銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・さかきた(049/165・長野)
夕暮れが迫ってからっ山城に登ってしまい、不安を感じながらなんとか登城を終え、薄暗い山道を帰ってきましたが、山歩きは明るい時間にしておきましょう(笑)
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問49箇所目は、長野県にある道の駅「さかきた」です。
長野自動車道の麻績(おみ)インターから国道403号線を西へ道なりに5.5キロほど進んだ田園地帯のJR篠ノ井線沿いにあります。
DSCF8836_2016072008124240b.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
山の散歩にもってこいの「杖(税込500円)」が良い感じです。
DSCF8837.jpg

ワンポイントの「青柳宿」の焼き印の入ったプレートがなんとなく目を惹きました。
DSCF8838_20160720081240489.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
道の駅の東、廃寺のように見える「清長寺(長野県東筑摩郡筑北村坂北青柳二)」の奥には「青柳城址(あおやぎじょうし)」に至る登城道が続いています。
DSCF8840_201607200816059fb.jpg

昨年は登城口入口の橋の先の竹の倒木に圧倒されて引き返してしまいましたが、今回は気合を入れて倒木を乗り越えて進んでみました。
DSCF8843_201607200816046a4.jpg

獣道のような登城道を10分ほど進んでいくと、舗装された車道に出ました。
どうやら清長寺の北側の車道を進むとここと合流するようなのですが、当時を思わせる登城道を歩くのであれば山道の方が風情があります。
ここからは、歩きでしか進めない山道が20分ほど続きます。
DSCF8846.jpg

青柳城は建暦年間(1211年~1213年)頃に青柳(あおやぎ)氏によって築かれました。
麻績(おみ)氏の祖である青柳氏は、伊勢神宮の麻績御厨預(おみみくりあずかり/麻績エリアの伊勢神宮分社の屋舎管理)としてこの地に配された一族であると言われています。
DSCF8849.jpg

戦国時代の青柳氏は信濃守護・小笠原(おがさわら)氏に従いましたが、天文22年(1553年)に甲州・武田信玄(たけだしんげん)が川中島方面に侵攻、その際に青柳氏は武田氏に降ります。
青柳氏は武田氏に属した後、麻績城主となって麻績(おみ)氏を称しました。
DSCF8863.jpg

天正10年(1582年)に武田氏が滅亡し、さらに織田信長(おだのぶなが)が本能寺の変で倒れると、青柳氏は一時越後・上杉景勝(うえすぎかげかつ)に従いました。
しかし、徳川家康(とくがわいえやす)の援助を受けた小笠原貞慶(おがわさらさだよし)が松本に復帰すると、青柳氏・青柳頼長(あおやぎよりなが)は再び小笠原氏に従いました。
天正11年(1583年)に上杉景勝が侵攻すると、青柳頼長は小笠原貞慶とともに上杉軍と戦いましたが大敗し青柳城は落城しました。
しかし、景勝は急遽陣払いをして越後へ戻ったため、再び青柳氏が再び青柳城主となりました。
天正15年(1587年)青柳頼長は小笠原貞慶によって松本城で謀殺され、青柳氏は滅亡しました。
青柳城は小笠原氏家臣の松林(まつばやし)氏が在番しましたが、徳川家康による慶長20年(1615年)の一国一城令(いっこくいちじょうれい)の発令により廃城になったのではないかと考えられます。
DSCF8860_20160720081602670.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

周辺は鉄道の線路と高速道路に挟まれた場所にありますが、人通りもクルマの通りも少なくゆっくりとできます。
店の営業時間は伸びてほかのところと遜色なくなりましたが、なんとなく癒される農村風景は、「さかきた」ならではです。
都会の雑踏に飽きて来たら、ちょっとこの辺でのんびりしてみるのも良いかもしれません。

□道の駅さかきた
 住所:長野県東筑摩郡筑北村坂北4340
 TEL:0263-66-3080
 開設時間 午前10時~午後4時
 休館日:年末年始、木曜
 標高:607m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:なし
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしております。
 近隣の史跡:青柳城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・20箇所目「さかきた」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・さかきた(135/147・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・さかきた(070/154・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・さかきた(046/161・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/06/25 16:30 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5724-5ce49cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)