銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・草津運動茶屋公園(089/165・群馬)
関東の道の駅としては標高2000mの「美ヶ原高原美術館」に次いで高い位置にある1260mのこの道の駅は、真夏でも涼しいため深夜でもトイレのある第一駐車場が満車なので訪問時には注意が必要です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問89箇所目は、群馬県にある道の駅「草津運動茶屋公園(くさつうんどうちゃやこうえん)」です。
JR吾妻(あがつま)線の群馬大津駅の西側を走る292号線日本ロマンチック街道沿いを北に向かって走っていると、メロディラインと呼ばれる道路から「草津節」のメロディが流れ、そこから500mほどの所に洋館風の建物が見えてきます。
DSCF9747_20160924162331c4e.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
草津と言えば、道の駅から徒歩でも10分程度の草津温泉が有名で、高温で噴出量が多い温泉を適温にするために伝わる技術「湯もみ」を生地にあしらった「湯もみタオル」は、一本肩に引っ掛けて温泉街を歩きたい一品です。
DSCF9748.jpg

価格は税込420円と、お土産価格設定ですが、デザインとその場の雰囲気を考えるとリーズナブルに手に入ると言えます。
DSCF9749_20160924162329208.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
真田氏と同じ六文銭の家紋を有した鎌原(かんばら)氏が治めた「鎌原(かんばら)城址(参考ポイント:群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原494/嬬恋郷土資料館から西へ)」を目指してみます。
目印になるのは「嬬恋郷土資料館」で、そこから距離にして1キロのほどのところが城址になります。
DSCF9675.jpg

JR吾妻線の万座・鹿沢口駅から南に分岐する日本ロマンチック街道鬼押ハイウェー無料エリアを南に進むと嬬恋郷土資料館の100mほど南から西に入る路地を進み200mほど北へ入り道なりに進むと舗装が切れて砂利道になります。
DSCF9676.jpg

その道を800mほど進むと砂利敷きの駐車場が見えてきます。
DSCF9680.jpg

駐車場の手前には「霊城」と書かれた鎌原氏の墓所があります。
DSCF9695_20160924162722641.jpg

たまたま訪問した日に鎌原氏の子孫の方々が墓参りをされていました。
皆さんに会釈をしてズキマル君と墓所にアタマを下げ、300mほど北にある城跡を目指します。
DSCF9694_20160924162722b6e.jpg

鎌原氏は平安時代前期に海野氏の子孫が土着し分流した一族で室町時代には三原庄の地頭となって、吾妻郡西部における第一の豪族に成長しました。
鎌原城の築城は応永4年(1397年)とされ、戦国時代になる鎌原氏はと関東管領・山内上杉顕定(やまのうち・うえすぎあきさだ)の支配下に属しました。
天文20年(1551年)、後北条(ごほうじょう)氏の圧迫によって山内上杉氏が越後へ引くと、岩櫃城主・斎藤(さいとう)氏は鎌原氏と争い、一時は斎藤氏に従いましたが、甲斐の武田信玄(たけだしんげん)が上野国(こうづけのくに/群馬県)に進出すると、斎藤氏の圧迫から逃れようと武田氏に歩み寄ります。
永禄3年(1560年)、鎌原幸重(かんばらゆきしげ)・重澄(しげずみ)父子は、真田幸隆(さなだゆきたか)を介して信玄に謁見し麾下(きか/家来)となりました。
DSCF9683.jpg

鎌原氏は武田氏を後楯として岩櫃城主・斎藤憲広(さいとうのりひろ)と抗争しましたが、劣勢に追い込まれ永禄5年(1562年)には一門ことごとく信州佐久郡へ退去しましたが、ほどなく本領と鎌原城を回復しています。
その後、真田氏に属した鎌原幸重は岩櫃の斎藤憲広に対抗し永禄6年(1563年)の戦いでは難攻不落の岩櫃城に両軍和睦となりましたが、真田幸隆の調略で岩櫃城を攻略しました。
吾妻郡が真田幸隆の守護として治めるところとなると鎌原氏は岩櫃城代に任ぜられ、真田幸隆の与力として武田信玄の上野侵攻戦に活躍しました。
DSCF9686_201609241627202cb.jpg

信玄没後の天正10年(1582年)に武田勝頼(たけだかつより)・織田信長(おだのぶなが)が相次いで横死すると鎌原氏は、真田昌幸(さなだまさゆき)に属しました。
天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原北条氏征伐の際には、真田昌幸とともに鎌原重春(かんばらしげはる)も参陣し、松井田城攻めに活躍しました。
北条氏が没落したのちの関東には徳川家康(とくがわいえやす)が入部し、沼田に真田信幸(さなだのぶゆき)が封ぜられると鎌原氏は信玄以来の格別の家柄として、沼田真田氏家中でも破格の待遇を受けました。
鎌原氏は沼田に出仕した際、鎌原城は廃城になったものと考えられています。
以後、鎌原氏は沼田真田氏で筆頭家老を務めましたが、天和元年(1681年)に沼田真田氏が断絶したことで、鎌原氏は松代真田氏に出仕することとなり、子孫は松代藩士として続きました。
DSCF9688.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

日本屈指の温泉地・草津への徒歩圏として人気の道の駅で、自然公園や物産施設を有しており、誰もが長居してしまいます。
道路を挟んで2カ所に分かれた施設ですが、歩道橋でつながっているのでどちらにクルマを停めても安全に往来できるのも魅力です。
今後もたくさんのお客さんに囲まれて人気を保ち続けることと思われる、大好きな道の駅の一つです。


□道の駅草津運動茶屋公園
 住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津2-1
 TEL:0279-88-0881
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:なし
 標高:1260m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:近
 近隣のデカ盛り:三国家(約1.3km)・かない亭(約8.5km)
 近隣の史跡:


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・143箇所目「草津運動茶屋公園」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・草津運動茶屋公園(115/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・草津運動茶屋公園(009/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・草津運動茶屋公園(119/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/08/14 09:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5790-400eadd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)