銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・ひたちおおた(144/165・茨城)
2016年のスタンプラリーでは短期集中コース対象外ですが、せっかく期間中にオープンしたので前泊で朝を迎えてチェックしておきます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問144箇所目は、茨城県に新設された道の駅「ひたちおおた」です。
JR水郡線の河合(かわい)駅を東に出て一つ目の国道349号線の信号を直進して東に突き進み駅からおよそ700mほどでもう一本の国道349号線を北に300m進むと西側に見えてくる大きな駐車場と近代美術館のようなガラスと柱のコントラストが美しい建物が目印です。
DSCF0758_20161218193025504.jpg
今回からスタンプラリーに参加となる新しい道の駅で、「短期集中コース」では対象外となっていますが、オープンがスタンプラリー期間に間に合ったので、訪問してみました。

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
太田団扇と言う「幸村うちわ・小(税込2,000円)」に目を惹かれます。
DSCF0785_2016121819302581f.jpg

うちわの裏書に領主・佐竹氏の時代から脈々と引き継がれた伝統の香りを感じます。
DSCF0787.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
JR常磐線の勝田(かつた)駅の西口からロータリーを出て、交差点から南へ1キロ進み武田新地交差点から東の路地に入り30mほどで南の路地に入り突き当りを100mほど東へ進んだら十字路を南に入って250m、T字路の先東側に入ると南手に見えてくるのが「武田氏館(たけだうじやかた)」です。
駅からは1.6キロほどの距離なのですが入り組んだ場所にあるため、スマホやカーナビなどで事前にチェックしておかないと迷ってしまうかもしれませんが、坂道ながら駐車スペースもあるのでクルマでの安心です。
DSCF0800.jpg

復元された建物は立派なものですが無料で開放されています。
門をくぐると右手に受付があり、記名をしたら見学スタートです。
DSCF0802_20161218193232487.jpg

館内に入ると、知らなかった武田氏の先祖の歴史が深く記載されています。
ひたちなか武田氏は、戦国の名将・武田信玄(たけだしんげん)で知られる甲斐武田氏の発祥の地と記されています。
DSCF0804_20161218193231a57.jpg

平安時代末期(12世紀初め頃)に源義家(みなもとのよしいえ)の弟・義光(よしみつ)が常陸国(ひたちのくに)への進出を図り、長男・義業(よしなり)を久慈郡佐竹郷(常陸太田市)に、三男・義清(よしきよ)をこの那賀郡武田郷に土着させました。
義清は武田郷の地名をとって武田を名乗り、これが武田氏の始祖となりました。
DSCF0807.jpg

義清とその子・清光(きよみつ)は武田郷周辺の古くからの豪族との間で勢力争いをしていましたが、その行き過ぎた行為を朝廷に訴えられ父子で甲斐国に配流となってしまいました。
その後、甲斐の国に土着した義清父子は、新天地に甲斐源氏発展の楚を築き、その十七代後に信玄が輩出されました。
DSCF0808.jpg


今年からのニューフェイスなので、昨年までにほかの道で確認してきたチェック項目も見ておきます。

2015年版:
チェック項目「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
そば処・茨城において地元産にこだわる「石臼びき常陸秋そば(税込432円)」はチェックしておきたくなります。
DSCF0788_20161218222315a4c.jpg

製造は「伊勢又米穀製粉(常陸太田市中城町199-3)」です。
DSCF0791_2016121822231415a.jpg
昭和5年(1930年)創業の伊勢又米穀製粉は、玄そばを農家(生産者)より直接購入、品質チェックを行い低温倉庫に保管して水分・異型粒等をチェックし、品質意識の高揚に取り組んでいるそうです。
「常陸秋そば」の製粉は、石臼により丁寧に挽いていいて、挽き留めの無いよう注文生産となっているのが特徴です。


2015年版:
チェック項目の「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」は、どうでしょう。
軽食コーナーの軒先に見つけたのは「濃厚牛乳」「奥久慈りんご」「ミックス」(各税込350円)です。
DSCF0798.jpg

注文したのはミックスで「大盛り」にしてもらった結果は、ワッフルコーンの中までぎゅっと詰まった4マキマキ、酸味とさっぱり感がたまらない奥久慈りんごシャーベットと濃厚な牛乳がずっしり来るミルクとベストマッチで、食べ終わっても後を引きます。
DSCF0799_201612182223125e1.jpg


2014年版:
チェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
訪問した時には、コンシェルジュの女性が常駐していましたが、席を空けた隙をぬってブースの写真を撮ってみました。
DSCF0793.jpg
観光の詳細は、このブースで聞くか、外の観光案内版を読んでみることになります。


2013年版:
再チェックしていた「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」はどうでしょう?
新設されたモダンなトイレには、ウォシュレットも完備されています。
DSCF0759.jpg

2012年版:1つ目は「屋内休憩スポットはどう?」はどうでしょう。
屋外の屋根付きテラスには、無料WIFIもつながるテーブル席が用意されていました。
DSCF0760.jpg

2012年版:2つ目の「情報施設・資料館は楽しいの?」も確認してみます。
資料館とは言えませんが、トマト狩り体験ができるビニールハウスがあります。
DSCF0762_20161218223006862.jpg

予約制のようですが、種類やサイズに応じて収穫可能数が違うので、手触りや重さ、触感など数人で種別を分けて楽しんだ後に、収穫したトマトをシェアしてみるのも面白いかもしれません。
DSCF0763.jpg

2011・2012年版:1つ目の「併設または隣接する公園」を見渡してみましょう。
小さなキッズゾーンですが、複合遊具が一つあるので、小さいお子さんでも楽しむことができそうです。
DSCF0761.jpg

2011・2012年版:2つ目は「道の駅限定!?美味しい試食♪」もチェックしてみます。
茨城銘菓・亀じるしのどら焼きの試食ができたのはラッキーでした。
DSCF0783.jpg

2010年版:1つ目の「イーモバイルアンテナ使える?」もチェックしておきました。
旧イーモバイル(現Y!モバイル)を解約してしまいました。代わりにドコモの格安SIMに替えたのですが、そこでの3Gでアンテナが3本立っていました。

2010年版:2つ目の「びん牛乳milkの銘柄と価格は?」も、もちろんチェックしておきます。
いばらく乳業株式会社の「いばらき厳選牛乳(税込150円)」を見つけ、小躍りして買い求めます(笑)
DSCF0794_20161218223002755.jpg

2010年版:3つ目の「標高は山?」なんちゃって☆めもさんのホームページから確認させてもらっていますが、こちらの標高は8mですから、冷房を止めたクルマでの真夏の車中泊はキビしそうです。

今回から新規参入の道の駅ですが、これまでに収集されたであろうみんなが大好きなポイントをしっかり押さえています。
建物も素晴らしいのですが、スタッフさんの対応もなかなか良いので今後の展開も楽しみです。


□道の駅ひたちおおた
 住所:茨城県常陸太田市下河合町1016-1
 TEL:0294-85-6888
 開設時間 午前9時~午後6時(夏季延長)
 休館日:なし
 標高:8m
 ウォシュレット:〇
 イーモバイル:未確認
 格安SIM:3G◎
 無料WIFI:◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:なし
 近隣のデカ盛り:
 近隣の史跡:武田氏館(本編)
 

より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※今回新規参加のため、過去情報はありません。

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/29 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5876-02bd0901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)