110m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):△
 無料WIFI:○
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:ロッキー石橋(約11.1km)・三軒屋(約12.1km)
 近隣の史跡:庁南城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・38箇所目「ながら」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ながら(053/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ながら(030/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・ながら(110/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/04 15:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5663-caa58ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)