銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・60箇所目「松代城」
道の駅巡りをしながら城跡を巡る旅をしていたら、訪問時期を検討中だった真田の城を見かけ、訪問してみることにしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

やってきたのは長野県にある100名城26番の「松代城(まつしろじょう)」です。
最寄駅は長野鉄道屋代線の松代(まつしろ)駅でしたが2012年の屋代線廃止により廃駅となってしまったため長野駅からバスなどを使うことになります。
クルマでの訪問なら上信越自動車道の長野インター出口から交差点を南に出て県道35号線を道なりに1.4キロほど進み、荒神町交差点から細い路地を西に進むと500mほどで南側に大きな無料駐車場、北側に広々とした公園が見えてきます。
DSCF8732.jpg

城址周辺が公園になっていますが、近隣の旧真田邸や資料館など近隣の城下町を含めて当時の趣を感じることが出来るのが魅力です。
DSCF8729_2016071508151472a.jpg

松代城は戦国時代には「海津城(かいづじょう)」と呼ばれ、武田信玄(たけだしんげん)が永禄3年(1560年)に軍師・山本勘助(やまもとかんすけ)に命じて築城し、武田二十四将・高坂昌信(こうさかまさのぶ/春日虎綱)を城主としました。
海津城は越後・上杉謙信(うえすぎけんしん)に備えて築かれた城で、川中島の合戦では、武田軍はこの海津城に集結しました。
DSCF8734_201607150815136e0.jpg

天正10年(1582年)、武田信玄の跡を継いだ武田勝頼(たけだかつより)が織田信長(おだのぶなが)に滅ぼされると、織田家武将・森長可(もりながよし)が城主となるも同年6月に本能寺の変で信長の死を知ると森長可は城を放棄し、海津城は越後・上杉景勝(うえすぎかげかつ)の支配するところとなり、天正12年(1584年)には須田満親(すだみつちか)が城将となりました。
DSCF8736_20160715081513f89.jpg

須田氏は直江兼続(なおえかねつぐ)と並ぶ上杉の重臣で、真田家との仲介役として活躍し、一時期人質として預かった真田信繁(さなだのぶしげ/幸村)にも大きな影響を与えました。
DSCF8738_201607150815121dd.jpg

天下統一をなした豊臣秀吉(とよとみひでよし)によって慶長3年(1598年)に上杉景勝が会津に移封されると豊臣方の田丸直昌(たまるなおまさが)が城主を務めました。
DSCF8740_20160715081511a46.jpg

慶長5年(1600年)には五大老筆頭・徳川家康(とくがわいえやす)方の森忠政(もりただまさ)が、慶長8年(1603年)には下総佐倉(千葉県)から徳川家康の六男・松平忠輝(まつだいらただてる)が城主となりました。
DSCF8742_20160715081733ce5.jpg

元和2年(1616年)大坂の陣での不手際から松平忠輝が改易となり、常陸下妻(茨城県)から家康の孫・松平忠昌(まつだいらただまさ)が、元和4年(1618年)には越後高田(新潟県)から酒井忠勝(さかいただかつ)が城主となりました。
DSCF8743_20160715081732359.jpg

元和8年(1622年)には真田信繁の兄で、関ケ原の合戦・大坂の陣で徳川方についた真田信之(さなだのぶゆき)が信州上田から10万石で入封となり、以後、松代城は明治維新を迎えるまで真田氏の居城として栄えました。
DSCF8745_20160715081731952.jpg

城の名を「松代城」と改めたのは、正徳元年(1711年)真田氏三代・幸道(ゆきみち)だったそうです。
DSCF8749_2016071508173113e.jpg

100名城スタンプラリー用のスタンプは、以前とは配置場所が変わったそうで、現在は「旧真田邸(長野県長野市松代町松代1)」にあります。
入場料は大人300円子ども100円ですが、毎週土曜日は子ども(小中学生)の入場料が無料となります。
DSCF8751_201607150817301ae.jpg

スタンプは入場料のかからない入口前の広場に用意されているので、スタンプメインの場合にはことらを優先することもできます。
DSCF8752_20160715081729020.jpg

余談ですが、幕末に吉田松陰(よしだしょういん)や勝海舟(かつかいしゅう)、坂本龍馬(さかもとりょうま)や山本覚馬(やまもとかくま)の師であった佐久間象山(さくましょうざん)は、8代藩主・真田幸貫(さなだゆきつら)が、その才能を見抜いて取り立てたのがきっかけとなり、明治維新の祖として名を残すことになりました。

天守閣は現存しませんが、櫓や橋など、美しく復元されており見応え十分です。
大河ドラマをなぞって、真田家ゆかりの城を訪ねてみるのも楽しいものです。


□松代城(まつしろじょう)第26番
 訪問先名称:海津城跡公園
 TEL:026−278−2801(真田宝物館)
 住所:長野県長野市松代町松代44
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:原則無休
 入場料:無料
 駐車場:無料
 通称:海津城、貝津城、長野城
 主な城主:武田氏、森氏、真田氏ほか
 スタンプ設置場所:旧真田邸前


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

見どころ
遺構:石垣、土塁、堀
再建造物:太鼓門、堀、石垣、土塁など

ワンポイント
「藩校文武学校(長野県長野市松代町松代205-1)」が現存するが、敷地内には往時の建物がほぼ完存しており、極めて稀な例であり見どころです。
「城外御殿新御殿(真田邸/長野県長野市松代町松代1)」は、文久2年(1862年)に参勤交代制度の緩和にともなって、妻子の帰国が許されたことから、松代場外に住まいとした屋敷で明治期以降は真田家の私邸として利用されました。
どちらも有料ですが見学することが出来ます。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/25 14:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:城めぐり - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5721-304dc083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)