銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・南きよさと(063/165・山梨)
夏場の避暑地として人気の南清里で、エアコンいらずの快適な時間を過ごします。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問63箇所目は、山梨県にある道の駅「南きよさと」です。
中央自動車道の長坂インターから32号線を東に進み、清里ラインを北に進むと山頂に向かうリフトカーの見える場所にたどり着きます。
駐車場は道路より下がった場所にあり、建物はさらにちょっと下にあります。
DSCF9192.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ちょっとノスタルジックで漫画チックな「ペン立て(税込1,000円)」にズキマル君が飛びつきました。
DSCF9194_20160812234136058.jpg

最近、ズキマル君と山を歩くようになって判ったのですが、里山保護のために伐採した間伐材の利用方法が少ないようで、現地に放置されているのも見受けられます。
こうした間伐材を上手に使った作品は、森林の保護にも役立っていると言えるでしょう。
DSCF9193.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
JR中央本線の穴山(あなやま)駅の東側の急勾配の坂道の先、舗装も途切れた獣道のような道の先にある長靖寺(山梨県韮崎市穴山町3793)が「能見(のうけん)城址」だそうです。
DSCF9199_20160812234135fc7.jpg

一応、クルマでの登城も可能とのことなのですが、所々ぬかるんでおり、はまってしまったら出られなくなりそうなので坂道の入口にクルマを置かせてもらい、10分ほど歩いて登ります。
DSCF9200_201608122341344ce.jpg

たどり着いた長靖寺はプレハブの別荘のような建物で、人の気配がなく参拝するスペースも見当たりませんが玄関に「長靖寺」の表札がかかっていました。
しかし、長い間無人のようで周辺は荒れ放題です。
DSCF9206_20160812234134aba.jpg

能見城がある韮崎市穴山町は平安時代には穴山郷が所在し、南北朝時代には甲斐守護・武田氏の一族である穴山義武(あなやまよしたけ)が同地を本貫地として穴山姓を称し、後に本拠を河内地方へ移しますが、穴山氏は甲斐における有力国衆となりました。
DSCF9202_201608122343109e8.jpg

能見城は新府城の支城として天正9年(1581年)に武田氏により築かれたとされますが、詳細は不明です。
独立した城というよりも、能見城を含めた防衛ラインの中の主要な防塁と言った方が相応しいようです。
新府城の外郭防衛ラインとなる能見城防塁は、七里岩台地を複雑に屈曲しながら横断していて最大限横矢を掛けられるよう配慮された構造であり、多数の防塁を有していたそうですが、周囲を見渡してもよくわかりませんでした。
天正10年(1582年)3月、武田勝頼(たけだかつより)が新府城を放棄し岩殿城を目指すことになった際に、能見城も廃城となったようです。
DSCF9201_201608122343092f8.jpg

一説には天正10年(1582年)3月の武田氏滅亡、同年6月2日の本能寺の変を経て、空白地帯となった甲斐・信濃の武田遺領を巡り発生した徳川氏と北条氏による「天正壬午の乱」に際して、徳川氏によって築城された城郭である可能性も考えられています。
DSCF9203_20160812234309370.jpg

この説に照らし合わせると、本能寺の変の際に大阪を出た徳川家康(とくがわいえやす)は、6月中に甲斐へ先鋒衆を派遣し、家康自身は7月3日に浜松を立ち、7月9日には甲府へ至ります。
甲斐では相模国の北条氏直(ほうじょううじなお)と抗戦しますが、先鋒の徳川氏家臣・酒井忠次(さかいただつぐ)の部隊は8月6日に新府へ後退し、後北条方と一里の距離を置き対峙しています。
7日には後北条勢が新府に迫り、忠次の部隊も「新府山」へ前進したため双方の距離は半里なりました。
8日には家康が府中より新府へ移動し、10日には「新府城」へ本陣を移動しているのですが、史料では「新府城」と「新府山」を区別して記されているため、この「新府山」が能見城の所在する穴山の小山を指しているとされ、武田氏滅亡後も活躍したことで廃城時期が異なってきます。
ともあれ、本能寺の変前後の歴史の大舞台で名を遺す小さな城跡に、ひと時、戦史を思い、平和への願いを込めて合掌しました。
DSCF9208_20160812234308ff8.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
→廃城時期?
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

駐車場と同じ高さのエリアに目を奪われがちですが、モノレールで登った山の上の広大な公園に驚かされることになります。
お出かけの際には1日遊ぶ気構えで十分に時間の余裕をもって訪問することをオススメします。
ちなみに、モノレールを使わずとも徒歩10分ほどで山頂に上がれるので、余裕があれば虫取り網をもって虫取りをしながら歩くのも楽しいですよ。


□道の駅南きよさと
 住所:山梨県北杜市高根町長沢760
 TEL:0551-20-7224
 開設時間 午前10時~午後4時(冬)
 休館日:12月31日~1月1日
 標高:842m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:未確認
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:成駒屋(約10km)
 近隣の史跡:能見城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・51箇所目「南きよさと」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・南きよさと(013/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・南きよさと(139/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・南きよさと(134/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/17 14:00 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5748-92b08731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)